あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

強がりな人必見!特徴や性格をもとに向いてる仕事を解説!

人に頼ることや弱みを見せることが嫌いで、ついつい強がってしまう人は少なくありません。実は、強がりな人には仕事を行う上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、強がりな人の特徴や性格をもとに、向いている仕事について紹介します。仕事や会社選びで重視するべきポイントも紹介するので、強がりな人の特徴に当てはまっている人は、ぜひ参考にしてください!

 

 

1.強がりな人の特徴とは|性格や心理も

強がりな人とは、弱い部分を見せられない人のことを言います。強がりな人は仕事も家事も完ぺきにこなそうとする人が多く、周囲から頼られる場面も多いでしょう。

以下では、強がりな人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.強がりな人の特徴1:負けず嫌い

強がりな人は、誰かに負けることをプライドが許しません。どのようなことでも勝ち負け思考で物事を考えており、勝つために無理をしてしまうケースも少なくありません。

また、人に頼るということは負けを認めたと同じことだとも考えており、絶対に人に頼ろうとしません。

1-2.強がりな人の特徴2:自分にも他人にも厳しい

強がりな人は完ぺき主義で、自分にも他人にも厳しい一面があります。こだわりも強く、自分の要望を叶えるために一生懸命努力できます。しかし、他人にも同じように強制するため、他人のミスや欠点が目に付くとストレスが溜まってしまう場合も珍しくありません。

1-3.強がりな人の特徴3:単独行動を好む

自分の欠点や弱点をほかの人に見せまいとして、常に単独で行動をするのも、強がりな人の特徴です。さらに、頼るのも苦手なので、自分のペースで物事を完成させるほうがよいとも考えています。

1-4.強がりな人の特徴4:責任感が強い

強がりな人は、責任感が人一倍強いです。ほかの人に甘えることなく、1人で責任を持って物事を終わらせるため、周囲から尊敬の目で見られていることも多いでしょう。

しかし、責任感が強すぎて、頼るべき場面でも頼れない点も特徴的です。

2.強がりな人に向いてる仕事

強がりな人の性格の中には、仕事を行う上で強みとなるものがあります。適した仕事を選んでストレスのない生活をしましょう。

以下では、強がりな人におすすめの仕事を解説します。

2-1.強がりな人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。強がりな人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

負けず嫌いだから

営業は、同業他社だけではなく、同社の営業職もライバルです。売上や成績の順位表が会社に貼り出されることも多く、競争社会と言っても過言ではありません。

また、売上や成績に応じて基本給与とは別に歩合やインセンティブがもらえることも多く、モチベーションを上げながら働けます。

強がりな人は負けず嫌いで、ほかの人や過去の自分に勝とうと努力できるため、トップセールスマンとして活躍できる可能性を秘めています。

単独行動を好むから

営業は、自分のペース配分で仕事ができます。また、予定や営業方法も自らが決めることができる場合もあります。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

単独行動が好きなことも多い強がりな人は、1人で仕事ができる営業職を選ぶとストレスが少ないでしょう。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.強がりな人の適職2:公認会計士

公認会計士とは、大企業の監査を行い、会計や財務情報が適正かをチェックする職業であり、医師、弁護士と並ぶ三大国家資格の1つです。強がりな人が公認会計士に向いている理由は、以下の通りです。

負けず嫌いだから

公認会計士になるためには、難関試験に合格しなければなりません。周りの公認会計士受験生は相対評価であり、点数が低くても順位が上位であれば合格できます。

また、公認会計士になっても、毎年変わる会計基準などを覚えなければならず、常に忍耐強く頑張れる人が向いているでしょう。

強がりな人は負けず嫌いで、ほかの人に勝とうと努力できます。そのため、公認会計士試験を受験する際も、公認会計士になってからも、人一倍努力ができて尊敬される人物に慣れるかもしれません。

自分にも他人にも厳しいから

企業の会計や財務情報が違っていれば、投資家をはじめとする利害関係者の判断を誤らせるおそれがあります。そのため、ミスを防ぐために公認会計士が細かくチェックします。

強がりな人のように自分にも他人にも厳しい人は、些細な事象にも目が行き届き、高いクオリティを実現させられるため、ミスを見つける仕事の公認会計士が向いているでしょう。

2-3.強がりな人の適職3:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。強がりな人がWebデザイナーに向いている理由は、以下の通りです。

負けず嫌いだから

インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。

その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと複数の働き方ができるので、ライバルも当然多くいます。

強がりな人は負けず嫌いで、ほかの人に勝つことに尽力します。そのため、ライバルを蹴落とせるような圧倒的な技術を身につけ、高収入を得られるWebデザイナーになれるでしょう。

単独行動を好むから

Webデザイナーは、チームを組んで仕事を行う場合でも、作業中はPCに向かって1人でコツコツと仕事ができます。また、完全に1人で作業をする場合も多い状況です。

強がりな人は1人が好きで、仕事をする際も単独行動がよいと考えているケースも珍しくありません。Webデザイナーは単独作業が多く、強がりな人もストレスなく働けられる仕事です。

【Webデザイナーの仕事多数】本業にも、副業にも、おこづかい稼ぎにもおすすめなクラウドソーシングは↓↓

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

クラウディア(ワーカー募集)

2-4.強がりな人の適職4:弁護士

弁護士とは、高度な法律の知識を武器に、事件の対処方法や解決策をアドバイスする職業です。医師と公認会計士に並ぶ、三大国家資格の一つでもあります。強がりな人が弁護士に向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好むから

弁護士は、独立すれば1人だけでも仕事が行える職業です。仕事量も仕事を行う時間も自分だけで決められるため、1人で行動するのが好きな人にとってはストレスが少ない職業でしょう。

強がりな人は単独行動を好むため、独利すれば自分のペースで仕事が行える弁護士がおすすめです。

責任感が強いから

弁護士のミスにより、依頼者の運命が大きく変わってしまうこともあります。また、弁護士の適正な判断が、よりよい社会を作ることにもつながるでしょう。

強がりな人は責任感が強く、最後まであきらめずに依頼をこなせるため、信頼を得られる弁護士に慣れるかもしれません。

2-5.強がりな人の適職5:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。強がりな人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

負けず嫌いだから

コンサルタントは、年収や評価を実力主義・成果主義によって決められます。能力やスキル、会社にもたらした利益などによって年収や評価が決まり、モチベーションを上げながら働くことが可能です。

強がりな人は負けず嫌いなので、実力主義や成果主義の職業を選ぶと、トップになれるように尽力できます。そのため、スキルや能力をしっかりと身につけ、どの分野でも活躍できるコンサルタントになれるでしょう。

自分にも他人にも厳しいから

コンサルタントは成果を出してこそ価値がある職業です。そのため、成果にこだわり、粘り強く頑張れる人が向いています。また、プロジェクトの些細な部分まで手を抜かずに仕事を行える人は、コンサルタントとして広く活躍できるでしょう。

強がりな人は自分にも他人にも厳しく、どのようなジャンルでも根気強く取り組めます。成果のクオリティも高く、周囲から信頼されるコンサルタントになれます。

MIIDAS

2-6.強がりな人の適職6:占い師

占い師とは、相談や悩みを持つ人に対して、生年月日占いやタロットカード、手相などのさまざまな種類の占いを使ってアドバイスを行う職業です。強がりな人が占い師に向いている理由は、以下の通りです。

責任感が強いから

占い師のたった一言で、お客さんのその後の行動を大きく変えることもあります。また、お客さんはお金を出して占い師に会いに来てくれるので、強い責任感のもとで的確なアドバイスができる人が向いているでしょう。

強がりな人は責任感が強く、お客さんに厚い信頼を寄せられる占い師になれるかもしれません。

単独行動を好むから

占い師は、占いショップや占い館に勤務することもありますが、開業して独立したり、電話やチャットなどで回答したりする場合も珍しくありません。働き方によっては完全に単独で仕事ができるため、1人が好きな人にとっては嬉しい職業でしょう。

強がりな人は単独行動が好きなので、1人で仕事ができる占い師が向いています。

3.強がりな人が仕事・会社選びで重視するべきこと

強がりな人は本音や本心が言えずに、ストレスが溜まってしまいます。また、自分だけではなくほかの人のミスや欠点も許せず、精神的な負担が多くかかっているでしょう。

そのため、仕事・会社選びでは、ストレスが溜まりにくい職業を選ぶことが大切です。また、ほかの人は強がりな人のことをそれほど注目して見ておらず、頼られても何とも思わないということも知るべきです。頼らなければならない場面で頼れないと重大なミスをしてしまうこともあるため、些細なお願い事から始めて、強がりな性格を徐々に直していきましょう。

また、ワークライフバランスが取れる仕事・会社を選ぶことも、ストレスのない生活を送る上では大切なことです。ワークライフバランスを実現させるためには、下記の条件をチェックすることが大切です。

ワークライフバランス実現のための必須条件 

・残業が少ない

・年間休日が120日前後である

・有給休暇が取得しやすい

 

また、必須ではありませんが、下記の条件を満たす会社を選ぶと、ワークライフバランスを取れる可能性をさらに高められます。

ワークライフバランス実現のための任意条件 

・短時間勤務制度

・フレックスタイム制度

・充実した福利厚生

パソナキャリア

4.まとめ

強がりな人には「営業」「公認会計士」「Webデザイナー」「弁護士」「コンサルタント」「占い師」といった職業がおすすめです。ストレスのない環境で働くためにも、精神的な負担がかかりにくい仕事・会社や、ワークライフバランスが取れる仕事・会社を選びましょう。

「こんな仕事をやってみたい」「自分の性格に合う職業を見つけたい」「仕事もプライベートも充実させたい」「たくさん稼ぎたい」「人の役に立ちたい」など、実現したい将来はありますか?転職を成功させて夢を叶えるためにも、ぜひ転職エージェントや転職サービスに登録して求人をチェックしてください。

転職エージェントや転職サービスは複数登録すると下記のメリットがあります。

複数の転職サービスを利用するメリット  ・多くの求人情報をチェックして選択肢を広げられる
・自分に適した転職サービスを選べる
・1つの転職サービスだけでは受けきれないサービスをカバーできる
・違う視点からのアドバイスを受けられる

 

数ある転職エージェント・転職サイトの中から厳選した3つの転職サービスは下記の通りです。人気の求人は早い者勝ちなので、ぜひ3つとも登録してみてください。

【1位】マイナビエージェント

マイナビエージェントには下記の特徴があります。

マイナビエージェントの特徴・求人数が多い
・専門性が高い
・多くの業界と深いつながりがある
・40代以降の求人もある
・転職ノウハウを紹介してもらえる
・企業との給与交渉を行ってもらえる
 
マイナビエージェントは転職エージェントです。幅広い職種に対応しているだけではなく、20代・30代の求人はもちろんのこと40代以降の求人もあり幅広い年代に対応しているので、どのような人でも利用しやすいという特徴があります。
完全無料で利用できるにもかかわらずサポートも手厚いので、強くおすすめできる転職エージェントです。
 


【2位】パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアには下記の特徴があります。

パソナキャリアの特徴・求人やアドバイザーの質が高い
・求人の半数が年収800万円以上のハイクラス求人
・年収交渉に強い
・女性への転職サポートも充実している
・地方の企業の情報も入手しやすい
パソナキャリアは転職エージェントです。パソナキャリアで転職した後の年収アップ率は約67.1%です。応募前には企業の職場の人間関係や雰囲気を教えてもらえたり、面接や書類作成の手厚い指導を受けられたりするので、転職する上での不安も払拭できます。
女性の転職に関する知識が豊富な女性アドバイザーもおり、産休や育休が取りやすい職場や、女性が管理職になったケースがある職場なども教えてもらえます。完全無料なのでぜひ登録してみてください。

 


【3位】転職会議

転職会議には下記の特徴があります。

転職会議の特徴・企業の口コミの数が国内最大級
・リアルな口コミを知れる
・求人数が多い
・年収の推移を見られる

転職会議は転職サイトです。転職会議に投稿された口コミ件数は300万件以上にのぼります。年収や残業時間、社風、退職理由などの企業のリアルな口コミを見ることができるので、書類選考や面接の対策も練られるでしょう。

複数の大手転職サイトの求人情報を取り扱っているため、求人数も国内最大級です。さらに、転職会議のサービスの1つである「年収まとめ」では、年齢や勤続年数に応じた年収の推移を見られます。

 

パソナキャリア