あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

ぎこちない人の適職5選!コミュニケーションを取らずに働ける?

コミュニケ-ションを取る際、動きや会話がぎこちなくなってしまうことに悩む人は少なくありません。さらに、ぎこちない人は「向いている人が見つからない」と不安に思うケースも多いでしょう。

そこでこの記事では、ぎこちない人におすすめの職業について紹介します。ぎこちない人が仕事・会社選びの際に重視するべき点も紹介するため、仕事中にもぎこちなくなることに不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.ぎこちない人の特徴

ぎこちないとは、緊張のあまり不自然な言動を取ってしまう状態を言います。常日頃からぎこちない状態になる人には、心理や性格など、共通する特徴があります。

以下では、ぎこちない人に多く見られる特徴を解説します。

1-1.ぎこちない人の特徴1:コミュニケ-ションが苦手

ぎこちない人は、コミュニケ-ションを取ることが苦手な傾向です。会話に慣れておらず、スムーズな対応ができません。さらには「この発言をすると嫌われるかもしれない」「こう言ったら相手が傷つくかもしれない」などと考え、会話を続けられなくなるケースも多いでしょう。

1-2.ぎこちない人の特徴2:緊張しがち

ぎこちない人は緊張しやすく、動きが固まってしまいます。また、人前での失敗を恐れたり、周囲からの評価を気にしすぎたりする性格も特徴的です。失敗を怖がって行動することでさらに緊張し、よりぎこちない動きを取る人も珍しくありません。

1-3.ぎこちない人の特徴3:目を見て話せない

目を見て話すとぎこちなくなってしまうことを理解しており、目を併せようとしません。話したい相手でも目を見て話せない理由は、「嫌われたくない」と無意識に思っているためです。すぐにネガティブ思考になる癖もあり、余計に目を見て話せなくなります。

1-4.ぎこちない人の特徴4:マイペース

ぎこちない人の中には、失敗しないよう、自分のペースで焦らず行動したいと考えている人も多くいます。加えて、大勢で行動をすると疲労を感じやすいため、1人でのびのびいる時間を大切にしています。

1-5.ぎこちない人の特徴5:面倒ごとが苦手

面倒ごとや揉めごとが起きた際に解決行動を取ることが苦手な点も、ぎこちない人の特徴です。想定外のできごとを楽しむよりも、同じような日常を繰り返し行ったほうがよいと考えています。

2.ぎこちない人におすすめの職業

ぎこちない人も働きやすい職業は存在します。また、ぎこちない人特有の性格を生かした職業もあるため、適した職業を選びやすい傾向です。

以下では、ぎこちない人におすすめの職業を解説します。

2-1.ぎこちない人の適職1:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。ぎこちない人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケ-ションが苦手でも働きやすいから

プログラマーは、フリーランスとしても活躍できます。フリーランスプログラマーとなり家で仕事を行うと、人とのかかわりを最小限に抑えることができます。

そのため、コミュニケ-ションが苦手なぎこちない人におすすめの職業です。

マイペースに働けるから

プログラマーはPCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあればマイペースに仕事を行える職業でもあり、マイペースな性格のぎこちない人に向いている職業です。

2-2.ぎこちない人の適職2:トラック運転手

トラック運転手(トラックドライバー)とは、運送会社に勤務して、人々の生活や企業の運営に必要な物資を届ける職業です。ぎこちない人がトラック運転手に向いている理由は、以下の通りです。

緊張しがちな性格がメリットになるから

トラック運転手は、市内・県内を飛び回る短距離ドライバー・中距離ドライバーから、全国各地を駆け巡る長距離ドライバーまでいます。短距離・中距離でも集中して運転を行わなければなりませんが、長距離は特に緊張感を持って運転を行うことを求められます。

ぎこちない人の持つ緊張しやすい性格を生かすには、トラック運転手が最適です。常に緊張しながら運転を行うことで、重大事故を防いで安全運転で配達を行えるトラック運転手になれるでしょう。

面倒ごとが苦手でも働きやすいから

トラック運転手の業種の中でも、特に「ルート配送ドライバー」はルーチンワークで働けます。道、配達順序、作業がすでに決められており、想定外の事態も起こりにくい傾向です。

ぎこちない人のように面倒ごとが苦手な人は、ルート配送ドライバーのように仕事内容が決められている職業を選ぶと、ストレスを感じずに働けます。

2-3.ぎこちない人の適職3:施設警備員

施設警備員とは、ビルや商業施設などで、事件・事故を防ぐために警備を行う職業です。ぎこちない人が施設警備員に向いている理由は、以下の通りです。

緊張しがちな性格がメリットになるから

ビルや商業施設で事件・事故が起これば、多くの人々が危険にさらされます。危険から守るためには、施設警備員が不審物や不審者などに目を光らせることが大切です。

ぎこちない人は緊張しがちな人が多い傾向です。そのため、常に緊張感を持って仕事を行い、命や財産をしっかり守れる施設警備員になれるでしょう。

マイペースに働けるから

施設警備員は、1人で仕事を行うケースも珍しくありません。 自分のペースに合わせて仕事を行ったり、過剰な指図をされずに働けたりするため、ほかの人のペースに乱されたくない人にとって適職です。

ぎこちない人の中に多い「マイペース」な性格の人は、施設警備員のような1人で行える仕事を選ぶとストレスなく働けます。

2-4.ぎこちない人の適職4:地方公務員

地方公務員とは、都道府県や市町村などで勤務を行い、住民をサポートする職業です。ぎこちない人が地方公務員に向いている理由は、以下の通りです。

緊張しがちな性格がメリットになるから

地方公務員が仕事でミスをすれば、企業や住民に迷惑がかかります。また、税金を扱う仕事でもあり、ミスに厳しいところも多い傾向です。しかし、地方公務員はルーチンワークが多く、高い集中力と緊張感を持てば大きなミスをすることは少ないでしょう。

ぎこちない人の「緊張しがち」といった性格を生かすには、ミスが許されない地方公務員になることがおすすめです。

面倒ごとが苦手でも働きやすいから

地方公務員の業務はルーチンワーク化されており、考えずに働くことも可能です。ルーチンワークの中でも、単調な仕事ばかりではなくやりがいを持って取り組める仕事も多い傾向です。

ぎこちない人は、面倒ごとや揉め事を避けがちです。地方公務員であればイレギュラーな状況に陥りにくく、面倒なことにかかわらずに働けます。

2-5.ぎこちない人の適職5:データ入力

データ入力とは、アンケート結果や音声データなどをパソコンに打ち込む仕事です。ぎこちない人がデータ入力に向いている理由は、以下の通りです。

目を見て話せなくても働けるから

データ入力は個人で黙々と作業を行えるため、取引先や会社内部の人とのやり取りはあまりありません。また、在宅で完結するデータ入力の仕事もあり、コミュニケ-ションが苦手な人でもストレスを感じずに働けます。

ぎこちない人の中には、目を見て話せないことに悩みを抱いているケースも珍しくありません。データ入力であれば目を見て話したりコミュニケ-ションを取ったりすることが少なく、ぎこちない人も続けやすい仕事です。

面倒ごとが苦手でも働きやすいから

データ入力は、データをマニュアルやフォーマットに沿って入力するため、頭を使わずに働けます。なお、頭は使わなくても、タッチタイピングのスキルが身についたり、タイピングスピードが上がったりして、技術を磨ける仕事です。

面倒ごとが苦手なぎこちない人も、反復作業が多いデータ入力であれば精神的に楽でしょう。

3.ぎこちない人が仕事・会社選びで重視するべきこと

ぎこちない人がストレスなく働くためには、仕事・会社選びを行う上で「人とのかかわりが少ないか」といった点を重視することが大切です。お客さんだけではなく、会社内部の人とのかかわりが少ない会社・職業であれば、苦手なコミュニケーションを避けながら働けます。

密接にやり取りをしなければならない職業であっても、メールやチャットなど、文章を通すことが多い仕事・会社であれば、ストレスなく働けるでしょう。

4.まとめ

ぎこちない人には「プログラマー」「トラック運転手」「施設警備員」「地方公務員」「データ入力」といった職業が向いています。ぎこちない人がストレスなく働くためにも、人とのかかわりが少ない仕事・会社を選びましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

 

 

www.aoirotenshoku.com

www.aoirotenshoku.com

 

パソナキャリア