あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

ちゃっかりしてる人にオススメの職業|特徴や性格を生かそう!

抜け目がなく、ちゃっかりしている人は珍しくありません。実は、ちゃっかりしている人には、働く上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、ちゃっかりしている人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、ちゃっかりしている人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.ちゃっかりしてる人の特徴とは|性格や心理も

ちゃっかりとは、得をするために計算高い言動をとるという意味です。頭がいい反面、ずる賢いと思われる場合も珍しくありません。

以下では、ちゃっかりしている人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.ちゃっかりしている人の特徴1:要領がいい

ちゃっかりしている人は頭の回転が速く、要領よく行動できます。しっかりと計画を立てて物事を進められるので、最も得をする方法を見つけやすい傾向です。

1-2.ちゃっかりしてる人の特徴2:コミュニケ-ション能力が高い

ちゃっかりしている人は人づきあいがよく、誰とでも仲良くします。人脈を広げることで、いざ必要なときに誰かの手を借りられるようにしているためです。

また、愛想もよく、多くの人に好かれています。

1-3.ちゃっかりしてる人の特徴3:世渡り上手

人の懐に入るのがうまく、世渡り上手な点もちゃっかりしている人の特徴です。相手をいい気分にさせたり、好意を持ってもらえたりする方法を計算でき、処世術に長けています。

加えて、巧みな言葉で人間を動かすことができるので、スムーズに出世することも可能です。

1-4.ちゃっかりしてる人の特徴4:気持ちに余裕がある

ちゃっかりしている人は気持ちにゆとりがあり、感情的になったり、うろたえたりすることはありません。常に冷静でいることができ、物事を客観的にとらえられるので、利益を得られるチャンスがあればすぐに行動することが可能です。

1-5.ちゃっかりしてる人の特徴5:承認欲求が強い

「ほかの人に認められたい」「優位な立場でいたい」と考え、打算的に行動して成功を掴み取る点も、ちゃっかりしている人の特徴です。承認欲求を満たしたい一心で頑張りすぎてしまい、ストレスや疲労溜まるパターンも少なくありません。

2.ちゃっかりしてる人に向いてる仕事

ちゃっかりしている人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見つけ、適職や天職を探しましょう。

以下では、ちゃっかりしている人におすすめの職業を解説します。

2-1.ちゃっかりしてる人の適職1:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。ちゃっかりしている人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

世渡り上手だから

コンサルタントとして活躍するためには、スキルを磨くだけではなく、人脈を広げることも大切です。人とのつながりで仕事を獲得したり、困った際に助けてもらったりすることもあるので、人脈形成を積極的に行える人が向いているでしょう。

ちゃっかりしている人は世渡り上手なので、人脈を広げるのも得意です。そのため、業務スキルさえ身につければ、トップの成績を残せるコンサルタントになれる可能性もあります。

承認欲求が強いから

コンサルタントは、年収や評価を実力主義・成果主義によって決められます。能力やスキル、会社にもたらした利益などによって年収や評価が決まり、モチベーションを上げながら働くことが可能です。

ちゃっかりしている人は承認欲求が強いため、実力主義や成果主義など、ほかの人に認められていることを目に見えて感じられる仕事が向いています。ちゃっかりさんは頭もいいので、スキルや能力をしっかりと身につけてどの分野でも活躍できるコンサルタントになれるでしょう。

MIIDAS

2-2.ちゃっかりしてる人の適職2:ディレクター

ディレクターとは、テレビ業界やデザイン業界、Web業界などの制作現場で指揮をする職業です。ちゃっかりしている人がディレクターに向いている理由は、以下の通りです。

要領がいいから

ディレクターが従事する制作現場では納期があるので、手早く作業をしてクオリティの高いものを生み出すことが求められます。また、指示をする立場にあるので、チームメンバーが要領よく動けるような計画を立て、指揮ができる人が向いているでしょう。

ちゃっかりしている人は要領がいいので、効率的に指示を出せて、優秀なものを制作できるディレクターになれるかもしれません。

世渡り上手だから

ディレクターはチームメンバーの上に立つ職業なので、信頼される人物になってよい人間関係を作ることが必要不可欠です。チームメンバーが気持ちよく動ける声掛けをすることや、成長できる環境を作ってあげれば、ディレクターとしての力量も認められます。

ちゃっかりしている人は世渡り上手なので、チームメンバーを効率的に動かすことができます。そのため、どの業界でも活躍でき、名高いディレクターになれるでしょう。

2-3.ちゃっかりしてる人の適職3:教師

教師とは、小学校や中学校、高校などの学校で勉強や道徳・ルールを教える職業です。ちゃっかりしている人が教師に向いている理由は、以下の通りです。

要領がいいから

教師は、授業やクラブ活動、部活動など、時間に追われる業務が多くあります。効率を重視しなければならない面も多いので、要領よく仕事を行える人が向いているでしょう。

ちゃっかりしている人は要領がよく、業務量が多くてもテキパキ働けるので、プライベートも充実させやすい教師になれます。

コミュニケーション能力が高いから

教師は、先生になって生徒を導くことが仕事のため、コミュニケーション能力が必須です。さらに、生徒だけではなく、保護者とも円滑なコミュニケーションをとる必要があります。

ちゃっかりしている人は高いコミュニケーション能力を持っているので、生徒や保護者から好かれる教師になれるでしょう。

2-4.ちゃっかりしてる人の適職4:介護士

介護士とは、高齢者や障がい者などの要介護者の生活に従事して、身の回りのお世話をする職業です。ちゃっかりしている人が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

介護サービスの利用者には気難しい人も多く、屈せずにコミュニケーションを取れる人が適正です。さらに、普段から密接なコミュニケーションをとっていれば、利用者の些細な変化やトラブルにも気がつきやすく、アクシデントを減らせます。

ちゃっかりしている人はコミュニケーション能力が高いので、良好な信頼関係を築ける介護士になれるでしょう。

気持ちに余裕があるから

介護士は、介護施設で起こった予想外の出来事を対処しなければなりません。そのため、万が一のことが起こってもうろたえず、冷静に対処できる人が向いています。

ちゃっかりしている人は気持ちに余裕があり、問題の解決策を柔軟に考えられるので、利用者やほかの介護士に信頼される介護士になれるでしょう。

かいご畑

2-5.ちゃっかりしてる人の適職5:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。ちゃっかりしている人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

世渡り上手だから

営業職の人が成果を出すには、顧客に「信頼できる人だ」と思われることが欠かせません。そのため、はっきり意見を言いながらも、ときには顧客が欲しい言葉を投げかけたり、営業トークで場を盛り上げたりできる人が向いているでしょう。

ちゃっかりしている人は世渡り上手なので、顧客に好意を持ってもらえ、トップセールスマンとして活躍できる可能性を秘めています。

承認欲求が強いから

業は、基本給与とは別に、歩合やインセンティブがもらえることがほとんどです。明確な規定は会社によって異なりますが、頑張れば頑張った分だけ給料が上がり、モチベーションを上げながら働きやすい仕事です。

ちゃっかりしている人は承認欲求が強く、ほかの人から認められたいと考えています。営業であれば評価が給料に直結するだけではなく、ほかの人から尊敬されたり褒められたりすることも多いため、ちゃっかりしている人も楽しみながら続けやすいでしょう。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-6.ちゃっかりしてる人の適職6:インフラエンジニア

ITにおいて、インフラとは、サーバーやネットワークを意味します。インフラエンジニアは、インフラ設備の設計や構築、運用保守を担当する職業です。ちゃっかりしている人がインフラエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

インフラエンジニアは、プロジェクトチームを組んで仕事を行います。また、インフラ基盤の設計業務では、クライアントとのかかわりも生まれるので、コミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。

ちゃっかりしている人はコミュニケーション能力が高いので、滞りなく仕事ができます。そのため、IT社会の現代では必要不可欠なインフラエンジニアになると、効率的に作業を行える人材になれます。

気持ちに余裕があるから

インフラは、システムやネットワークの正常な動作に必須の設備です。そのため、小さな作業ミスでも、企業のシステムやネットワークが動かなくなり、企業や世間に大きな損害を与える場合もないとは言えません。

ちゃっかりしている人はゆとりを持って仕事ができるので、些細なミスも気づきやすいです。さらに、もしも障害が起きても冷静に対処でき、同僚やクライアントから感謝されるインフラエンジニアになることが可能です。

2-7.ちゃっかりしてる人の適職7:販売員

販売員は、お客さんに接客をし、商品を販売する職業で、下記のような店舗で活躍します。

販売員が仕事を行う店舗例 

・デパート

・アパレルショップ

・雑貨店

・ドラッグストア

 

ちゃっかりしている人が販売員に向いている理由は、以下の通りです。

要領がいいから

販売員の業務内容は接客やレジ打ちだけではありません。下記のような業務も担当するため、要領よく仕事を行うことが求められます。

販売員の業務内容例 

・清掃

・検品

・品出し

・レイアウトやディスプレイの変更

・在庫管理

 

ちゃっかりしている人は要領がよく、時間管理も得意なので、業務内容が豊富な販売員も気持ちに余裕を持ちながら働けます。

承認欲求が強いから

デパートやアパレルショップで仕事を行う販売員は、売上ノルマを課せられる場合も珍しくありません。また、ノルマを達成できた場合には、報奨金や美容グッズなどがもらえることもあり、モチベーションを上げながら働ける職業です。

ちゃっかりしている人は承認欲求が強いので、常に1番を目指しているでしょう。努力もできるので、ライバルが多くても、売上ランキングのトップを誇る販売員として活躍できます。

パソナキャリア

3.ちゃっかりしてる人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

ちゃっかりしている人は、自分の利益を最優先に行動するなど、損得勘定で動く面も多い傾向です。そのため、「スキルや能力、頑張りが評価されるか」といった点に注目して仕事・選びを行うと、ストレスなく働けるでしょう。評価される機会が多い仕事・会社の特徴は、下記の通りです。

評価される機会が多い仕事・会社の特徴 

・社会に貢献できる

・感謝されることが多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

MIIDAS

4.まとめ

ちゃっかりしている人には「コンサルタント」「ディレクター」「教師」「介護士」「営業」「インフラエンジニア」「販売員」といった職業が向いています。長く働き続けられる環境を見つけるためにも、評価される仕事や会社を選びましょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア