あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

犬系男子・犬系女子に向いてる職業7選!興味を持てる仕事は?

「犬っぽい性格をしているね」「犬系男子・犬系女子だね」と言われ、犬系とはどういう意味か疑問が生じた経験のある人は少なくありません。また、せっかくなら自分の性格を生かした仕事選びを行いたいと考える人も多いでしょう。

そこでこの記事では、犬系男子・犬系女子と呼ばれることが多い人の性格や、適職について紹介します。犬系男子・犬系女子が重視するべき仕事・会社選びのポイントも紹介するため、犬系男子・犬系女子の性格に当てはまっている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.犬系男子・犬系女子の特徴

犬系男子や犬系女子とは、犬のように人懐っこく、愛嬌がある性格をしている人のことです。犬系男子や犬系女子は爽やかで好印象を抱かれやすく、周囲からも人気があります。

以下では、犬系男子・犬系女子の性格や特徴を解説します。

1-1.犬系の人の特徴1:コミュニケーション能力が高い

犬は、人間とコミュニケ-ションを取ることに長けています。

犬系男子・犬系女子も、犬と同じく誰とでも積極的にコミュニケ-ションを取ることができ、友人も多い傾向です。また、常に明るくポジティブで、誰とでもすぐに仲良くなれます。

1-2.犬系の人の特徴2:責任感が強い

捜査活動を行う警察犬や目の不自由な人を支える盲導犬がいるように、犬は信頼している人の言いつけをしっかり守る責任感が強い動物です。

犬っぽい性格をしている犬系男子・犬系女子も、どのようなことでも真面目にこなし、ルールをきっちり守るといった特徴があります。最後まで責任を持って取り組めるため、ほかの人から信頼されることも多いでしょう。

1-3.犬系の人の特徴3:頼りにされるのが好き

飼い主を危険から守る犬が多いように、犬系男子・犬系女子もほかの人から頼りにされることを好みます。誰かの役に立ちたいと考え、些細なお願いごとを嫌な顔をせずに引き受けます。

トラブルや危険が生じたときには身を呈して行動するケースも珍しくありません。

1-4.犬系の人の特徴4:群れるのが好き

犬は群れや仲間を大事にします。犬系男子・犬系女子も、1人でいることよりも大勢の人と楽しく過ごすことを好みます。

フットワークも軽く、当日に誘われても喜んで遊びに行く人も多いのではないでしょうか。

1-5.犬系の人の特徴5:アウトドアが好き

散歩や体を動かす遊びが好きな犬のように、犬系男子・犬系女子もアウトドア活動を好みます。休日も、家でじっとしているよりも、外に出かけたり運動をしたりして過ごすことのほうが多い傾向です。

友達とキャンプや旅行に行く予定を立てることが好きな犬系男子・犬系女子も少なくありません。

1-6.犬系の人の特徴6:好奇心旺盛

新しいおもちゃや遊びにすぐ興味を示す犬と同じように、犬系男子・犬系女子も好奇心旺盛な性格をしています。好奇心を満たすために、好き・嫌いやできる・できないといった感情になるよりもまず先に行動を起こします。チャレンジ精神も強く、気になったことや未知の事象を納得するまで追求するという性格も特徴的です。

2.犬系男子・犬系女子に向いてる仕事7つ

犬系男子・犬系女子には、仕事を行う上でメリットとなる性格や特徴が多くあります。採用を行う企業側から見ても、犬系男子・犬系女子は活躍が期待できる人材です。

以下では、犬系男子・犬系女子の特有の強みを生かせる適職を解説します。

2-1.犬系の人の適職1:救急救命士

救急救命士とは、傷病者が病院に搬送されるまで救急救命処置を行う職業です。犬系男子・犬系女子が救急救命士に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

救急救命士は、ケガや病気で苦しむ患者から体の状態を聞き出さなければなりません。苦痛を感じている患者や家族と会話を行うには、安心感がある雰囲気を作ることが必要不可欠です。加えて、患者を受け入れる医療機関と連携を取るためにも、高いコミュニケーション能力を要していることが必要です。

犬系男子・犬系女子はコミュニケーション能力が高く、話しやすい雰囲気を作れます。初対面の人とおもスムーズに会話が行えるため、救急救命士になると、患者や家族に安心感を与えながら、素早い対応で患者を助けられるでしょう。

責任感が強いから

救急救命士は、医療機関に搬送するまでに正確な医療処置を施さなければなりません。救急救命士の手によって救える命もあり、強い責任感のもとで仕事を行うことが求められます。

犬系男子・犬系女子は、最後まで責任感を持って仕事を行えます。そのため、患者の命を救うために最善を尽くし、患者や家族から感謝をされる救急救命士になれます。

2-2.犬系の人の適職2:介護士

介護士とは、高齢者の生活に従事して、身の回りのお世話をする職業です。犬系男子・犬系女子が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

頼られるのが好きだから

介護サービスは、身体の不自由な人やお年寄りが利用することが多い傾向です。介護士を頼りにしている利用者も多く、献身的に介護を行える人が向いているでしょう。

犬系男子・犬系女子は、頼みごとをされると喜んで引き受けます。利用者の些細な悩みも解決できるように尽力でき、利用者や家族から信頼される介護士になれます。

好奇心旺盛だから

何ごとにも興味を持って取り組める人や、話してくれる内容を楽しみながら聞ける人は、介護士の適性があります。利用者を尊敬しながら楽しませる行動を取れ、良好な信頼関係を築けます。さらに、介護施設によってはさまざまな種類のサービスを提供する場所もあり、常に新鮮な気持ちで働けます。

犬系男子・犬系女子は、未知の事象に興味を持って取り組めます。そのため、利用者へ喜びを与えると同時に、自らが楽しみながら仕事を行える介護士になることが期待できます。

2-3.犬系の人の適職3:広告代理店

広告代理店とは、下記のような媒体への広告出稿をしたい企業のサポートを行う仕事です。

広告出稿を行う媒体の例 

・テレビ

・ラジオ

・雑誌

・新聞

・インターネットメディア

 

広告代理店が犬系男子・犬系女子に向いている理由は、以下の通りです。

群れるのが好きだから

広告代理店はチームを組んで仕事を行うため、1人でいる時間が少なくても苦ではない人が向いています。担当している広告出稿のプロジェクトと関係がある人たちと良好なチームワークを築くと、仕事を成功させる確率が高まります。

犬系男子・犬系女子は、1人でいるよりも大勢といることを好みます。広告代理店の会社員として勤めると、最適なチームワークを築き上げてクライアント企業に満足してもらえるような仕事が行えるでしょう。

好奇心旺盛だから

広告代理店で働く会社員には、幅広いジャンルの広告に対応するためにも、流行に敏感で何ごとにも興味を持って取り組める性格が求められます。消費者の間でトレンドになっているものを理解し、すぐに試せる人は、広告代理店側から見ても重宝するべき人材です。

犬系男子・犬系女子は好奇心旺盛で流行のものにも臆さずに飛びつけるため、消費者のニーズに合致した広告を作成できると言えます。

2-4.犬系の人の適職4:テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフとは、来園者が楽しく安全に遊べるように下記のような仕事を行う職業です。

テーマパークスタッフの業務内容例 

・アトラクションの保守・運転

・アトラクション利用者への案内

・グッズや飲食物などの販売

・園内の清掃

 

犬系男子・犬系女子がテーマパークスタッフに向いている理由は、以下の通りです。

群れるのが好きだから

テーマパークスタッフは、さまざまな職員と連携を取ることを求められます。スムーズな連携で常に協力しながら働くと、来園者が楽しませるテーマパークづくりができます。

犬系男子・犬系女子は大勢でいる状況も多く、自然と良好なチームワークを作れ、来園者に感謝されるような仕事を行えるケースも珍しくありません。さらに、1人でいるのが寂しいと感じる犬系男子・犬系女子にとって、常に同僚や上司、来園者と触れ合えるテーマパークスタッフは、ノンストレスで働ける仕事でもあるでしょう。

アウトドアが好きだから

テーマパークのようなレジャー施設の中には、外国のような雰囲気の場所や、夢の中にいるような場所など、非日常を味わえる施設が豊富にあります。さらに、実際に外で仕事を行うため、インドア派よりもアウトドア派のほうが楽しんで仕事を行えるでしょう。

犬系男子・犬系女子は、アウトドア活動を好みます。そのため、広大な土地の中でのびのびと働くことが可能です。

2-5.犬系の人の適職5:ネイチャーガイド

ネイチャーガイドとは、森や海、川などの自然の中でダイビングやクロスカントリー、カヌーといったアウトドア活動の企画を行ってお客さんへのガイドを行う職業です。犬系男子・犬系女子がネイチャーガイドに向いている理由は、以下の通りです。

アウトドアが好きだから

室内にこもっていると閉塞感や孤立感を感じやすい人は、デスクワーク中心の仕事ではストレスが溜まることもないとは言えません。大自然の絶景の中でのびのびと働けるネイチャーガイドは、精神的な負担をかけずに働ける職業です。

さらに、いつもアウトドア活動を楽しんでいるアウトドア好きの人は、屋外活動の魅力もしっかり知っているでしょう。自然のよさを伝えることはネイチャーガイドとしての本意でもあり、目的を遂行できるネイチャーガイドになれます

犬系男子・犬系女子は日頃から屋外で遊び、積極的に体を動かす活動が好きなので、ネイチャーガイドを選ぶと「好き」を仕事にできます。

好奇心旺盛だから

ネイチャーガイドは、お客さんに楽しんでもらったり、自然のよさを分かってもらったりするために、質問や疑問にも答えなければなりません。些細な事象でも疑問に思い、納得するまで調べられる好奇心旺盛な人は、知識が身に付きやすいです。

犬系男子・犬系女子は、新しいものの疑問が浮かんだり、楽しんで解決できたりするため、お客さんを満足させられるネイチャーガイドとして活躍できます。

2-6.犬系の人の適職6:山岳救助隊

山岳救助隊とは、山で遭難した人や行方不明になった人を助けたり、登山のリスクを教えたりする消防レスキュー隊です。犬系男子・犬系女子が山岳救助隊に向いている理由は、下記の通りです。

責任感が強いから

仕事1つで人命を救える山岳救助隊は、危険な場所に出入りする場合もあります。強い責任感を持っている人でなければ、やりがいよりも辛さを感じてしまい、長く続けることができません。

犬系男子・犬系女子は責任感が強く、自分を犠牲にしてまでほかの人を助けることが可能です。そのため、犬系男子・犬系女子が山岳救助隊になると、遭難者・行方不明者を助け、本人や家族から感謝される人材になれるでしょう。

群れるのが好きだから

山岳救助隊は、複数名の隊員でチームを組みます。協調性があり、集団行動が得意な人が山岳救助隊として向いているでしょう。

犬系男子・犬系女子は集団行動や生活になれており、山岳救助隊の一員として、良好なチームプレーとスムーズな救助活動で人々を助けられます。

2-7.犬系の人の適職7:教師

教師とは、小学校や中学校、高校などの学校で勉強や道徳・ルールを教える職業です。犬系男子・犬系女子に教師が向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

教師は、先生になって生徒を導くことが仕事のため、コミュニケーション能力が必須です。さらに、生徒だけではなく、保護者とも円滑なコミュニケーションを取る必要があります。

持ち前の性格でコミュニケーション能力を培っているアウトドア派の人は、生徒や保護者から好かれる教師になれるでしょう。

頼られるのが好きだから

子どもはまだ発達途上であり、知識や道徳が育っていない未熟な存在です。生徒からも、大人である教師に、勉強や人間関係などで頼ることが多い状態です。

教師として向いているのは、犬系男子・犬系女子のように、生徒から頼られた際に邪険にせずに一緒に寄り添ってあげられる人物です。犬系男子・犬系女子も、教師になることで生徒から厚い信頼を寄せられる人材になれます。

3.犬系男子・犬系女子が仕事・会社選びで重視すること

犬系男子・犬系女子の人特有の性格は、さまざまな仕事で生かすことができます。しかし、向いている仕事を考えるだけではなく、アウトドア派の人が無理なく働ける方法を模索することも大切です。安心して働ける環境を見つけて、充実した生活を送りましょう。

以下では、犬系男子・犬系女子の仕事・会社の選び方を解説します。

3-1.ワークライフバランスの実現

犬系男子・犬系女子の人は犬のように、家でじっとしていたり、デスクワークを行ったりするとストレスが溜まります。家や会社で溜まったストレスを解消するために、休日はアウトドアで活動や複数人の友人と一緒に過ごすパターンも多いでしょう。遊びに行く時間を確保できるように、ワークライフバランスが取れる会社を選ぶことがポイントです。

ワークライフバランスを実現させるためには、下記の条件をチェックすることが大切です。

ワークライフバランス実現の必須条件 

・残業が少ない

・年間休日が120日前後である

・有給休暇が取得しやすい

 

また、必須ではありませんが、下記の条件を満たす会社を選ぶと、ワークライフバランスを取れる可能性を高められます。

 ワークライフバランス実現の任意条件

・短時間勤務制度

・フレックスタイム制度

・充実した福利厚生

 

犬系男子・犬系女子にとって休日や仕事終わりの時間を充実したものにするには、アウトドア活動を行ったり、友人とかかわったりすることは欠かせません。犬系男子・犬系女子が仕事や会社を選ぶときは、ワークライフバランスが取れる企業なのかを見極めることが重要です。

3-2.人と密接にかかわれるか

犬系男子・犬系女子は、ほかの人とかかわることを好みます。お客さんや会社内部と密接にかかわれる職業を選ぶと快適に働けるでしょう。

お人好しな面もある犬系男子・犬系女子は、人助けを通じて良好で濃厚な人間関係を築き上げることも可能です。人とかかわらない職業よりも、人とかかわれる職業のほうがやりがいを感じられるため、チームで動いたり、お客さんと密接にかかわれたりする仕事や会社を選ぶと、ストレスの少ない環境で働けます。

4.まとめ

犬系男子・犬系女子には「救急救命士」「介護士」「広告代理店」「テーマパークスタッフ」「ネイチャーガイド」「山岳救助隊」「教師」といった職業が向いています。ストレスが少ない環境で働くためにも、ワークライフバランスが両立できる仕事・会社や、人とかかわる機会が多い仕事・会社を選びましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

 

www.aoirotenshoku.com

www.aoirotenshoku.com

 

パソナキャリア