あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

のんびり屋な人の適職!おっとりしていても向いてる仕事はある!

いつもゆっくりまったりしていて、「のんびり屋さんだね」と言われたり、思われたりした経験のある人は少なくありません。実は、のんびり屋な人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、のんびり屋な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、のんびり屋な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.のんびり屋な人の特徴とは|性格や心理も

「のんびり」とは、気持ちが穏やかで、心身ともに落ち着いている様子を意味します。のんびり屋な人な人の特徴や性格は周りにも良い影響を与えるものが多いため、友人が多いケースも珍しくありません。

以下では、のんびり屋な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.のんびり屋な人の特徴1:慌てない

のんびり屋な人は、トラブルが起こったり、緊迫した場面に遭遇したりしても焦ることはありません。うろたえずに冷静な対処ができるので、ほかの人から頼りにされているでしょう。

1-2.のんびり屋な人の特徴2:優しい

のんびり屋な人は気持ちにゆとりがあるので、優しい性格をしています。他者優先で行動をしたり、気を遣ったりすることもできるので、自然と人が寄ってきます。

1-3.のんびり屋な人の特徴3:平等に接する

差別をしたり、比較をしたりせず、誰にでも平等に接することができるのものんびり屋な人の特徴です。人によって態度を変えず、誰とでもすぐに仲良くなれる性格は、のんびり屋な人の大きな強みです。

1-4.のんびり屋な人の特徴4:マイペース

のんびり屋な人は自分のペースに合わせて行動するので、人よりも作業が遅れる場合も多いでしょう。また、協調性がないと思われることもありますが、焦らずマイペースに行動できるので、確実な仕事や作業を行える人として尊敬されているケースも珍しくありません。

1-5.のんびり屋な人の特徴5:ポジティブ

のんびり屋な人は楽観的でプラス思考なので、失敗やミスをしたとしてもくよくよしません。むしろ、失敗やミスをバネにして成功へとつなげることができるタイプです。

2.のんびり屋な人に向いてる仕事

のんびり屋な人には、働く上で強みとなる特徴や性格があります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてみてください。

以下では、のんびり屋な人におすすめの職業を解説します。

2-1.のんびり屋な人の適職1:受付

受付とは、来訪者の応対や電話・メール対応、会議室の予約や備品の管理など、幅広い業務を担当する職業です。オフィスビルだけではなく、スポーツジムや病院など、さまざまな場所で募集が行われています。のんびり屋な人が受付に向いている理由は、以下の通りです。

優しいから

受付は会社の顔となるため、丁寧に対応すれば会社の印象も良くなります。そのため、来訪者や電話をかけてきた人に優しく接することができる人が向いています。

のんびり屋な人は優しいので、相手の気持ちを読み取りながら優しい応対を行える受付として、さまざまな人から感謝されるでしょう。

平等に接することができるから

受付は多種多様な人と接するので、誰に対しても平等に話せたり、誠実な対応ができたりすることが求められます。

のんびり屋な人は、人によって態度を変えることはせず、平等かつ誠実に対応できるので、常に最善な仕事を行える受付になれるでしょう。

MIIDAS

2-2.のんびり屋な人の適職2:児童指導員

児童指導員とは、児童福祉施設などに入所・通所している子どもの日常生活をサポートしたり、道徳や社会ルールを教えたりする職業です。のんびり屋な人に児童指導員が向いている理由は、以下の通りです。

平等に接することができるから

児童指導員は、子どもの保護者代わりとなりながら成長や自立を支援する職業です。そのため、どの子どもに対しても平等・公平に対応することが求められます。

のんびり屋な人は誰に対しても平等なので、子どもに寄り添いながらしっかりと支援を行える児童指導員になれるでしょう。

ポジティブだから

児童指導員が接する子どもには、親と会えずに精神的に不安定になったり、心を開いてくれずにコミュニケーションが取れなかったりする場合もあります。また、児童指導員に対して暴言や暴力をふるってしまうケースもないとは言えません。そのため、常に前向きで、嫌なことがあっても即座に気持ちを切り替えられる人が向いています。

のんびり屋な人はポジティブなので、子どもたちにも前向きに接することができ、良い影響を与えられる児童指導員になれるでしょう。

2-3.のんびり屋な人の適職3:介護士

介護士とは、高齢者や障害者などの介護を必要とする人に従事して、身の回りのお世話をする職業です。のんびり屋な人が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

慌てないから

介護施設では、予想外のできごとやトラブルが起きることもあります。普段から冷静沈着な対応を取れる人は万が一の事態が起こっても落ち着いて対処できるため、介護士に向いています。

のんびり屋な人は常に冷静な対応ができるので、ほかの介護士だけではなく、利用者や家族からも重宝される介護士になれるでしょう。

優しいから

介護サービスは、身体の不自由な人やお年寄りが利用することが多い傾向です。介護士を頼りにしている利用者も多く、献身的に介護を行える人が向いているでしょう。

のんびり屋な人は優しく、人のためを思って行動できます。そのため、利用者の些細な悩みも解決できるように尽力でき、利用者や家族から信頼される介護士になれます。

かいご畑

2-4.のんびり屋な人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。のんびり屋な人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

慌てないから

プログラマーとして業務に携わっていると「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「実装方法がどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、イレギュラーなことが起こっても冷静に対処できる能力が必要です。

のんびり屋な人は、トラブルが起こっても慌てずに冷静に対処できるので、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるプログラマーになれるでしょう。

マイペースな性格の人も働きやすいから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあれば、マイペースに仕事を行えるため、マイペースな性格ののんびり屋さんに向いている職業です。

また、プログラマーは、フリーランスとしても活躍できます。フリーランスプログラマーとなり家で仕事を行うと、人とのかかわりを最小限に抑えて自分のペースに合わせて私語を行うことが可能なので、のんびり屋な人も働きやすいでしょう。

2-5.のんびり屋な人の適職5:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。のんびり屋な人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

マイペースな性格が強みになるから

研究職では、事実と結果を重視する人が求められます。世間の意見や一般常識に流されずに研究を続けると、研究が成功につながりやすくなるでしょう。

のんびり屋な人は自分のペースに合わせて行動するので、ほかの人の意見や感情に惑わされることがありません。そのため、計画や問題点を自分自身で考えながら確実な研究ができる研究員になれるでしょう。

ポジティブだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

のんびり屋な人はポジティブなので、成果が出なくても積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

2-6.のんびり屋な人の適職6:社会福祉士

社会福祉士とは、心身に障がいがある人や、経済的・環境上の理由により生活が困難な人に助言や指導、援助を行う職業です。のんびり屋な人が社会福祉士に向いている理由は、以下の通りです。

慌てないから

社会福祉士に相談を行う人の中には、非常に厳しい状況に置かれている人も多くおり、泣きわめいてしまったり、怒鳴ったりしてしまう人も珍しくありません。相談者が感情を露わにしている様子を見て焦ってしまう人は的確な判断ができないことも多く、社会福祉士として向いていないかもしれません。

のんびり屋な人はイレギュラーなことが起きても慌てず行動でき、献身的に尽くすことができるので、1人でも多くの人を救える社会福祉士になれるかもしれません。

平等に接することができるから

社会福祉士は、さまざまな年齢層や立場の人と話す職業です。そのため、コミュニケーション能力が高い人や、誰に対しても平等に接することができる人が向いています。

のんびり屋な人は平等に接するスキルがあるので、相談者の心を開かせることができる社会福祉士になれます。

パソナキャリア

3.のんびり屋な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

のんびり屋な人は争いごとや競争が苦手で、平和を第一に考えています。そのため、競争が少ない仕事や会社を選ぶと、ストレスなく働けます。

「営業」「コンサルタント」「販売員」などは実力主義の職業であり、同僚や先輩、後輩などをライバル視しながら頑張らなくてはならず、過保護な人が気疲れしてしまうでしょう。

一方で、上記で紹介した職業6つは競争化社会の仕事ではないので、穏やかな気持ちで臨むことが可能です。

4.まとめ

のんびり屋な人には「受付」「児童指導員」「介護士」「プログラマー」「研究職」「社会福祉士」といった職業が向いています。また、競争の少ない仕事や会社を選ぶと、ストレスを溜めずに働けるでしょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア