あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

感情的な人に向いてる仕事って?自分の適職や天職を把握しよう!

感情を上手にコントロールできず、つい感情的になってしまう人は珍しくありません。感情的な人の特徴や性格にはデメリットが多いと思われがちですが、実は、仕事をする上でメリットとなるものも多数あります。

そこでこの記事では、感情的な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、感情的な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.感情的な人の特徴とは|性格や心理も

感情的とは、理性を失って感情をぶつける様子を意味します。感情的な人は自分自身の感情に基づいて行動するためほかの人と衝突しやすいところがあるものの、素直で裏表がなく、周囲から好かれている場合も少なくありません。

以下では、感情的な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.感情的な人の特徴1:行動力がある

感情的な人は、感情や直感に基づいて行動するので、ほかの人よりも行動力があります。失敗やミスを恐れずに行動に移せるので、人よりも多く成果を出せるでしょう。

1-2.感情的な人の特徴2:こだわりが強い

感情的な人はこだわりが強く、自分の意見を簡単に変えません。物事を自分の思い通りにしたいと考えているため、批判をされると感情をむきだしにします。

1-3.感情的な人の特徴3:感受性が豊か

喜怒哀楽を人一倍感じやすいところも感情的な人の特徴です。怒りや悲しみを感じた際は、冷静さを必要とする場面でも感情をコントロールできないという短所はあるものの、些細なことでも感動したり泣いたりできる長所もあります。

1-4.感情的な人の特徴4:心配性

感情的な人は、小さなことでも不安に思います。不安をぶつけるために感情的になったり、心配しすぎてしまい感情をコントロールできなくなったりするケースも多いでしょう。

1-5.感情的な人の特徴5:マイペース

感情的な人は、自分の思い通りに物事を進めたいと思っています。協調性がないと思われる場合もありますが、自分の意志を貫けるため、ほかの人から尊敬されることも多いです。

2.感情的な人に向いてる仕事

感情的な人は、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、感情的な人におすすめの職業を解説します。

2-1.感情的な人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。感情的な人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

行動力があるから

失敗を恐れずすぐに行動に移せる営業マンは、成果を出しやすい傾向にあります。たくさん行動を起こすと、自分自身の課題を見つけることや、ほかの人が行わないような行動を継続して行うことができ、成長につながります。

感情的な人は行動力があり、結果が出るまで忍耐強く行動を起こせるようなセールスマンになることが期待できます。

マイペースな性格の人も働きやすいから

営業は、自分のペース配分で仕事ができるだけでは無く、予定や営業方法も自分で決めることができる場合も珍しくありません。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

そのため、営業は、感情的な人のようなマイペースな性格の人にも働きやすい仕事です。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.感情的な人の適職2:芸術家

芸術家とは創造活動をする職業で、ジャンルは下記の通り多岐にわたります。

ジャンル
美術系 絵画・彫刻
音楽系 作詞作曲・演奏・歌唱
身体表現系 舞踏・演劇
工芸系 陶芸

感情的な人が芸術家に向いている理由は、以下の通りです。

こだわりが強いから

ほかの人の意見や感情に流されず、自由で常識にとらわれない独自の世界観を持っていれば、ほかの芸術家と差別化ができるでしょう。

感情的な人はこだわりが強く、自分だけの世界観を持っている場合も多いでしょう。そのため、未経験でも、挑戦してみれば人気芸術家になれるかもしれません。

感受性が豊かだから

自分のアイデアや感情を芸術にぶつければ、オリジナルの雰囲気を出せます。また、常識にとらわれず、自己表現をして独特なセンスを光らせれば、優れた芸術を創造するのに一役買うでしょう。

感情的な人は感受性が豊かで、些細なことでも心が動きます。そのため、感じたことを芸術で表現できれば、世の中に強い影響を与えられるような芸術家になることも可能です。

2-3.感情的な人の適職3:経理

経理とは、会社のお金や取引を管理する職業です。感情的な人が経理職に向いている理由は、以下の通りです。

こだわりが強い性格がメリットになるから

経理はルーチンワークが多いため、スピード感を重視しながらもミスのない仕事のやり方を考え、実際に実現させられる人は重宝されます。

感情的な人はこだわりが強く、自分の理想に近づくためにも向上心が強いという特徴もあります。そのため、作業の自動化を行ったり、マニュアルを作成したりして、仕事のミスを減らす取り組みを行えるので、同じ経理職の人や違う部署の人から信頼される人材になれるでしょう。

心配性な性格がメリットになるから

感情的な人が持つ心配性な性格は、経理においても発揮できます。帳簿記入を誤った取引や金額を念入りにチェックして見つけることができ、自分のミスだけではなくほかの人のミスを直すことが可能です。

加えて、感情的な人は心配性で、いつも丁寧に帳簿を記入できるので、ミスの少ない経理業務を実現させられます。

MIIDAS

2-4.感情的な人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。感情的な人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

行動力があるから

プログラマーは、バグが突然発生したり、作ったものが思い通りに動かなかったりする場合も多くあります。また、納期直前で仕様変更を要求されることもあり、状況によって適切な行動ができる人が向いています。

感情的な人は行動力があり、物怖じせずにチャレンジできます。そのため、壁に当たっても、持ち前の行動力で臨機応変に対応でき、多くの人から頼られるプログラマーになれるでしょう。

心配性な性格がメリットになるから

プログラマーがシステムやアプリケーションを作る際、「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「コードがどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、予想外の出来事が起こる場合に備えて作業を早めに終わらせる能力が必要です。

感情的な人は心配性なので、最悪の事態を常に想定して行動ができ、作業を早めに終わらせることが可能です。そのため、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるプログラマーになれるでしょう。

2-5.感情的な人の適職5:シナリオライター

シナリオライターとは、台本を執筆する職業で、活動ジャンルは下記の通りです。

シナリオライターのジャンル例 

・映画

・テレビドラマ

・部隊

・ドキュメンタリー映画

・バラエティ番組

 

感情的な人がシナリオライターに向いている理由は、以下の通りです。

感受性が豊かだから

シナリオライターは、登場人物の感情を表現する職業でもあります。ただ言葉を発するだけではなく、行動や仕草などで細かく感情表現をすると、登場人物が生き生きして、人々の心を動かせるような台本を作成できます。

感情的な人は感受性が豊かなので、喜怒哀楽を素直に表に出せます。そのため、魅力的な台本を作って有名な人気シナリオライターになれる可能性が高まります。

マイペースな性格の人も働きやすいから

シナリオライターはフリーランスとして活躍することが多く、仕事を行う時間や曜日を好きに決められます。また、家やカフェなど、好きな場所で仕事を行えるので、自分らしく働けるでしょう。

感情的な人は、自分の思うように行動したいと考えています。シナリオライターは仕事量や時間を自分で決められ、本業・副業にかかわらず活躍できるので、マイペースなことも多い感情的な人に最適な職業です。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-6.感情的な人の適職6:Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く職業です。感情的な人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

こだわりが強い性格がメリットになるから

Webライターは世界中の人に記事を発信するので、一言一句までこだわって記事を作成しなければなりません。感情的な人はこだわりが強いので、プロ意識を持って仕事ができるでしょう。

また、Webライターは、正社員として働くだけではなく、独立したり、フリーランスとして働いたりすることも可能です。1人でネタを決めることもでき、自分ならではのこだわった記事を作れます。

感受性が豊かだから

Webライターは、正確な情報を記載することが求められます。しかし、ほかのWebライターとの差別化を行うためにも個性を活かしてセンスの光る文章を作成することも大切です。

感情的な人が持つ豊かな感受性を文章に投影すると、華麗な言葉選びで有名な人気Webライターになれるかもしれません。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

3.感情的な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

感情的な人の中には、ストレスを感じやすい体質のために感情的になったり、感情や自分をコントロールできずにストレスを溜めてしまったりするケースも珍しくありません。そのため、下記のように「ストレスが溜まりにくい」仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

ストレスが溜まりにくい仕事や会社の特徴 

・人間関係が良好

・残業が少ない

・プレッシャーが少ない

・精神的・肉体的な疲労が少ない

 

4.まとめ

感情的な人には「営業」「芸術家」「経理」「プログラマー」「シナリオライター」「Webライター」といった職業が向いています。また、長く働ける場所を見つけるためにも、ストレスが溜まりにくい仕事や会社を選びましょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア