あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

気が弱い人に向いてる仕事を紹介【気弱な性格は直さなくていい】

自分に自信を持てず、「自分は気弱な性格だ」と思った経験はありますか?気が弱いことにはデメリットしかないと思われがちですが、実は、気が弱い人には仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、気が弱い人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、気が弱い人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.気が弱い人の特徴とは|性格や心理も

「気が弱い」とは、自信を持てずに、自分の思い通りに行動ができないことを意味します。気が弱い人は無意識のうちに物腰が柔らかくなっているので、ほかの人からも好かれやすいです。

以下では、気が弱い人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.気が弱い人の特徴1:最悪の事態を想定している

気が弱い人はネガティブで、いつも最悪の事態を想定して行動しています。行動力がないという短所もありますが、常に冷静に行動できるので長所としても捉えられる性格です。

1-2.気が弱い人の特徴2:感受性が豊か

気が弱い人は感受性が豊かで、ほかの人の気持ちや環境の変化を敏感に察知します。喜怒哀楽も感じやすく、疲れてしまうことも多いでしょう。

1-3.気が弱い人の特徴3:協調性がある

相手に寄り添って行動できるので、協調性に長けているというところも気が弱い人の特徴です。自分と違う価値観の人にも合わせることができ、自然と友人が増えているケースも多いです。

1-4.気が弱い人の特徴4:優柔不断

気が弱い人は優柔不断で、決断力がありません。些細なこともすぐに決められず、判断を相手に委ねるケースも多いでしょう。また、自信のなさも、優柔不断になる原因です。

1-5.気が弱い人の特徴5:優しい

気が弱い人は優しく、ほかの人の気持ちを考えられたり、寄り添って行動できたりするという長所があります。しかし、優しすぎるゆえに、自分を犠牲にしてまで相手のためになる行動をしてしまう場面もあるでしょう。

2.気が弱い人に向いてる仕事

気が弱い人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、気が弱い人におすすめの職業を解説します。

2-1.気が弱い人の適職1:企業危機管理士

危機管理士とは、ハラスメントや不正、情報漏えいなどのコンプライアンス問題が発生するときに備えて対処をしたり、万が一問題が起こったときに対応をしたりする職業です。気が弱い人が企業危機管理士に向いている理由は、以下の通りです。

最悪の事態を想定できるから

企業危機管理士は、トラブルが起きた際の行動の手順やトラブルを防ぐ方法、被害を軽減する方法などを考えて、危機に備える必要があります。トラブルが起きた際だけに活躍する仕事ではないため、日ごろから最悪の事態を想定できる人が危機管理士として活躍できるでしょう。

気が弱い人は常に悪いことを考えて行動しています。そのため、最悪の事態を想定しながらリスクに備えるのが仕事である企業危機管理士はぴったりの職業です。

協調性があるから

企業危機管理士は、さまざまなトラブルを対処する必要があります。しかし、企業トラブルには多くの種類があるので、すぐに全ての知識を身につけることは難しいでしょう。そのため、ほかの人の意見を柔軟に取り入れることが大切です。また、ほかの人の意見に耳を傾けることが可能なら、多くの解決策を編み出すことができるでしょう。

気が弱い人は協調性があるので、ほかの人の意見を聞きながら企業のトラブルの対処方法や対応策を多く考えられ、会社内部のさまざまな人から感謝される危機管理士になれるでしょう。

MIIDAS

2-2.気が弱い人の適職2:カウンセラー

カウンセラーとは、依頼者の相談に乗ったり、アドバイスをしたりして、依頼者の問題や悩みの解決をサポートする職業です。気が弱い人がカウンセラーに向いている理由は、以下の通りです。

感受性が豊かだから

悩みや不安をカウンセラーに言い出しにくいと思う相談者も多くいます。そのため、相手の気持ちをくみ取ったり悩みを優しく聞き出せたりできる人が向いています。また、相談者も自覚できているので深い悩みもあるので、相談者の悩みや解決方法について相手の立場になって考えることが求められます。

気が弱い人は感受性が豊かなので、相談者の悩みを引き出し、的確な助言ができるカウンセラーになれるでしょう。

優しいから

カウンセラーは、相談者に優しく寄り添えるスキルが必要不可欠です。相槌を打ちながら、ところどころで共感ができるカウンセラーは相談者が話しやすい雰囲気を作ってくれるので、感謝されます。

気が弱い人はみんなに優しくできるので、気持ちに寄り添いながら悩みを解決できるカウンセラーになれるかもしれません。

2-3.気が弱い人の適職3:システムオペレーター

システムオペレーターとは、システムを安定して稼働させるために、サーバーやネットワークの監視や管理、保守作業などを行う職業です。気が弱い人がシステムオペレーターに向いている理由は、以下の通りです。

最悪の事態を想定しているから

システムオペレーターはマニュアル通りに作業をすれば良い仕事です。しかし、ミスをすればシステムが止まったり、不具合を起こしたりすることもあるので、几帳面に作業をできる人が求められます。

気が弱い人は、最悪の事態を常に想定して行動ができるので、ミスをしないように気をつけながら作業を行えます。そのため、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるシステムオペレーターになれるでしょう。

優柔不断な性格の人も働きやすいから

システムオペレーターは、パソコンに向かって監視や管理を行うことが仕事なので、システムが安定に動いている場合は追加でやる作業はありません。基本的にはマニュアル通りに作業をすればよく、暇な時間が発生すれば適度に休憩できる会社もあります。

気が弱い人は優柔不断なので、積極的に行動するのも苦手と感じるケースも多いでしょう。システムオペレーターは、IT社会に必要不可欠な職業でありながら、マニュアル通りに仕事をすればよいので、優柔不断な性格の気が弱い人にも最適な職業です。

2-4.気が弱い人の適職4:介護士

介護士とは、高齢者や障がい者の生活に従事して、身の回りのお世話をする職業です。気が弱い人が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

最悪の事態を想定しているから

介護士は、介護施設で起こった予想外の出来事を対処しなければなりません。万が一のことが起こっても冷静に対処できるように、起こりそうな問題と対応方法をあらかじめ考えておく必要があります。

気が弱い人は、悪いほうにばかり考える性格なので、万が一問題が起きたときの対処方法やや予防策を考えることができます。そのため、介護施設で大きく活躍できる介護士になれるでしょう。

協調性があるから

介護士は、職員同士はもちろん、医療従事者やリハビリ専門職、ケアマネジャーなどさまざまな立場の人と連携を取ることを求められる職業です。そのため、協調性がある人が介護士になると、円滑に介護を行え、利用者や家族に安心してもらえる介護士になれます。

気が弱い人は協調性があるので、施設の方針を理解しながら周りの行動に合わせて働ける介護士として活躍できるでしょう。

かいご畑

2-5.気が弱い人の適職5:地方公務員

地方公務員とは、都道府県や市町村などで勤務を行い、住民をサポートする職業です。気が弱い人に地方公務員が向いている理由は、以下の通りです。

優柔不断な性格の人も働きやすいから

地方公務員の業務はルーチンワーク化されており、余計なことを考えずに働くことも可能です。ルーチンワークと言っても、単調な仕事ばかりではなく挑戦しがいのある仕事も多い傾向にあるので、やりがいを感じながら働けるでしょう。

気が弱い人には優柔不断な面もあります。地方公務員は決められた仕事を行うことが多く、迷わず仕事ができるので、気が弱い人も働きやすい職業です。

優しいから

地方公務員は、市民に寄り添いながらサポートをすることを求められる職業です。また、行政サービスを市民に分かりやすく説明する必要があるので、穏やかで優しい人が向いています。

気が弱い人は誰にでも優しいので、市民の笑顔を多く見ることができる地方公務員になれるかもしれません。

2-6.気が弱い人の適職6:経理

経理とは、会社のお金や取引を管理する職業です。気が弱い人が経理職に向いている理由は、以下の通りです。

協調性があるから

経理と聞くと、地道な作業を1人で行うイメージがあるという人も多いのではないでしょうか。しかし、個人ではなくチームで仕事をしたり、各部署と連携を取ったりして仕事を行うことがほとんどなので、コミュニケーション能力や協調性を持っている人が重宝されます。

気が弱い人は協調性があり、同じ経理職の人とも違う部署の人とも円滑なコミュニケーションを取れる経理になれます。

優柔不断な性格がメリットになるから

優柔不断だと決断が遅くなってしまうという特徴があります。しかし、些細なことでもすぐに決められないのは、優れた観察眼を持っており、よい点や悪い点を多く見つけることができるためです。

気が弱く優柔不断な人が持っている観察力は、経理においても発揮できます。帳簿記入を誤った取引や金額を見つけることができ、自分のミスだけではなくほかの人のミスを直すことが可能です。

パソナキャリア

3.気が弱い人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

気が弱い人はネガティブなことも多く、すぐに気を落としてしまいます。些細なことで落ち込んだり、ストレスを溜めたりすることも多いので、「能力を正当に評価してくれる」仕事や会社を選ぶと、自信を持って働けるようになるでしょう。評価される機会が多い仕事や会社の特徴は、下記の通りです。

評価される機会が多い仕事や会社の特徴   

・社会に貢献できる

・感謝されることが多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

 

ただし、気が弱い人の性格や特徴にはメリット・強みとなるものも複数あります。そのため、気が弱いということを無理に直さなくても良いということを忘れないでください。

 

4.まとめ

気が弱い人には「企業危機管理士」「カウンセラー」「システムオペレーター」「介護士」「地方公務員」「経理」といった職業が向いています。また、評価してもらえる機会が多い仕事や会社を選ぶと、気が弱い人も自信をつけられるでしょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア