あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

サバサバしている人に向いてる仕事!特徴や性格も簡単に解説

いつもあっさりしているので、「サバサバした性格だね」と言われたり、思われたりしたことがある人も少なくありません。実は、サバサバした人には、仕事を行う上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、サバサバしている人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、サバサバしている人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.サバサバした人の特徴とは|性格や心理も

「サバサバ」とは、物事に執着せずにさっぱりとしている様子を意味します。サバサバしている人と一緒にいるとナチュラルな状態でいられるので、同性・異性限らず多くの人から好かれます。

以下では、サバサバしている人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.サバサバしてる人の特徴1:はっきりと発言できる

サバサバしている人は自分の意見をはっきりとわかりやすく発言できます。また、気を配りながら、相手が傷つかない言葉選びを行うことも可能です。

1-2.サバサバしてる人の特徴2:ポジティブで前向き

サバサバしている人はプラス思考なのでくよくよ悩むこともなく、気持ちの切り替えも早いです。また、人の悪口や愚痴など、ネガティブな発言もしません。

1-3.サバサバしてる人の特徴3:気配り上手

気配りや思いやりも欠かさないところもサバサバしている人の特徴です。周りの状況を冷静かつ的確に判断し、積極的に行動をすることもできます。

1-4.サバサバしてる人の特徴4:決断力がある

サバサバしている人は、判断に必要な情報を収集して、自分の意思で決断を行うことが可能です。頭の回転も速いので、大切な仕事を任されたりするケースも多いでしょう。

1-5.サバサバしてる人の特徴5:コミュニケーション能力が高い

サバサバしている人は同性・異性に限らずどのような人とも平等にコミュニケ-ションを取れます。人によって態度を変えることもしないので、さまざまな人に好かれやすく、自然と交友関係が広くなっていきます。

2.サバサバした人に向いてる仕事

サバサバしている人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてみてください。

以下では、サバサバしている人におすすめの職業を解説します。

2-1.サバサバしてる人の適職1:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。サバサバしている人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブで前向きだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

サバサバしている人はポジティブなので、成果が出なくても、積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

コミュニケーション能力が高いから

研究職と聞くと、1人で研究室にこもって仕事を行うイメージを抱く人も珍しくありません。しかし、チームを組んで働き、定期的に研究成果の報告や会議を開く場合も多い傾向です。また、ほかの部署とも連携をとらなければならず、コミュニケーション能力が求められます。

サバサバしている人は、誰とでも物怖じせずに会話を行えます。そのため、よく笑う人が研究員になって持ち前のコミュニケーション力を生かして仕事を行うと、自身の成果をほかの人に認められやすくなるでしょう。

MIIDAS

2-2.サバサバしてる人の適職2:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。サバサバしている人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

決断力があるから

優れた商品を多く開発するには、スピーディに決断する力も必要です。意思を突き通すだけではなく、何度も実用化に失敗してしまう商品を潔く諦めることも、ときには必要なのです。

サバサバしている人は決断力があり、正しく優れた判断ができるので、生み出した商品を世に出すために尽力することが可能です。

ポジティブで前向きだから

商品開発職では、自分がよいと思ったアイデアをダメ出しされる場合も多くあります。そのため、ダメ出しをされる度に落ち込み、アイデアを出すことが怖くなってしまう人にとっては、商品開発職は辛いと思うかもしれません。

一方で、サバサバしている人はポジティブで気持ちの切り替えが早く、ダメ出しをされてもめげずにアイデアを出し続けられるので、よりよい商品を生み出しやすいでしょう。

2-3.サバサバしてる人の適職3:弁護士

弁護士とは、高度な法律の知識を武器に、事件の対処方法や解決策をアドバイスする職業です。医師と公認会計士に並ぶ、三大国家資格の一つでもあります。サバサバしている人が弁護士に向いている理由は、下記の通りです。

気配り上手だから

弁護士は、依頼者と密接にかかわる職業です。配慮や気遣い、礼儀なども必要なので、社交性がある人が向いています。

サバサバしている人は気配り上手なので、言動に配慮しながら仕事を行い、依頼者に感謝される弁護士になれるでしょう。

決断力があるから

弁護士は法律のプロと言っても、すべての案件・依頼を完璧にこなせるわけではありません。できない依頼をいつまでも引きずっていたり、依頼者が望んでいる条件にこだわり続けていたりしては、依頼者にとって悪い事態になる場合も多くあります。そのため、できない依頼や条件に関して早めに決断し、依頼者に伝えることが大切です。

サバサバしている人は決断力も行動力もあるので、依頼者に迷惑をかけずに依頼をこなせる優良な弁護士となれるでしょう。

2-4.サバサバしてる人の適職4:営業

営業とは、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行い、会社の利益を上げる職業です。サバサバしている人が営業職に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブで前向きだから

営業をしても制約が取れなかったり、営業先で邪険に扱われたりすることもあります。そのため、嫌な態度をとられた際に必要以上に気にしてしまう人は、営業職は辛いと思うかもしれません。

サバサバしている人はポジティブなので、失敗も前向きにとらえられます。そのため、「失敗は成功のもと」という言葉があるように、逆境をチャンスに変えてトップセールスマンになることも期待できます。

コミュニケーション能力が高いから

営業は、顧客に商品やサービスを購入してもらえるような説明をしなければなりません。

サバサバしている人は、持ち前のコミュニケーション能力で顧客との信頼関係を築き上げられることから、売れる営業マンになる可能性を秘めています。また、営業トークの間に適度な雑談を挟むこともでき、顧客の心をつかんで離さないと評判の人物にもなれるでしょう。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-5.サバサバしてる人の適職5:人事

人事とは、企業において人材に関するサポートを行う職業で、下記のような業務があります。

人事の業務内容例

人材採用 人材の募集や採用をする
人材育成 研修や教育によって社員を育成する
人事評価 スキルや成果を評価して給料や報酬で還元する
労務管理 勤怠・雇用・給与管理や社会保険・健康診断の手続きを行う
人事制度や環境の整備 社員が働きやすい環境を整える

サバサバしている人が人事職に向いている理由は、以下の通りです。

決断力があるから

人事の仕事には、正社員の解雇、派遣社員や契約社員の契約打ち切りなどの人事削減も含まれます。人事削減や人事評価を行うことは辛いと思うかもしれませんが、人事が感情や意見に流されてしまえば、企業の規則やルールが乱れて利益や生産性が落ちます。社員を大切に思う気持ちも大切ですが、人事で最も大切なのは「企業全体」を優先することです。そのため、情に流されずに自分の意思で決断できる人が人事職として適性です。

サバサバしている人は気持ちや意見に流されずに自分の意思で決断・判断できるので、公正性や公平性を保てる人事職になれます。

コミュニケーション能力が高いから

人事は、採用段階で”会社の顔”として応募者とかかわったり、社員や経営陣と良好な人間関係を築くことが求められたりするため、コミュニケーション能力が高い人が向いています。また、社内で起きたトラブルの解決役としても活躍するため、誰に対しても平等に接することができる人も求められます。

サバサバしている人はコミュニケーション能力が高いので、会社のために尽力し、多く活躍できる人事職になれるでしょう。

2-6.サバサバしてる人の適職6:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。サバサバしている人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

はっきりと発言できるから

コンサルタントは自分の考えを臆さずお客さんに伝える職業でもあり、はきはき発言して相手にわかりやすく伝える力を持っている人がコンサルタントとして活躍できます。

さらに、コンサルタントが仕事を進めるにあたり、意見がぶつかることは避けられません。また、意見が対立したとしても、自分の考えが本当に必要なことであれば、考えを主張したほうがよいでしょう。

サバサバしている人は自分の意見もしっかり伝えられるので、お客さんとよりよい信頼関係を築けるコンサルタントになれるでしょう。

ポジティブで前向きだから

課題を解決し、成功に導くためには粘り強さが必要不可欠です。ポジティブに考え、地道な努力とプレッシャーに負けない意識を持つ人は、コンサルタント業界で強く求められています。

しつこい人はポジティブで、諦めずに粘り強く頑張れる力を持っているので、コンサルタントとして労力や時間をかけなければならない場面でも、成功するまで継続できます。

パソナキャリア

3.サバサバした人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

サバサバしている人は性格面で優秀であり、どの職業を選んでも活躍することが可能です。そのため、「会社に貢献できるか」ではなく、「やりがいを感じるか」といった視点で仕事を選びましょう。やりがいを感じられる仕事や会社の特徴は、下記の通りです。

やりがいを感じられる仕事や会社の特徴 

■周囲から評価される機会が多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

・感謝されることが多い

・社会に貢献できる

 

■将来性がある

・自分も成長できる

・職業の将来性がある

 

4.まとめ

サバサバしている人には「研究職」「商品開発」「弁護士」「営業」「人事」「コンサルタント」といった職業が向いています。また、ストレスを溜めずに働くためにも、やりがいのある仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア