あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

ヒステリックな人に適職や天職はある?性格を生かせる仕事を紹介

つい感情的になってしまい、「ヒステリックだ」と言われた経験はありませんか?ヒステリックな人の特徴や性格にはデメリットしかないと思われがちですが、実は、仕事を行う上でメリットとなるものも複数存在します。

そこでこの記事では、ヒステリックな人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、ヒステリックな人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.ヒステリックな人の特徴|性格や心理も

ヒステリックとは、感情的になってしまい、激しく泣いたり怒ったりするという意味です。ヒステリックな人は些細なことでも不安になり、情緒不安定なことが多い傾向です。

以下では、ヒステリックな人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.ヒステリックな人の特徴1:認められたい

ヒステリックな人は自己顕示欲や承認欲求が強く、「ほかの人から認められたい」と考えています。認められなければ攻撃的になってしまうこともあり、ほかの人がびっくりしてしまうことも多いでしょう。

1-2.ヒステリックな人の特徴2:流されない

ヒステリックな人はほかの人の意見や感情に流されず、自分のスタイルを貫きます。否定的な意見を受ければ、ヒステリックになってしまうことも珍しくありません。

柔軟性がないと思われてしまうことがある一方、芯の通った人と尊敬される場合もあります。

1-3.ヒステリックな人の特徴3:心配性

ちょっとしたことですぐに心配になってしまうのも、ヒステリックな人の特徴です。不安感が募って心の余裕がなくなり、すぐに嫉妬してしまうケースもあります。

1-4.ヒステリックな人の特徴4:感情表現が豊か

ヒステリックな人は感情をコントロールできませんが、「素直で感情表現が豊か」と言い換えることも可能です。イライラしているときに怒り、悲しいときに泣くことができるので、裏表のない性格であるとも言えるでしょう。

また、楽しいときや嬉しいときにも素直に感情を表現でき、ピュアな人と思われることも珍しくありません。

2.ヒステリックな人に向いてる仕事

ヒステリックな人は、働く上で強みになったり、適職選びに役立ったりする特徴や性格もあります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職を探しましょう。

以下では、ヒステリックな人におすすめの職業を解説します。

2-1.ヒステリックな人の適職1:タレント

タレントとは、トークを行って場を盛り上げる職業です。テレビだけではなく、舞台やイベント、雑誌などで活躍するタレントも少なくありません。ヒステリックな人にタレントが向いている理由は、以下の通りです。

認められたいから

タレントは不特定多数の人の前で仕事を行うため、注目を浴びられます。さらに、有名タレントとして各種メディアに多く呼ばれるような人物になれば、多くの人に自分の存在を認めてもらうことも可能です。

ほかの人に認められたいと考えているヒステリックな人は、ちやほやされることも多いタレントになるのがおすすめです。

感情表現が豊かだから

ほかの人と差別化できるタレントになるには、自己表現を行うことが大切です。また、大勢の前でも緊張せずに素直で自分らしくいられる能力を身につけると、どの場所でも活躍できるでしょう。

ヒステリックな人は感情表現も自己表現もできるので、メディアで見ない日はない大物タレントになれるかもしれません。

パソナキャリア

2-2.ヒステリックな人の適職2:芸術家

芸術家とは創造活動をする職業で、ジャンルは下記の通り多岐にわたります。

ジャンル
美術系 絵画・彫刻
音楽系 作詞作曲・演奏・歌唱
身体表現系 舞踏・演劇
工芸系 陶芸

ヒステリックな人が芸術家に向いている理由は、以下の通りです。

流されないから

ほかの人の意見や感情に流されず、自由で常識にとらわれない独自の世界観を持っていれば、ほかの芸術家と差別化ができるでしょう。

ヒステリックな人は流されないため、クリエイティブな活動にも向いています。未経験でも、挑戦してみれば世間に強い影響を与えられるような芸術家になれるかもしれません。

感情表現が豊かだから

自分のアイデアや感情を芸術にぶつければ、オリジナルの雰囲気を出せます。また、常識にとらわれず、自己表現をして独特なセンスを光らせれば、優れた芸術を創造するのに一役買うでしょう。

ヒステリックな人は感情表現が豊かです。そのため、感じたことを芸術で表現できれば、世の中に強い影響を与えられるような芸術家になることも可能です。

2-3.ヒステリックな人の適職3:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。ヒステリックな人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

認められたいから

コンサルタントは、年収や評価を実力主義・成果主義によって決められます。能力やスキル、会社にもたらした利益などによって年収や評価が決まり、モチベーションを上げながら働くことが可能です。

ヒステリックな人は承認欲求や自己顕示欲が強いため、実力主義や成果主義など、ほかの人に認められていることを目に見えて感じられる仕事が向いています。そのため、スキルや能力をしっかりと身につけ、どの分野でも活躍できるコンサルタントになれるでしょう。

流されないから

コンサルタントが仕事を進めるにあたり、意見がぶつかることは避けられません。しかし、意見が対立したとしても、自分の考えが本当に必要なことであれば、考えを主張したほうがよいでしょう。また、対立時に芯がぶれる人は、お客さんから「頼りない」と思われる場合もあります。

ヒステリックな人はほかの人の意見に流されず、自分の考えを主張できるので、お客さんと良好な信頼関係を築けるコンサルタントになれるかもしれません。

MIIDAS

2-4.ヒステリックな人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。ヒステリックな人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

認められたいから

現代社会はIT技術に頼り切っている部分も多い傾向です。そのため、IT技術のプロであるプログラマーは、必要不可欠かつ重宝される職業だと言えます。

ヒステリックな人は、他者から認められたいと常に思っているでしょう。プログラマーは最先端の専門技術を扱って仕事を行うので世界中から認められる職業であり、認められたいと考えているヒステリックな人にもおすすめです。

心配性な性格がメリットになるから

プログラマーがシステムやアプリケーションを作る際、動作確認をしながら作業を行うと、ミスやバグを減らせます。

ヒステリックな人は心配性で、ミスをしないように念入りにチェックできます。そのため、クオリティの高いものを作れるプログラマーとして、クライアントや同僚・上司に尊敬される人材になれるでしょう。

2-5.ヒステリックな人の適職5:裁判官

裁判官とは、中立性を保ちながら、被害者と加害者の両者の主張を聞き、正しい判決をする職業です。ヒステリックな人が裁判官に向いている理由は、以下の通りです。

認められたいから

裁判官になるには、三大国家資格の1つである「司法試験」に合格しなければなりません。さらに、司法試験の合格者の中でも特に優秀な人だけが裁判官になれると言われています。

ヒステリックは、ほかの人から認められたいという気持ちが強いです。裁判官は、司法試験での努力や人柄が認められた結果として就ける職業なので、承認欲求や自己顕示欲も満たせるでしょう。

流されないから

裁判の当事者が感情を込めて発言することはあっても、判断を行う裁判官が感情に流されてはなりません。感情に流されてしまえば、間違った判決を下す可能性があります。そのため、裁判官には、世の中の意見や、自分・裁判当事者の感情に流されず、公正な意見をしっかりと持って的確な判断を行うことが求められています。

ヒステリックな人は人々の意見に流されることがなく、中立な立場を維持できるため、裁判官になると的確な判断を行うことが可能です。

2-6.ヒステリックな人の適職6Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。ヒステリックな人がWebデザイナーに向いている理由は、下記の通りです。

心配性の人も働きやすいから

インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。

その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと、複数の働き方ができることも特徴的です。

ヒステリックな人は心配性で、「周りの人にどう思われているか分からなくて怖い」「仕事が遅いと思われていたらどうしよう」など、不安に思うことも多いでしょう。Webデザイナーは在宅で仕事ができるので、ヒステリックな人が人目を気にせず働けます。

感情表現が豊かだから

Webデザイナーは、絵を描くことや物作りが好き人に向いています。感性やセンスを求められるケースもあり、アイデアをデザインに落とし込める人が活躍しやすい職業です。

ヒステリックな人が持つ豊かな感情表現を仕事に生かすには、クリエイティブな職業がおすすめです。独特のセンスを光らせれば、デザイン未経験でもあっという間に高収入を得られるかもしれません。

本業にも、副業にも、おこづかい稼ぎにもおすすめなクラウドソーシングは↓↓

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

クラウディア(ワーカー募集)

2-7.ヒステリックな人の適職7:営業

営業とは、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行い、会社の利益を上げる職業です。ヒステリックな人が営業職に向いている理由は、以下の通りです。

認められたいから

営業は、基本給与とは別に、歩合やインセンティブがもらえることがほとんどです。明確な規定は会社によって異なりますが、頑張れば頑張った分だけ給料が上がり、モチベーションを上げながら働きやすい仕事です。

ヒステリックな人は承認欲求や自己顕示欲が強く、ほかの人から認められたいと考えています。営業であれば評価が給料に直結するだけではなく、ほかの人から尊敬されたり褒められたりすることも多いため、ヒステリックな人も楽しみながら続けやすいでしょう。

心配性な性格がメリットになるから

契約につなげるには、誠実な対応を行って顧客に信頼されることが大切です。

ヒステリックな人は心配性で、顧客に誠実な対応が行えます。また、些細なことでも心配になってしまうので、顧客の問題点や課題も豊富に思いつくでしょう。自分の会社だけではなく顧客にとってもメリットになる提案が行えるため、顧客とよい信頼関係を築けてトップセールスマンになることも期待できます。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

3.ヒステリックな人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

ヒステリックな人は、自分をうまくコントロールできないので、ストレスが多く溜まります。その逆で、ストレスが溜まっているためヒステリックになっている人も少なくありません。

また、些細なことでも不安になったり情緒不安定になったりするため、「ストレスが溜まりにくいか」といった点を重視して仕事や会社を選びましょう。

ストレスが溜まりにくい仕事や会社の特徴は、下記の通りです。

ストレスが溜まりにくい仕事や会社の特徴 

・人間関係が良好

・残業が少ない

・プレッシャーが少ない

・精神的・肉体的な疲労が少ない

 

また、ワークライフバランスが取れる仕事・会社を選ぶことも、ストレスのない生活を送る上では大切なことです。ワークライフバランスを実現させるためには、下記の条件をチェックすることが大切です。

ワークライフバランス実現のための必須条件  

・残業が少ない

・有給休暇が取得しやすい

・年間休日が120日前後である

 

また、必須ではありませんが、下記の条件を満たす会社を選ぶと、ワークライフバランスを取れる可能性をさらに高められます。

ワークライフバランス実現のための任意条件  

・短時間勤務制度

・充実した福利厚生

・フレックスタイム制度

 

4.まとめ

ヒステリックな人には「タレント」「芸術家」「コンサルタント」「プログラマー」「裁判官」「Webデザイナー」「営業」といった職業が向いています。また、長く続けられる仕事や会社を選ぶには、ストレスが溜まりにくいかといった点を重視することが大切です。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア