あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

インドア派向けの職業とは?人とかかわらない仕事はある?

 

休日は外に出かけるのではなく、まったり映画鑑賞をしてごろごろするというインドア派にとって、1人でゆっくりできる時間は至福です。しかし、インドア派か否かにかかわらず、家から出て仕事をしなければならない場面は少なくありません。

そこで今回は、インドア派に向いている職業について解説します。インドア派が重視すべき仕事・会社の選び方も紹介するため、家にこもって1人でいることが好きな人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.インドア派ってそもそも何?

インドア派とは、室内で活動することを好む人たちのことです。インドア派の趣味は下記の通り、屋内で完結するものがほとんどです。

インドア派の趣味の例

・読書

・料理

・ゲーム

・映画鑑賞

・アニメ鑑賞

 

インドア派は、アウトドアでの活動を苦手とすることも多く、外に出かけることは好みません。家の中が一番リラックスできる環境と考え、休日は家でまったりして過ごすことが多いことが特徴的です。

2.インドア派の特徴

室内を好む人の中には「家の中が一番」という完全にインドア派である人や、「映画館やカフェなら行くことができる」という外でのインドアを楽しむ人など、さまざまなタイプが存在します。しかし、すべてのインドア派に共通する性格や心理などの特徴があります。

以下では、インドア派の特徴を解説します。

2-1.インドア派の特徴1:人とかかわることが苦手

インドア派は、人とかかわりを持つことを好まないため、常に1人でいたいと考えています。そのため、外出をしてグループで群れるよりも、1人で家にいるほうが気楽なことが多い傾向です。

インドア派も、用事がある際は仕方なく出かけます。しかし、インドア派がコンビニ店員やスーパーの店員といった赤の他人とかかわると、疲労を感じる原因となります。

2-2.インドア派の特徴2:マイペース

インドア派には「自分のペースを乱されたくない」「急かされずにのんびりリラックスしたい」と思っている人が多い傾向です。

1人で家にいれば、誰にも気遣うことなくマイペースに過ごせます。自分のペースを守ることが、ストレスを溜めず生きることにつながるため、マイペースを保ちます。

2-3.インドア派の特徴3:体力がない

インドア派は、休日は外出せずに家でリラックスしていることが多いため、体力がなく疲れやすいケースも珍しくありません。通学・通勤以外で日常的に体を動かす習慣がなければ、体力や筋肉量が落ち、疲労が溜まりやすい体になります。

さらに、インドア派が人の多い場所に行くと体力を消耗するため、帰宅後はベッドに直行して、疲労を回復するためにそのまま眠ってしまうこともあります。

2-4.インドア派の特徴4:感情表現が苦手

人とかかわる機会が少ないため、感情表現を行う機会がほとんどないこともインドア派の特徴です。

さらに、自分の気持ちに素直になり、他人に意見や自己主張をすることも苦手です。いざ喜怒哀楽を表そうとしても、すぐに感情表現を行えないことも珍しくありません。

2-5.インドア派の特徴5:集中力が高い

インドア派は、室内で一日中趣味に没頭するための集中力を持っています。好きなことをやっている時間があっという間に過ぎ、朝やり始めたにもかかわらず気づけば夜になっていたということもよくあります。

加えて、手先の器用さや芸術の才能なども相まって、趣味の完成度が著しく高いことも特徴的です。

3.インドア派に向いてる職業7選

室内でゆっくり過ごすことが好きなインドア派の性格は、仕事を行ううえでメリットとなることが多い傾向です。しかし、仕事をする際にデメリットとなる性格も存在します。インドア派が職業選択をする際は、よい性格だけではなくデメリットとなる性格も着目すると、ストレスのな職業選びを行えます。

以下では、インドア派に向いている職業を7つ解説します。

3-1.インドア派の適職1:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。インドア派がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

人とかかわることが苦手でも働きやすいから

プログラマーは、フリーランスとしても活躍できます。フリーランスプログラマーとなり家で仕事を行うと、人とのかかわりを最小限に抑えることができます。

そのため「家から一歩も出たくない」「人とかかわりたくない」と考えるインドア派にもおすすめの職業です。

マイペースに働けるから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあれば、マイペースに仕事を行えるため、マイペースな性格のインドア派に向いている職業です。

3-2.インドア派の適職2:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。インドア派がWebデザイナーに向いている理由は、以下の通りです。

集中力が高いから

Webデザイナーは、インドア派の中でも絵を描くことや物作りが好きな人に向いています。また、インドア派は集中力が高く、芸術的な感性にも優れていることが多いため、ハマれば一生モノとなる仕事です。

感情表現が苦手な人でも働きやすいから

インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと、複数の働き方ができることも特徴的です。

感情表現が苦手で人付き合いを苦手としているインドア派も、適した働き方を選ぶことでストレスなく働けます。

 

本業にも、副業にも、おこづかい稼ぎにもおすすめなクラウドソーシングは↓↓

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

クラウディア(ワーカー募集)

3-3.インドア派の適職3:ライン作業

ライン作業とは、ベルトコンベアーに流れてくる部品を組み立てて、製品を作る仕事です。ライン作業では、下記のような業務を行います。

ライン作業の業務例

・部品の組み立て

・食品の製造・梱包

・化粧品の容器詰め・ラベル貼り

 

インドア派がライン作業に向いている理由は、以下の通りです。

人とかかわることが苦手でも働きやすいから

ライン作業では、チーム内で生産目標を立てていることもありますが、ライン作業自体は1人で行います。人とかかわることなく黙々と働けるため、人とのかかわりを避けたいと考えているインドア派が働きやすい環境です。

集中力が高いから

ライン作業は、不良品の生産を防ぐためにも高い集中力を必要とします。インドア派は日常的に繊細な趣味を行っていることも多く、集中力が高い傾向です。

ライン作業はマニュアルが徹底されており、作業工程を覚えさえすれば、インドア派が持っている集中力により高品質な製品を一気に完成させることが可能です。

3-4.インドア派の適職4:施設警備員

施設警備員とは、ビルや商業施設などで、事故・事件を防ぐために警備を行う職業です。インドア派が施設警備員に向いている理由は、以下の通りです。

人とかかわることが苦手でも働きやすいから

施設警備員は、ほかの人と会話をすることなく業務を行えます。そのため、良好な人間関係を構築することが苦手なインドア派におすすめの職業です。

体力がなくても働きやすいから

施設警備員はビルや商業施設で仕事を行うため、工事現場などの危険な場所で勤務することは少なく、屋内での警備が多い傾向です。屋内で仕事を行えるため、日光に照らされて体力を消耗することがなく、屋外での勤務よりも体力を必要としません。

インドア派は、あまり外出をしないため体力がないことも珍しくありません。施設警備員であれば体力がなくても働けるため、インドア派も働きやすいでしょう。

3-5.インドア派の適職5:歩合制のポスティング

ポスティングとは、チラシやビラなどを直接ポストに投函する仕事です。時給・日給制よりも、1枚チラシを配るごとに給料が発生する歩合制を採用している職場が多い傾向です。インドア派が歩合制のポスティングに向いている理由は、以下の通りです。

マイペースに働けるから

歩合制を採用している職場は、時間や休憩時間などは、各々が自由に決めることが可能です。また、服装や髪型も自由なケースが多く、さまざまな面で自由度が高い仕事です。

また、人の目を気にせずマイペースに働けることから、インドア派が続けやすい仕事でもあります。

体力を養えるから

歩合制のポスティングは、徒歩や自転車、バイクなどで業務を行います。インドア派は体力のなさに悩まされることもありますが、ポスティングを通じて体力をつけ、健康を高めることができます。

3-6.インドア派の適職6:翻訳家

翻訳家とは、外国語を日本語、または日本語を外国語に訳す職業です。インドア派が翻訳家に向いている理由は、以下の通りです。

集中力が高いから

翻訳家は、何時間も机に向かって正確な翻訳を行わなければならないため、高い集中力が必須スキルです。インドア派は集中力が高く、翻訳スキルさえあれば繊細でスピードの高い翻訳を行うことができます。

感情表現が苦手でも働きやすいから

正確な翻訳を仕事とする翻訳家は、各個人の感情を翻訳に反映する必要がありません。ただし、さまざまな言葉で多彩な翻訳をすることも求められます。

インドア派は感情表現が苦手なことに加え、ドラマやアニメなどでさまざまな言葉に触れて日々語彙力を養っています。そのため、翻訳スキルさえあれば、正確な翻訳と美しい言葉の数々が評判の翻訳家になれます。

3-7.インドア派の適職7:品質管理職の薬剤師

薬剤師とは、医薬品の知識を活かし、人々の健康を支える職業です。品質管理を行う薬剤師の仕事内容は、販売前の医薬品や化粧品を、科学試験により調査することです。インドア派が品質管理の薬剤師に向いている理由は、以下の通りです。

集中力が高いから

品質管理を怠れば、使用者の身体的・精神的なトラブルにつながることがあるため、正確な調査を行わなければなりません。さらに、膨大な量の監査を行わなければならず、高い集中力が求められます。

インドア派は集中力が高く、品質管理職の薬剤師になることで、消費者の安全をしっかりと守ることができます。

感情表現が苦手でも働きやすいから

ドラッグストアや調剤薬局で働く薬剤師は、顧客と密接にかかわらなければなりません。一方、品質管理であれば機械的に仕事をこなせるため、感情表現が苦手で顧客に話を聞くことが不得意なインドア派でも働きやすい環境です。

 

パソナキャリア

3.インドア派におすすめの仕事・会社の選び方

インドア派の仕事・会社選びでは、以下の通り「安定」を取るか「自由」を取るかに着目しましょう。

安定を取る

インドア派は、刺激よりも安定を選ぶことが多い傾向です。外に出てたくさんの刺激を受けることより、リラックスできる室内で控えめに楽しむことを選びます。

インドア派が刺激を受けることが苦手なのは、仕事に対しても同じです。ITなど業界が衰退しづらい職業や、定年まで雇用し続けられる会社を選ぶことで、転職や再就職といった刺激を受けずに済みます。

自由を取る

フリーランスや自営業では安定はしませんが、仕事を行う時間や場所を自由に選択できます。さらに、人とかかわりの少ない職業も、マイペースに働くことができます。そのため、自分のペースで仕事がしたいと考えるインドア派には最適な働き方です。

刺激を受けず控えめに過ごすか、自由を取ってマイペースに仕事を行うかは、あなた次第です。

4.まとめ

インドア派は「プログラマー」「Webデザイナー」「ライン作業」「施設警備員」「歩合制のポスティング」「翻訳家」「品質管理職の薬剤師」といった職業に就くことがおすすめです。また、ストレスの少ない環境で働くためにも、仕事・会社選びでは「安定」「自由」のいずれかを重視しましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア