あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

革新的な人に向いてる仕事7つ!特徴や性格を活かせる職業とは?

新しい方法や常識を覆す方法を思いつき、「革新的な性格の人だ」と思われている人は珍しいでしょう。実は、革新的な人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格も複数あります。

そこでこの記事では、革新的な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、革新的な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.革新的な人の特徴|性格や心理も

革新的とは、制度や習慣などを見直し、新しく変えることを意味します。革新的な人はチャレンジ精神が旺盛ですぐに行動に移せるため、リーダーやまとめ役に最適です。

以下では、革新的な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.革新的な人の特徴1:飽きやすい

革新的な人は熱しやすく冷めやすい部分があります。興味を持っている際は集中して作業をし、クオリティの高いものを作れますが、すぐに飽きる場合も多いでしょう。

1-2.革新的な人の特徴2:クリエイティブ

革新的な人は創造的なので、アイデアを出したり、物を生み出したりすることに長けています。不満点を指摘し、実際に改善することも可能なので、環境をより良いものにできます。

1-3.革新的な人の特徴3:好奇心旺盛

新しい情報を仕入れるのが好きで、未知の物事に強い興味を示すところも、好奇心旺盛な人の特徴です。経験も豊富なので、自分の経験から革新的な思考を生み出すことも珍しくありません。

1-4.革新的な人の特徴4:行動力がある

革新的な人は失敗やミスを恐れず行動できます。さらに、計画を立てずにがむしゃらに行動するのではなく、事前に調べたり、慎重になったりしながら行動できるので、物事を成功させやすいでしょう。

2.革新的な人に向いてる仕事

革新的な人には、働く上で強みとなる特徴や性格があります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、革新的な人におすすめの職業を解説します。

2-1.革新的な人の適職1:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。革新的な人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

飽きやすい性格の人も働きやすいから

お客さんの数だけ悩みや課題、適した解決策は違います。プロジェクトによって仕事内容が異なるので、単調な作業が苦手な人や、熱しやすく冷めやすい人も、コンサルタントなら長く続けやすいでしょう。

新しい人や企業と出会う機会も多い職業なので、革新的な人のように飽き性な人も楽しんで働けます。

行動力があるから

コンサルタントは、お客さんの課題や問題を解決するためにも、すぐに行動に移せる力を持っている人が求められています。市場調査や内部調査を行いながら解決方法を探れると、プロジェクトが成功へと近づくでしょう。

革新的な人は行動力があるので、お客さんの問題解決を行うために尽力でき、多くの人から感謝をされるコンサルタントになれます。

2-2.革新的な人の適職2:Webライター

Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職業です。革新的な人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

クリエイティブだから

Webライターは、文章を生み出すクリエイティブ職です。そのため、自由な発想ができる人が向いています。

また、Webライターは正確な情報を記載することが求められますが、ほかのWebライターとの差別化を行うためにも個性を活かしたテーマや文章を作成することも大切です。

革新的な人はクリエイティブでセンスがいいので、文章を生み出すことも苦ではなく、華麗な言葉選びも生かせる人気Webライターになれるでしょう。

好奇心旺盛だから

企業に属したり、フリーランスとして仕事を受注したりするWebライターは、旅行やグルメなど、特定のジャンルの文章を書くことも多い傾向です。しかし、全く知識のない出来事について記事を作成するケースもあります。知見のないジャンルでも臆さずにリサーチや取材を行うためには、革新的な人に見られるような好奇心旺盛な性格が必須条件です。

革新的な人は、分からないジャンルでも興味を持ってリサーチできるので、Webライターに向いています。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-3.革新的な人の適職3:システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、システムやソフトウェア開発を行う職業です。プログラミングやテストなどの下流工程を行うプログラマーとは違い、企画や顧客へのヒアリング、設計書・仕様書の作成などの上流工程を担当します。

革新的な人がシステムエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

好奇心旺盛だから

システムエンジニアは日々進化し続けるIT社会に対応するためにも、常に技術や知識を磨くことが大切です。そのため、休日や仕事終わりにも進んで勉強を行える人は優秀なシステムエンジニアになれるでしょう。

革新的な人はチャレンジ精神や好奇心が旺盛で、常に新しいことに挑戦したいと考えています。システムエンジニアは、成長し続けるIT社会を支える職業であり、さまざまなことに挑戦できるので、革新的な人にもぴったりです。

行動力があるから

システムエンジニアは、月単位や年単位でプロジェクトを担当します。また、納期も細かく設定されることも多く、スケジュールを立てながら目標に向かって行動できる力が求められます。

革新的な人は計画性が高いだけではなく、計画実行力や目標遂行能力、行動力もあるので、お客さんからも同僚からも信頼されるシステムエンジニアになれるでしょう。

2-4.革新的な人の適職4:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。革新的な人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

クリエイティブだから

商品を実際に形にするには、高い発想力が欠かせません。常識では思い浮かばないような発想は、新規商品を生み出すのに役立ちます。

革新的な人はクリエイティブなので、さまざまなアイデアを生み出せます。そのため、商品開発の職に就くと、自由な発想で人々の役に立つような商品を作り上げることが可能です。

行動力があるから

商品開発を行うためには、実用化に失敗した商品を分析することが欠かせません。また、イメージやアイデアを実現させるために上司や同僚、ほかの部署や顧客などに情報を聞かなければならず、行動力が求められます。

革新的な人は好き嫌いにかかわらずどのようなことでも行動することができ、生み出した商品を世に出すために尽力できます。

2-5.革新的な人の適職5:企画

企画とは、課題を解決するために新しいアイデアを立案して実行する職業で、「商品企画」「営業企画」「宣伝・広告企画」などがあります。革新的な人が企画職に向いている理由は、以下の通りです。

好奇心旺盛だから

企画のアイデアを練るためには、商品の情報やマーケティングだけではなく、業種や流行など、幅広い知識を持っていなければなりません。

さまざまなことに興味を持ち、アイデアを出せる革新的な人にとって、企画職は適職であると言えます。

行動力があるから

アイデアを練るためには、商品に関する情報やマーケティングだけではなく、業種や流行など、幅広い情報を収集するために行動しなければなりません。

革新的な人は、初めてのことでも臆さずに挑戦できる行動力を持っています。そのため、行動力を生かして世の中のニーズに合致した企画を行える人物になれるでしょう。

2-6.革新的な人の適職6:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。革新的な人がWebデザイナーに向いている理由は、以下の通りです。

クリエイティブだから

Webデザイナーは、絵を描くことや物作りが好きな人に向いています。感性やセンスを求められるケースもあり、クリエイティブな人が活躍しやすい職業です。

革新的な人はクリエイティブで、天性のセンス・感性を持っているので、デザイン未経験でもあっという間に高収入を得られるWebデザイナーになれるかもしれません。

好奇心旺盛だから

インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。

その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと複数の働き方ができるので、ライバルも当然多くいます。そのため、仕事を獲得するには、ほかの人より高いスキルを身につけることが必要不可欠です。

革新的な人は好奇心旺盛なので、ライバルを蹴落とせるような圧倒的な技術を身につけ、大きな信頼を得られるWebデザイナーになれるでしょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-7.革新的な人の適職7:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。革新的な人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

好奇心旺盛だから

研究職は、未知の物事を見つけなければならず、知らないことや分からないことについて興味を持ち、深く追求することが求められます。

革命的な人は好奇心も探求心も強く、存在しないものに関して強く興味を抱きます。そのため、探求心が強いという性格を活かして答えを出すまで根気強く研究することができるため、新時代の技術開発に大きく貢献できる研究員になれるでしょう。

行動力があるから

研究を成功させるには、計画を立てながらも積極的に行動することが大切です。周りが「無理」「無謀」と言う事象であっても、少しでも希望があれば行動すれば、よりよい研究ができるでしょう。

革新的な人は行動力があるので、研究が少しでも多く成功する研究員になれるかもしれません。

MIIDAS

3.革新的な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

革新的な人は行動力があり、リーダーになれる資質があります。良いポジションに置いてくれる会社であれば、特徴や性格を最大限に活かせるでしょう。

ただし、革新的な人は、意見が通らなければ攻撃的になったり、反抗的な態度を取ったりすることもあるため、そのときはブレーキをかけて止めてくれる上司や同僚がいるなど、働く環境に恵まれている仕事や会社を選ぶと成功できます。

働く環境が良いかどうかは、口コミをチェックしたり、面接や職場見学をしたりすると確認できます。

4.まとめ

革新的な人は、「コンサルタント」「Webライター」「システムエンジニア」「商品開発」「企画」「Webデザイナー」「研究職」などの職業に向いています。また、働く環境に恵まれている仕事や会社を選ぶと長く働き続けられるでしょう。

「こんな仕事をやってみたい」「自分の性格に合う職業を見つけたい」「仕事もプライベートも充実させたい」「たくさん稼ぎたい」「人の役に立ちたい」など、実現したい将来はありますか?転職を成功させて夢を叶えるためにも、ぜひ転職エージェントや転職サービスに登録して求人をチェックしてください。

転職エージェントや転職サービスは複数登録すると下記のメリットがあります。

複数の転職サービスを利用するメリット  ・多くの求人情報をチェックして選択肢を広げられる
・自分に適した転職サービスを選べる
・1つの転職サービスだけでは受けきれないサービスをカバーできる
・違う視点からのアドバイスを受けられる

 

数ある転職エージェント・転職サイトの中から厳選した3つの転職サービスは下記の通りです。人気の求人は早い者勝ちなので、ぜひ3つとも登録してみてください。

【1位】マイナビエージェント

マイナビエージェントには下記の特徴があります。

マイナビエージェントの特徴・求人数が多い
・専門性が高い
・多くの業界と深いつながりがある
・40代以降の求人もある
・転職ノウハウを紹介してもらえる
・企業との給与交渉を行ってもらえる
 
マイナビエージェントは転職エージェントです。幅広い職種に対応しているだけではなく、20代・30代の求人はもちろんのこと40代以降の求人もあり幅広い年代に対応しているので、どのような人でも利用しやすいという特徴があります。
完全無料で利用できるにもかかわらずサポートも手厚いので、強くおすすめできる転職エージェントです。
 


【2位】パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアには下記の特徴があります。

パソナキャリアの特徴・求人やアドバイザーの質が高い
・求人の半数が年収800万円以上のハイクラス求人
・年収交渉に強い
・女性への転職サポートも充実している
・地方の企業の情報も入手しやすい
パソナキャリアは転職エージェントです。パソナキャリアで転職した後の年収アップ率は約67.1%です。応募前には企業の職場の人間関係や雰囲気を教えてもらえたり、面接や書類作成の手厚い指導を受けられたりするので、転職する上での不安も払拭できます。
女性の転職に関する知識が豊富な女性アドバイザーもおり、産休や育休が取りやすい職場や、女性が管理職になったケースがある職場なども教えてもらえます。完全無料なのでぜひ登録してみてください。

 


【3位】転職会議

転職会議には下記の特徴があります。

転職会議の特徴・企業の口コミの数が国内最大級
・リアルな口コミを知れる
・求人数が多い
・年収の推移を見られる

転職会議は転職サイトです。転職会議に投稿された口コミ件数は300万件以上にのぼります。年収や残業時間、社風、退職理由などの企業のリアルな口コミを見ることができるので、書類選考や面接の対策も練られるでしょう。

複数の大手転職サイトの求人情報を取り扱っているため、求人数も国内最大級です。さらに、転職会議のサービスの1つである「年収まとめ」では、年齢や勤続年数に応じた年収の推移を見られます。

 

パソナキャリア