あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

内向的な人に向いてる仕事は?性格を活かせる職業がおすすめ!

ほかの人や物事にあまり興味が沸かず、「内向的な性格」かもしれないと思ったことはありますか?実は、内向的な人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、内向的な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、内向的な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.内向的な人の特徴|性格や心理も

内向的とは、興味や関心がほかの人や物事に行くのではなく、自分の内面を重視する性格のことを言います。また、ネガティブな意味ではなく、メリットも豊富にある性格です。

以下では、内向な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.内向的な人の特徴1:頭で考えるのが好き

内向的な人は、解決方法や意見をほかの人に聞くよりも、自分の頭でじっくり考えるほうが好きです。知識欲も旺盛で、頭脳労働に向いているでしょう。

1-2.内向的な人の特徴2:単独行動を好む

内向的な人は、人間関係構築に必要なコミュニケーションは取れますが、それ以外のコミュニケーションは不必要だと思っています。そのため、複数人でワイワイはしゃぐよりも単独行動を好んで行います。

1-3.内向的な人の特徴3:集中力が高い

内向的な人は集中力が高いため、一度作業を始めると深く没頭します。黙々と作業を行うことも苦ではなく、一つの物事において専門性を深めるケースも珍しくありません。

1-4.内向的な人の特徴4:問題解決能力が高い

深くじっくり考えたり、物事を多角的にとらえたりすることができるので、問題解決能力に優れているところも、内向的な人の特徴です。常に冷静で、素早く問題を解決できるので、ほかの人から頼りにされている場合も多いでしょう。

1-5.内向的な人の特徴5:新しいスキルを身につけるのが好き

内向的な人は自分の内面に対して興味を持つため、新しいスキルや知識を身につけて自分の欠点を減らします。仕事の幅や質も大きく広がるので、給料や役職がアップする可能性も秘めています。

2.内向的な人に向いてる仕事

内向的な人には、働く上で強みとなる特徴や性格があります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてみてください。

以下では、内向的な人におすすめの職業を解説します。

2-1.内向的な人の適職1:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。外交的な人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

頭で考えるのが好きだから

コンサルタントは、特定の分野に対して深い知識を有します。また、身につけた知識を使って、お客さんの問題を解決するために試行錯誤するので、考えるのが好きな人に向いている職業です。

内向的な人はほかの人に頼るよりも自分の頭で考えたいと思っているので、お客さんの問題解決に向けて尽力できます。

問題解決能力が高いから

コンサルタントは問題を解決するプロです。思考を深めながら問題や課題を解決し、成功に導ける人は、コンサルタント業界で活躍できる素質があります。

内向的な人は問題解決能力が高いので、お客さんから頼りにされるコンサルタントになれるでしょう。

2-2.内向的な人の適職2:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。内向的な人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好むから

営業職は、自分のペース配分で仕事ができます。また、予定や営業方法も自らが決めることができる場合もあります。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

1人で行動することを好む内向的な人は、単独でも仕事ができる営業職を選ぶとストレスが少ないでしょう。

問題解決能力が高いから

営業職は、お客さんのニーズや問題を解決するために提案を行います。お客さんに対してよい対処方法や解決方法をアドバイスできる人は、トップセールスマンになれる可能性を秘めています。

内向的な人は、難解な課題もじっくり考えながら解決できるので、お客さんのニーズを読み解きながら確実に問題解決できる営業マンとして感謝されるでしょう。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-3.内向的な人の適職3:税理士補助

税理士補助とは、税務代理や書類の作成、税務相談などの仕事を通じて、税理士を補助する職業です。内向的な人が税理士補助に向いている理由は、以下の通りです。

集中力が高いから

数字を扱う税理士補助の仕事は、集中力がなければ、Excelでの集計や電卓計算でケアレスミスを連発してしまいます。税理士補助の仕事でミスがあると、後々の修正により取引先や上司に迷惑をかけたり、会社の税金が増えて従業員の給料が下がったりする可能性もあるので、注意しながら仕事を行う必要があります。

また、頭を使う処理も多く、高い集中力を持っている人が活躍できるでしょう。

内向的な人は、すでに高い集中力を養っています。そのため、税理士補助になると、ミスが少なく同僚や上司から褒められるような仕事を行えるでしょう。

新しいスキルを身につけるのが好きだから

税理士補助の仕事では、税のプロである税理士をサポートします。そのため、最低でも日商簿記2級程度の知識やスキルを求められることが多い傾向です。

また、税理士補助として仕事を行う同僚や先輩、後輩には、税理士を目指している人も非常に多いです。そのため、仕事を行いながら自分を高めることも可能でしょう。

内向的な人は、新しいスキルや知識を身につけるのが好きです。そのため、日々スキルや知識をアップデートし、確実な仕事を行える税理士補助になれます。

2-4.内向的な人の適職4:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。内向的な人がWebデザイナーに向いている理由は、以下の通りです。

頭で考えるのが好きだから

Webデザイナーは、お客さんのニーズに応えながら、美しさや使いやすさを実現することが求められます。さまざまなことを多角的に考えながら仕事をする力が必要なので、考えることが好きで得意な内向的な人にも向いています。

単独行動を好むから

Webデザイナーは、チームを組んで仕事を行う場合でも、作業中はPCに向かって1人でコツコツと仕事ができます。また、完全に1人で作業をする場合も多い状況です。

また、インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん、派遣社員やクラウドソーシング、フリーランスなどと複数の働き方ができるので、1人で働きたい人にもおすすめです。

内向的な人は、仕事をする際も1人で行動したいと考えているケースも珍しくありません。Webデザイナーは単独作業や単独行動が多く、内向的な人もストレスなく働けられる仕事です。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-5.内向的な人の適職5:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。内向的な人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

問題解能力が高いから

プログラマーがシステムやアプリケーションを作る際、「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「コードがどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、イレギュラーなことが起こっても冷静に対処できる人が向いています。

内向的な人は、問題が起こってもうろたえずに解決できるので、作業を早めに終わらせることが可能です。そのため、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるプログラマーになれるでしょう。

新しいスキルを身につけるのが好きだから

IT業界は日々進歩しています。成長し続けるIT業界の中でプログラマーとして仕事を行うには、熱心に勉強し、深く追求することが大切です。

内向的な人は、常日頃からスキルや技術を身につけるために励んでいます。そのため、内向的な人がプログラマーになることで、IT業界の最先端で活躍できる人物になることも可能です。

2-6.内向的な人の適職6:生産技術エンジニア

生産技術エンジニアとは、生産ラインや工程の設計、管理、改善などを行う職業です。内向的な人が生産技術エンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

頭で考えるのが好きだから

生産技術エンジニアは、生産ラインや工程において無駄をいかに省くかを考える職業です。また、生産現場側の視点に立って考えることも求められるので、物事を多角的に考えられる人が向いています。

内向的な人は頭で考えるのが好きで、多角的な視点を持っているので、生産技術エンジニアとして活躍できるでしょう。

集中力が高いから

生産技術エンジニアは、細やかな技術が求められます。また、ミスをすれば生産を止めて対応しなければならず、納期が遅れたり、損失が発生したりするので、高い集中力を持って作業を行うことが求められます。

内向的な人は集中力が高いので、ミスの少ない生産技術エンジニアとして、生産現場の人やお客さんに感謝される人材になれるでしょう。

2-7.内向的な人の適職7:アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとは、アプリケーションの開発や運用を行う職業です。内向的な人がアプリケーションエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好むから

アプリケーションエンジニアは、在宅ワーク・リモートワークも可能な職業です。パソコンとネット環境、アプリケーション開発の知識やスキルさえ持っていれば、在宅が可能な正社員や、どこでも仕事を行えるフリーランスなど、好きな働き方ができるでしょう。

内向的な人は単独行動が好きなので、1人で作業を行えるアプリケーションエンジニアと相性が良いです。

新しいスキルを身につけるのが好きだから

アプリケーションエンジニアは、iOSとAndroidで使用される言語が異なります。さらにはスマホアプリとWebアプリ、業務アプリなどで、よく使う言語も違います。

内向的な人は新しいスキルや知識を身につけるのが苦ではないので、日々スキルや知識をアップデートしながらアプリケーションエンジニアとして活躍できるでしょう。

3.内向的な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

内向的な人がストレスの少ない環境で働くためには、「会社の人とプライベートでのかかわりが少ないか」といった点を重視して仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

内向的な人は、良好な人間関係を築くことも難なくできます。よいチームワークも組め、仕事を円滑に進められますが、会社の飲み会などには参加をしたくないと考えています。行きたくないゴルフや飲み会なども、仕事をする上で不必要だと感じることも多いです。

そのため、プライベートと仕事の交流をしっかり区別できる職業や会社を選びましょう。

4.まとめ

内向的な人には「コンサルタント」「営業」「税理士補助」「Webデザイナー」「プログラマー」「生産技術エンジニア」「アプリケーションエンジニア」といった職業が向いています。また、ストレスを溜めずに働くためにも、プライベートにおいて会社内部の人とのかかわりが少ない職業や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア