あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

ひょうきんな人に向いてる仕事!ひょうきん者の性格を活かそう!

ユーモアのある会話で周りを明るくするため、「ひょうきんな性格だね」と言われたり、思われたりした経験のある人は少なくありません。実は、ひょうきんな人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、ひょうきんな人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、ひょうきんな人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.ひょうきんな人の特徴とは|性格や心理も

ひょうきんとは、人が笑顔になるようなおどけた言動をする様子を意味します。ひょうきんな人はほかの人を笑わせることが好きで、良いムードメーカーになる場合も珍しくありません。

以下では、ひょうきんな人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.ひょうきんな人の特徴1:ポジティブ

ひょうきんな人は前向きで明るく、いつも笑顔でいます。ひょうきんな人のポジティブな気持ちや笑顔が、周りの人にも良い影響を与えて朗らかな雰囲気を作ります。

また、気持ちの切り替えも早いので、ミスや失敗をいつまでもくよくよすることなく、成功へのバネとすることが可能です。

1-2.ひょうきんな人の特徴2:頭の回転が速い

ひょうきんな人は頭の回転が速いため、すぐにおもしろいことが思いつきます。状況に合わせて臨機応変に対応することもでき、頭が良いと思われているケースも多いでしょう。

1-3.ひょうきんな人の特徴3:社交的

ひょうきんな人は人見知りをせず、誰とでも積極的にコミュニケ-ションを取れます。活動範囲も広いので、自然と友達が増える場合も珍しくありません。

1-4.ひょうきんな人の特徴4:分け隔てなく接する

みんなに平等に接するのも、ひょうきんな人の特徴です。ひょうきんな人は、人を悪く思ったり、いじったりすることがなく、誰にでも分け隔てなく優しく接します。また、状況に合わせながら対応を変えることもできるので、老若男女問わず誰にでも好かれる傾向です。

2.ひょうきんな人に向いてる仕事

ひょうきんな人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、ひょうきんな人におすすめの職業を解説します。

2-1.ひょうきんな人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。ひょうきんな人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

営業をしても制約が取れなかったり、営業先で邪険に扱われたりすることもあります。そのため、嫌な態度をとられた際に必要以上に気にしてしまう人は、営業職は辛いと思うかもしれません。

ひょうきんな人はポジティブ思考で気持ちの切り替えも早く、失敗したとしてもいつまでも悩みません。「失敗は成功のもと」という言葉があるように逆境をチャンスに変え、トップセールスマンになることも期待できます。

社交的だから

営業は、顧客に商品やサービスを購入してもらえるような説明をしなければなりません。そのため、誰とでも会話でき、顧客の心を開かせるような会話ができる人が向いています。

ひょうきんな人は、持ち前のコミュニケーション能力で顧客との信頼関係を築き上げられることから、売れる営業マンになる可能性を秘めています。また、営業トークの間に適度な雑談を挟むこともでき、顧客の心をつかんで離さないと評判の人物にもなれるでしょう。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.ひょうきんな人の適職2:商社マン

商社マンとは、三菱商事や三井物産、伊藤忠商事などの幅広い分野で活躍する総合商社や、特定の分野で高い専門性を持っている専門商社などで、営業をはじめとする総合職として働く人のことを言います。ひょうきんな人が商社マンに向いている理由は、以下の通りです。

頭の回転が速いから

商社マンは、アイデアを出しながらさまざまなことにチャレンジすることを求められます。ルーチンワークや定型業務などはほぼなく、主体的かつ積極的に立案できる人であれば、商社マンとして大いに活躍できるでしょう。

ひょうきんな人は頭の回転が速く、アイデアも豊富に思いつきます。そのため、世界をまたにかけた商社マンとして活躍できます。

社交的だから

商社マンは売り手と買い手を繋ぐパイプ役であり、誰とでもコミュニケーションを取れる能力を求められます。また、交渉力や話術にも長けており、相手の気持ちやニーズをくみ取る力も持っていれば、ビジネスが成立しやすい傾向です。

ひょうきんな人は社交的かつ会話上手なので、さまざまな立場の人と臆さず接しながらも利害関係を調整し、グローバルな活躍ができる商社マンになれるでしょう。

2-3.ひょうきんな人の適職3:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。ひょうきんな人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

ひょうきんな人はポジティブなので、成果が出なくても、積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

分け隔てなく接するから

研究職と聞くと、1人で研究室にこもって仕事を行うイメージを抱く人も珍しくありません。しかし、チームを組んで働き、定期的に研究成果の報告や会議を開く場合も多い傾向です。また、ほかの部署とも連携をとらなければならず、誰とでも臆さずに接する能力が求められます。

ひょうきんな人は、誰とでも物怖じせずに会話を行えます。そのため、ひょうきんな人が研究員になって持ち前のコミュニケーション力を生かして仕事を行うと、自身の成果をほかの人に認められやすくなるでしょう。

MIIDAS

2-4.ひょうきんな人の適職4:社会福祉士

社会福祉士とは、心身に障がいがある人や、経済的・環境上の理由により生活が困難な人に助言や指導、援助を行う職業です。ひょうきんな人が社会福祉士に向いている理由は、以下の通りです。

頭の回転が速いから

社会福祉士に相談を行う人の中には、非常に厳しい状況に置かれている人も多くおり、泣きわめいてしまったり、怒鳴ったりしてしまう人も珍しくありません。相談者が感情をあらわにしている様子を見て焦ってしまう人は的確な判断ができないことも多く、社会福祉士として向いていないかもしれません。

ひょうきんな人は頭の回転が速いのでイレギュラーなことが起きても慌てず行動できます。そのため、1人でも多くの人を救える社会福祉士になれるかもしれません。

分け隔てなく接するから

社会福祉士は、さまざまな年齢層や立場の人と話す職業です。そのため、誰に対しても平等に接することができる人が向いています。

ひょうきんな人は分け隔てなく接するスキルがあるので、相談者の心を開かせることができる社会福祉士になれます。

2-5.ひょうきんな人の適職5:介護士

介護士とは、高齢者や障害者などの介護を必要とする人に従事して、身の回りのお世話をする職業です。ひょうきんな人が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

利用者の中には、介護サービスを初めて利用する人、利用したくない人、介護士やほかの利用者とかかわりたくなさそうな人などもいます。そのような後ろ向きになってしまっている利用者に、介護サービスはよいものだと思ってもらうためには、ポジティブな介護士が必要です。

ひょうきんな人はポジティブで前向きな性格なので、利用者や家族だけではなく、ほかの介護士ともよい関係を築ける介護士になれるでしょう。

社交的だから

介護サービスの利用者には気難しい人も多く、屈せずにコミュニケーションを取れる人が適正です。さらに、普段から密接なコミュニケーションをとっていれば、利用者の些細な変化やトラブルにも気がつきやすく、アクシデントを減らせます。

ひょうきんな人は人と話すのが好きで、高いコミュニケーション能力を持っているため、良好な信頼関係を築ける介護士になれるでしょう。

かいご畑

2-6.ひょうきんな人の適職6:医師

医師(医者)とは、患者に対して適切な診察や治療を行い、人々の健康を守る職業です。ひょうきんな人に医師が向いている理由は、以下の通りです。

頭の回転が速いから

医師は、患者への正確な対応や医療ミスの防止が欠かせません。また、予想外のことが起きてもすぐに対応できる力が身に付いている人が向いていると言えます。

ひょうきんな人は頭の回転が速く、最悪な事態が起きても冷静に対処できます。さらに、ミスの防止策も思いつくため、患者からの高い評判が得られる医師になれるでしょう。

社交的だから

医師は、軽い症状の患者から思い病気の患者まで、さまざまな状況に置かれた人と接します。また、患者の家族とも接するので、誰とでもコミュニケーションを取れる人や、難しい専門用語を使わずに説明できる人が向いているでしょう。

ひょうきんな人は社交的なので、どのような患者や家族とも会話を行えます。また、分かりやすく説明することもできるので、患者や家族から感謝される医師になれます。

2-7.ひょうきんな人の適職7:児童福祉司

児童福祉司(ケースワーカー)とは、児童相談所の職員です。子どもや保護者の相談に乗ったり、問題解決や支援をしたりすることが主な仕事です。ひょうきんな人が児童福祉司に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

児童福祉司として仕事をしていると、預かった子どもが問題を起こしたり、子ども通しで喧嘩をしたりするなど、トラブルが起きることもあります。そのため、予想外のことにも冷静に対処できる能力が求められます。

穏やかな人はポジティブで心に余裕があるので、冷静で的確な判断をして問題を解決できる児童福祉司になれるでしょう。

分け隔てなく接するから

児童福祉司は、子どもも1人の人間として平等に扱うことが求められます。

ひょうきんな人は誰にでも平等に接することが可能なので、保護者にも子どもにも同じように寄り添えて、1人でも多くの人を助けられる児童福祉司になれるかもしれません。

パソナキャリア

3.ひょうきんな人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

ひょうきんな人は、人と密接にかかわったり、意見を交換したりすることによって、最大のパフォーマンスを発揮できます。そのため、仕事や会社選びの際も「人とのかかわりが多いか」といった点を重視しましょう。

お客さんだけではなく、同僚や先輩、後輩などとのかかわりが多い会社も、外向的な人の特徴や性格を強みにしながら働けます。

4.まとめ

ひょうきんな人には「営業」「商社マン」「研究職」「社会福祉士」「介護士」「医師」「児童福祉司」といった職業が向いています。また、人とのかかわりが多い仕事や会社を選ぶと、ひょうきんな人の特徴や性格を最大限発揮できるでしょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア