あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

ネガティブな人に向いてる仕事!【マイナス思考は直す必要なし】

マイナスなイメージばかり浮かび、ネガティブになってしまう人は珍しくありません。しかし、ネガティブな人にはデメリットばかりと思われがちですが、実は働く上でメリットとなる性格や特徴もあります。

そこでこの記事では、ネガティブな人の特徴や性格、心理をもとに、向いている職業について紹介します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、ネガティブな人の特徴に当てはまっている人は、ぜひ参考にしてください!

 

 

1.ネガティブな人の特徴|性格や心理も

ネガティブな人には、否定的・悲観的な思考ばかりしてしまい、言動が消極的になってしまう人を言います。ネガティブな人は自分に自信を持っていないことが多いですが、メリットとなる特徴や性格もあります。

以下では、ネガティブな人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.ネガティブな人の特徴1:心配性

ネガティブな人は心配性で、些細なことでも不安を感じやすい性格をしています。心配性な性格が邪魔をして、楽しいことも楽しめなくなってしまうケースも珍しくありません。

加えて、心配をしすぎるあまり、ストレスが溜まる人も多くいます。

1-2.ネガティブな人の特徴2:悪いほうにばかり考える

最悪な事態ばかりが思い浮かぶのもネガティブな人の特徴です。自分が傷ついたり、ミスをしたりすることを避けるために、悪いことばかりを自然に考えてしまいます。

悪いことばかりを想像してしまい、決断ができなくなったりするパターンも多い傾向です。

1-3.ネガティブな人の特徴3:単独行動を好む

ネガティブな人は自分に自信を持てず、良好な人間関係を築くのも苦手です。また、自分が傷つくくらいなら1人でいたほうがマシだと考え、単独行動を好む傾向にあります。

さらに、「仲良くしても裏切られるかもしれない」とも思ってしまい、ほかの人を避けるネガティブな人も一定数います。

1-4.ネガティブな人の特徴4:慎重に行動する

ネガティブな人は、「失敗したくない」「傷つきたくない」と考え、慎重に行動します。積極的に行動したり発言したりすることも苦手で、じっくり考えてから行動することが多いです。さらに、「自分がミスをすることで誰かに迷惑がかかる」とも思い、なるべく迷惑をかけないように、慎重派になっています。

2.ネガティブな人に向いてる仕事とは

ネガティブな人には、働く上で強みとなる性格が複数あります。ネガティブな人の特徴を生かし、ストレスが少ない仕事を選びましょう。

以下では、ネガティブな人におすすめの職業を解説します。

2-1.ネガティブな人の適職1:施設警備員

施設警備員とは、ビルや商業施設などで、事故・事件を防ぐために警備を行う職業です。ネガティブな人が施設警備員に向いている理由は、以下の通りです。

悪いほうにばかり考えることがメリットになるから

ビルや商業施設で事件・事故が起これば、多くの人々が危険にさらされます。危険から守るためには、施設警備員が不審物や不審者などに目を光らせることが大切です。

ネガティブな人は悪いほうにばかり考えるといった特徴があります。そのため、常に最悪の事態を想定しながら緊張感を持って仕事を行い、命や財産をしっかり守れる施設警備員になれるでしょう。

単独行動を好むから

施設警備員は、1人で仕事を行うケースも珍しくありません。 自分のペースに合わせて仕事を行ったり、過剰な指図をされずに働けたりするため、1人で仕事を行いたい人にとって適職です。

ネガティブな人は、施設警備員のように単独でできる仕事を選ぶとストレスを溜めずに続けられます。

MIIDAS

2-2.ネガティブな人の適職2:内部監査

内部監査とは、業務や経営がミスや不正なく行われているかチェックして、経営者に報告したり、改善策を提案したりする仕事です。ネガティブな人が内部監査に向いている理由は、以下の通りです。

心配性な性格がメリットになるから

内部監査は、不正や不祥事を防止し、よりよい経営を行うために仕事を行います。もし不正や不祥事があれば、企業の信用問題にかかわるため、業務や経営をくまなくチェックすることが求められます。

ネガティブな人は心配性で、全体も些細な部分もしっかり確認できます。そのため、ネガティブな人が内部監査業務を行うと、適切な企業運営をサポートでき、暑い信頼を寄せられる人材に慣れるかもしれません。

慎重に行動できるから

内部監査は、監査に関する知識だけではなく、経営の知識や法律に照らし合わせて慎重に行う必要があります。

ネガティブな人は慎重に行動できるので、クオリティの高い内部監査業務を行えるでしょう。

2-3.ネガティブな人の適職3:介護士

介護士とは、高齢者や障がい者の生活に従事して、身の回りのお世話をする職業です。ネガティブな人に介護士が向いている理由は、以下の通りです。

心配性な性格がメリットになるから

介護サービス利用者の些細な変化やトラブルにより、命の危険にさらしてしまうことがあります。そのため、介護士は、注意深く対応して、アクシデントを減らすことが大切です。

ネガティブな人は心配性なので、利用者が健康で楽しく生活できるよう、細心の注意を払える介護士になれます。

悪いほうにばかり考えることがメリットになるから

介護士は、介護施設で起こった予想外の出来事を対処しなければなりません。万が一のことが起こっても冷静に対処できるように、起こりそうな問題と対応方法をあらかじめ考えておく必要があります。

ネガティブな人は、悪いほうにばかり考える性格を活かして問題の対象法や予防策を考えることができます。そのため、介護施設で大きく活躍できる介護士になれるでしょう。

かいご畑

2-4.ネガティブな人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。ネガティブな人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

心配性な性格がメリットになるから

プログラマーがシステムやアプリケーションを作る際、動作確認をしながら作業を行うと、ミスやバグを減らせます。

ネガティブな人は心配性で、ミスをしないように念入りにチェックできます。そのため、クオリティの高いものを作れるプログラマーとして、クライアントや同僚・上司に尊敬される人材になれます。

単独行動を好むから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。また、プログラマーは、フリーランスや在宅ワークとしても活躍できる職業です。

プログラミングのスキルさえあれば、1人で自由に仕事を行えるため、単独行動を好むネガティブな人に向いています。

本業にも、副業にも、おこづかい稼ぎにもおすすめなクラウドソーシングは↓↓

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

クラウディア(ワーカー募集)

2-5.ネガティブな人の適職5:看護師

看護師とは、医師の治療をサポートしながら患者さんの健康を支える職業です。ネガティブな人に看護師が向いている理由は、以下の通りです。

悪いほうにばかり考えることがメリットになるから

患者さんへの正確な対応や医療ミスの防止が欠かせない看護師は、何が起きてもすぐに解決できる力を身に付けなければなりません。また、常に最悪の事態を想定すると、問題の対処法や予防策を考えることも可能です。

ネガティブな人は物事を悪いほうに考えがちなので、問題の対処法や予防策をしっかり考えられ、看護師の同僚や先輩だけではなく医師や患者さんからの評判も得られる看護師になれるでしょう。

慎重に行動できるから

看護師のたった1つのミスにより、患者に健康被害が及ぶ恐れもないとは言えません。そのため、慎重に仕事をして、ミスを予防するために尽力することが必要です。

ネガティブな人は慎重に行動できるので、ミスの少ない看護師として活躍できるかもしれません。

2-6.ネガティブな人の適職6:経理

経理とは、会社のお金や取引を管理する職業です。ネガティブな人が経理職に向いている理由は、以下の通りです。

心配性な性格がメリットになるから

ネガティブな人の「心配性な性格」は、経理においても発揮できます。帳簿記入を誤った取引や金額を念入りにチェックして見つけることができ、自分のミスだけではなくほかの人のミスを直すことが可能です。

加えて、心配性のネガティブな人は丁寧に帳簿を記入できるので、ミスの少ない経理業務を実現させられます。

慎重に行動できるから

数字を扱う経理職では、身長に作業をしなければ、Excelでの集計や電卓計算でケアレスミスを連発してしまいます。頭を使う処理も多く、念入りに仕事ができる人が重宝されるでしょう。

ネガティブな人は慎重に行動できる力を既に身に着けているので、経理になると、ミスが少なく同僚や上司から褒められるような仕事を行えるでしょう。

2-7.ネガティブな人の適職7:工場のライン作業員

工場のライン作業員とは、製品を大量生産するために、ベルトコンベアで流れる製品を扱う職業です。ネガティブな人が工場のライン作業員に向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好むから

工場のライン作業は、黙々と作業を進めることが求められます。作業中にほかの人と話すこともないので、1人でいたい人にとっては適職でしょう。

ネガティブな人は単独行動が好きで、1人でコツコツと作業を行えます。そのため、質の高い製品を着実に作れるライン作業員になれます。

慎重に行動できるから

工場のライン作業員は手作業で仕事を行うので、ミスをしてしまうこともあります。しかし、ミスを連発していては、職場やクライアントに大きな迷惑がかかってしまうでしょう。また、ミスをした製品を作り直さなければならず、余計な手間がかかるケースも珍しくありません。

ネガティブな人は慎重に行動でき、几帳面に作業を行えるので、ミスの少ないライン作業員になれます。

工場求人ナビ

3.ネガティブな人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

ネガティブな人は自己肯定感が低く、「自分などいなくてもよい」「自分がいなくても会社は回る」などと考えることも多いでしょう。そのため、自分の存在意義を確認できるように、しっかり評価してもらえる仕事や会社を選ぶことが大切です。評価される機会が多い仕事・会社の特徴は、下記の通りです。

評価される機会が多い仕事・会社の特徴 

・社会に貢献できる

・感謝されることが多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

 

ネガティブ思考にはメリットもあり、必ずしも改善しなければならないものではありません。しかし、自分の存在を否定してはならないことを忘れないでください。

パソナキャリア

4.まとめ

ネガティブな人には、「施設警備員」「内部監査」「介護士」「プログラマー」「看護師」「経理」「工場のライン作業員」といった職業が向いています。また、自分の存在意義を改めて理解できるように、評価してらえる仕事や会社を選びましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア