あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

オカルト趣味の人に向いてる職業はある?強みを活かせる仕事も

 

超常現象や神秘的な現象を好み、オカルトについて深く考える人がいます。オカルト趣味の人は、できればオカルトにかかわる仕事につきたいと考えていることも少なくはありません。

そこでこの記事では、オカルト好きな人に向いている職業を7つ紹介します。オカルト趣味の人の仕事・会社の選び方についても紹介するため、オカルトが好きな人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.オカルト趣味の人ってどんな人?

「オカルト趣味の人」の意味を知るためには、まず「オカルト」の意味から知らなければなりません。そもそも「オカルト」とは、目で見たり触れたりすることができない、超自然・神秘的現象のことを指します。具体的には、下記のようなことが挙げられます。

オカルト現象の例

・UFO

・幽霊

・未確認生物

・陰謀論

・予言

・神

・超能力

・霊能力

・都市伝説

 

「オカルト趣味」とは、不思議な現象を好んでいる人のことを言います。オカルト趣味の人たちは、超自然・神秘的現象について深く考え、オカルトについて強い興味を示します。

2.オカルト趣味の人の特徴

オカルトと一言に言っても、さまざまなジャンルが存在します。しかし、どのジャンルを好むオカルト趣味の人にも、共通して存在する特徴があります。

以下では、オカルト趣味の人の特徴について解説します。

2-1.オカルト趣味の人の特徴1:スピリチュアルが好き

オカルトは学問的・科学的な考えを行い、スピリチュアルは感覚的な考えを行うと言われます。そのため、オカルトとスピリチュアルでは根本的な考え方が違います。

しかし、オカルトとスピリチュアルはどちらも解明されていないものに対して考えを広げるため、オカルト好きはスピリチュアル好きにもなり得ます。

2-2.オカルト趣味の人の特徴2:想像力が豊か

オカルト趣味の人は、現時点では解明されておらず、存在していないと言われるものについて深く考えます。存在しないことをあたかも存在しているように考えなければならないため、自然と想像力が鍛えられます。

人とは違った多角的な発想ができるため、固定観念に囚われず、柔軟な考え方ができます。

2-3.オカルト趣味の人の特徴3:現実逃避をしている

オカルト趣味の人は、悩みや不安から解放され、辛い現実から逃げたいと考える人は多い傾向です。

オカルトを好きになったきっかけは、辛い現実から逃げるためと答える人は少なくありません。現状に満足していない、あるいは現状にストレスや疲労を感じている場合、日常には存在しないようなオカルトチックなものを想像し、現実から目を背けようとします。

2-4.オカルト趣味の人の特徴4:好奇心旺盛

オカルト趣味の人は未知への探究心が強く、存在しないものに強い興味が湧きます。もともとオカルト趣味ではなかった好奇心旺盛な人でも、好奇心を満たすためにオカルトを好きになったケースもあります。

興味を持つ範囲が広いため、オカルトから始まって、政治や哲学など、一見オカルトとは何の関係もないようなことへの知見を深めることも多いでしょう。

2-5.オカルト趣味の人の特徴5:ロジカルシンキングができる

ロジカルシンキングとは、物事を論理的に考え、結論と根拠の矛盾がないように思考を行うことです。オカルト趣味の人は、「この超常現象はこういう根拠からなるため、説明がつく」という風に、オカルトについて論理的に考えることができるため、ロジカルシンキングの能力が身についています。

ロジカルシンキングができることで、オカルト以外でも問題解決能力が鍛えられていることも珍しくありません。

2-6.オカルト趣味の人の特徴6:マイペース

自分ならではのこだわりやペースを持っていることも、オカルト趣味の人の特徴です。仮に「オカルトは存在しない」と言われても、揺らぐことなくマイペースにオカルトを好きでい続けられます。

一意見に惑わされず、独自の意見や方法を信じ続けられることは、オカルト趣味の人の長所でもあります。

3.オカルト趣味の人におすすめの職業

オカルト趣味の人には、仕事につくにあたってメリットとなる特徴があります。オカルト趣味の人の性格や心理などの特徴を活かして、ストレスなく働ける職業を見つけましょう。

以下では、オカルト趣味の人におすすめの職業を解説します。

3-1.オカルト趣味の人の適職1:占い師

占い師とは、相談や悩みを持つ人に対して、生年月日占いやタロットカード、手相などのさまざまな種類の占いを使ってアドバイスを行う職業です。オカルト趣味の人が占い師に向いている理由は、以下の通りです。

スピリチュアルが好きだから

好きなことを仕事にしたいと思う人は少なくありません。オカルト趣味の人はスピリチュアル好きでもあるため、成長・成功できる占い師となるでしょう。また、占い師は、勉強をすることによって誰でも仕事にすることができるため、始めやすい職業でもあります。

ロジカルシンキングができるから

感性に頼って占いを行うだけでは、よい占いができません。感性と併せてロジカルシンキングを行うと、現実味が増してより確実なアドバイス・問題解決を行えます。

オカルト趣味の人は、オカルトの存在を肯定するためにロジカルシンキングの能力が身についているケースが多い傾向です。オカルト趣味の人がロジカルシンキング能力を活かして占いを行うことで、「当たる」と評判の占い師になれるかもしれません。

3-2.オカルト趣味の人の適職2:Webライター

Webライターとは、Web上で文章を書く職業です。オカルト趣味の人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

スピリチュアルが好きだから

社会への不安から、オカルトやスピリチュアルの需要が増えています。特にスピリチュアルは癒しの効果もあるため、スピリチュアル系記事を求める読者は多い傾向です。

オカルト好きな人はスピリチュアル好きの一面もあるため、自身の体験や考えを記事にするスピリチュアル系Webライターになることで、読者のニーズを満たすことが可能です。

マイペースな働き方もできるから

Webライターは、フリーランスの働き方もできます。フリーランスWebライターになると、受注する記事数や収入、休憩時間や休日なども自分で好きに決めることが可能です。

オカルト趣味の人は、自分のペースを持っている場合があるため、マイペースに働けるフリーランスWebライターとの相性がよいでしょう。

 

本業(フリーランス)にも、副業にも、おこづかい稼ぎにもおすすめなクラウドソーシングはこちら↓↓

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

クラウディア(ワーカー募集)

3-3.オカルト趣味の人の適職3:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。オカルト趣味の人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

好奇心旺盛だから

研究職は、未知のものを見つけなければならないため、知らないことや分からないことについて興味を持ち、積極的に調べる人に向いています。

オカルト趣味の人は、存在しないものに関して強く興味を抱きます。オカルト趣味の人が研究職になると、好奇心旺盛な性格を活かして答えを出すまで根気強く研究することができるため、新時代の技術開発に大きく貢献できるでしょう。

ロジカルシンキングができるから

ロジカルシンキングが身につくと、実験データを解析して論理的に結論を出したり、失敗した原因を究明して成功へと導いたりすることが可能です。

オカルト趣味の人は、存在しないものについて結論を出すために、ロジカルシンキングが身についています。そのため、研究職になることで研究が成功する確率を上げられるでしょう。

3-4.オカルト趣味の人の適職4:ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、発売するゲームの企画や制作に携わる職業です。オカルト趣味の人がゲームクリエイターに向いている理由は、以下の通りです。

想像力が豊かだから

ゲームクリエイターは、独自の世界観やストーリーを考えなければならず、豊かな想像力が求められます。

オカルト趣味の人は、ほかの人が「存在しない」と言っているものに対しても、想像力を駆使して「存在したらどうなるだろう」と考えることが可能です。そのため、ゲームクリエイターになることで、豊かな想像力を活かして未だかつてないほどの面白さを誇るゲーム制作を行える可能性が高まります。

現実逃避をしているから

現実に嫌気が差している人は、ゲームによって現実逃避をするパターンが多い傾向です。オカルト趣味の人は現実から目を背けるためにオカルトが好きになったケースもありますが、それまではゲームを行うことで現実逃避をしていた場合もあります。

ゲーム好きがゲームクリエイターになると、好きなものに関した仕事が行えるため、ストレスを感じずに働ける傾向です。

また、ゲーム好きではないオカルト趣味の人であっても、現実とはかけ離れたゲーム制作を行うと、働きながら現実逃避を行うことが可能です。

3-5.オカルト趣味の人の適職5:タクシードライバー

タクシードライバー(タクシー運転手)とは、乗客とその荷物を、乗客が希望する場所へと無事に送り届ける職業です。オカルト趣味の人がタクシードライバーに向いている理由は、以下の通りです。

ロジカルシンキングができるから

タクシードライバーは、乗客を安全かつ早く送り届けるルートや、乗客を捕まえやすい場所を見つけなければなりません。そのためには、結論を論理的に出せるロジカルシンキング能力が必要不可欠です。

オカルト趣味の人はロジカルシンキングができるため、稼ぎやすいルートや場所・方法などを自ら編み出すことができます。

マイペースに働けるから

タクシードライバーは、休憩をする時間や場所を自由に決めることができます。さらに、個人タクシーとして独立すれば、休憩はもちろん、働く日や時間も自由に選ぶことが可能です。

オカルト趣味の人は、自分のペースを保って生きている人が多い傾向です。マイペースなオカルト趣味の人がタクシードライバーになることで、気疲れせずに勤務することができます。

3-6.オカルト趣味の人の適職6:スピリチュアルカウンセラー

スピリチュアルカウンセラーとは、霊能力や霊魂を通じて相談者を癒す職業です。占い師とスピリチュアルカウンセラーとの違いは、下記の通りです。

占い師とスピリチュアルカウンセラーの違い

・占い師:悩みを解決するためにアドバイスを行う

・スピリチュアルカウンセラー:悩みを聞くことで相談者の気持ちを落ち着かせる

 

オカルト趣味の人がスピリチュアルカウンセラーに向いている理由は、以下の通りです。

スピリチュアルが好きだから

オカルト趣味の人は、同時にスピリチュアルのことも理解している人が多い傾向です。スピリチュアルのことを理解していると、潜在的な直感力・霊能力を引き出す可能性が高まります。

オカルトと同時にスピリチュアルについても好きなオカルト趣味の人は、スピリチュアル能力を活かして、本物のスピリチュアルカウンセラーになることが期待できるでしょう。

想像力が豊かだから

スピリチュアルカウンセラーは、相談者の悩みの深い部分について、相談者自身から引き出さなければなりません。しかし、相談者も気づいていない深い悩みもあります。そこで、相談者の悩みや、どのようにすれば癒すことができるかについて、想像力を働かせて考えることが求められます。

オカルト趣味の人は想像力が豊かなため、相談者の悩みを引き出し、的確に癒せるスピリチュアルカウンセラーになれます。

パソナキャリア

4.オカルト趣味の人の仕事・会社選びで重視すること

オカルト趣味の人が仕事・会社を選ぶ際は「自分の力を発揮できるか」といった点を重視しましょう。オカルト趣味の人の性格や心理だけではなく、生まれ持った潜在能力を活かせるかについても確認が必要です。

自分の能力を活かすことで、会社側の「当社で活躍できる人材が欲しい」といったニーズと合致することができ、働きやすい環境で勤務を行うことが可能です。

5.まとめ

オカルト趣味の人には「占い師」「Webライター」「研究職」「ゲームクリエイター」「タクシードライバー」「スピリチュアルカウンセラー」などの職業が向いています。オカルト趣味の人がストレスなく楽しく働くためにも、自分の強みを活かせる仕事・会社を選びましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア