あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

楽観的な人に向いてる仕事7つ!ストレスフリーで働ける適職とは

「きっとうまくいく」「なんとかなるだろう」と考え、積極的にチャレンジできる楽観的な人は一定数存在します。実は、楽観的な人の特徴や性格には、仕事をする上でメリットとなるものも複数あります。

そこでこの記事では、楽観的な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、楽観的な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.楽観的な人の特徴|性格や心理も

「楽観的」とは、「物事はすべてうまくいく」と、明るく考えることを意味します。楽観的な人はポジティブなので、ほかの人からも好かれやすい傾向です。

以下では、楽観的な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.楽観的な人の特徴1:気持ちの切り替えが早い

楽観的な人は、ミスや失敗など過去の事象にとらわれません。嫌なことがあっても落ち込みにくく、成功へのバネとすることが可能です。

1-2.楽観的な人の特徴2:コミュニケーション能力が高い

楽観的な人はポジティブで、いつも笑顔でいます。周囲を明るい気持ちにさせたり、良い影響を与えたりするので、友人が多い場合も珍しくありません。

また、ほかの人の良いところを見つけるのが上手で、良好な人間関係を築けます。

1-3.楽観的な人の特徴3:決断力があり早く行動に移せる

物事の見通しを前向きに考えており、悩むことなくスピーディーに決断・行動できるところも、楽観的な人の特徴です。計画を立てるのが苦手というデメリットもありますが、物事を柔軟に考え、周囲を巻き込みながら成功へと導くことができるという大きなメリットもあります。

1-4.楽観的な人の特徴4:マイペース

楽観的な人は自分らしさを求めてのびのびと生きているので、マイペースに行動します。周りの空気を読まないこともありますが、ストレスが溜まりにくいので、短所とも長所ともとらえられる性格です。

1-5.楽観的な人の特徴5:ポジティブで前向き

楽観的な人は未来のことを明るく考えているので、常に前向きです。周囲にも明るくポジティブに接し、人の悪口や陰口などを口に出さないので、自然と人が集まります。

2.楽観的な人に向いてる仕事

楽観的な人には、働く上で強みとなる特徴や性格が多数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてみてください。

以下では、楽観的な人におすすめの職業を解説します。

2-1.楽観的な人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。楽観的な人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

気持ちの切り替えが早いから

営業をしても制約が取れなかったり、営業先で邪険に扱われたりすることもあります。そのため、嫌な態度を取られた際に必要以上に気にしてしまう人は、営業職は辛いと思うかもしれません。

楽観的な人は切り替えが早く、失敗したとしてもいつまでも悩みません。「失敗は成功のもと」という言葉があるように逆境をチャンスに変え、トップセールスマンになることも期待できます。

マイペースな性格の人も働きやすいから

営業は、自分のペース配分で仕事ができるだけでは無く、予定や営業方法も自分で決めることができる場合も珍しくありません。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

そのため、営業は、楽観的な人のようなマイペースな性格の人にも働きやすい仕事です。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.楽観的な人の適職2:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。楽観的な人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

研究職と聞くと、1人で研究室にこもって仕事を行うイメージを抱く人も珍しくありません。しかし、チームを組んで働き、定期的に研究成果の報告や会議を開く場合も多い傾向です。また、ほかの部署とも連携を取らなければならず、コミュニケーション能力が求められます。

楽観的な人はスムーズなコミュニケーションを取れるので、社会に貢献できる研究を多く行える研究員になれるでしょう。

ポジティブで前向きだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースも無いとは言えません。

楽観的な人はポジティブなので、成果が出なくても、積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

2-3.楽観的な人の適職3:看護師

看護師とは、医師の補助や健康上の問題がある人のケアを通して、人々の健康を守る職業です。楽観的な人が看護師に向いている理由は、以下の通りです。

気持ちの切り替えが早いから

看護師は人の死に最も近い職業の一つです。患者を助けられなかった際にいつまでもくよくよしてしまう人は、ほかの患者を助けられずに看護師として活躍できないかもしれません。

楽観的な人は気持ちの切り替えが早いので、多くの患者を助けたり、サポートしたりできる看護師になれるでしょう。

ポジティブで前向きだから

看護師は患者の健康や命を守れる職業であり、多くのやりがいや魅力を感じる仕事でもありますが、ストレスが溜まることも無いとは言えません。夜勤で体力を消耗することや、人間関係が良好でなかったりする病院もあります。そのため、ストレス耐性が無い人にとっては、看護師の仕事は辛いと思うかもしれません。

一方で、楽観的な人はポジティブなので、ストレスを抱え込まずに仕事ができるでしょう。

MIIDAS

2-4.楽観的な人の適職4:救急救命士

救急救命士とは、傷病者が病院に搬送されるまで救急救命処置を行う職業です。楽観的な人が救急救命士に向いている理由は、以下の通りです。

決断力があり早く行動に移せるから

傷病者への処置は寸秒を争います。1分1秒が命取りになるため、行うべき処置を正確に決断する力が求められます。

楽観的な人は決断力も行動力もあるので、手早い応急処置を行い、傷病者や家族から感謝される救急救命士になることが可能です。

ポジティブで前向きだから

救急救命士は、24時間勤務であるため不規則な生活になりやすい職業です。途中で食事や仮眠休憩が6~8時間あるとは言え、状況や現場によっては寝る時間を取れないこともあります。さらに、最大限の救急救命処置を行っても傷病者を助けられないこともあります。

楽観的な人はポジティブであり、不規則な生活であってもモチベーションが下がらず、仮に傷病者の命を助けられなくても失敗を次につなげることができるため、救急救命士として活躍できる適性があります。

2-5.楽観的な人の適職5:システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、企画や顧客へのヒアリング、設計書・仕様書作成などを通してシステムやソフトウェア開発を行う職業です。楽観的な人がシステムエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

システムエンジニアは、顧客の要望や課題に沿ってシステムを企画・設計を行います。顧客と接する職業でもあり、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

楽観的な人はコミュニケーション能力が高いので、顧客のニーズや課題を一緒に考えることができ、感謝されるシステムエンジニアになれるでしょう。

マイペースな性格の人も働きやすいから

IT技術が必須の現代では、システムエンジニアは必要不可欠な職業です。そのため需要も多く、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと、複数の働き方ができる点も特徴的です。

また、会議や打ち合わせなどもありますが、基本的にはパソコンと向き合っている時間が多く、1人で作業ができるところも魅力的です。

楽観的な人はマイペースで、ほかの人のペースに合わせたく無いと考えていることも多いです。そのため、自分のペースで仕事ができるシステムエンジニアを選ぶと、ストレス無く働けます。

2-6.楽観的な人の適職6:弁護士

弁護士とは、高度な法律の知識を武器に、事件の対処方法や解決策をアドバイスする職業です。医師と公認会計士に並ぶ、三大国家資格の一つでもあります。楽観的な人が弁護士に向いている理由は、下記の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

弁護士は、依頼者と密接にかかわる職業です。配慮や気遣い、礼儀なども必要なので、社交性がある人が向いています。

楽観的な人はコミュニケーション能力が高いので、言動に配慮しながら仕事を行い、依頼者に感謝される弁護士になれるでしょう。

決断力があり早く行動に移せるから

弁護士は法律のプロと言っても、すべての案件・依頼を完璧にこなせるわけではありません。できない依頼をいつまでも引きずっていたり、依頼者が望んでいる条件にこだわり続けていたりしては、依頼者にとって悪い事態になる場合も多くあります。そのため、できない依頼や条件に関して早めに決断し、依頼者に伝えることが大切です。

楽観的な人は決断力も行動力も高いので、依頼者に迷惑をかけずに依頼をこなせる優良な弁護士となれるでしょう。

2-7.楽観的な人の適職7:タクシードライバー

タクシードライバーとは、乗客を安全運転で目的地へ送り届ける職業です。楽観的な人がタクシードライバーに向いている理由は、下記の通りです。

決断力があり早く行動に移せるから

タクシードライバーは、急いでいるお客さんを乗せる場合も少なくありません。そのため、効率のよいルートを瞬時に決断し、すぐに目的地へ迎える人が向いています。

楽観的な人は決断力があり、時間にシビアになりながら働けるので、お客さんから感謝されるタクシードライバーになれます。

マイペースな性格の人も働きやすいから

個人タクシーのドライバーは、裁量によって給料が決まります。また、タクシー会社に属しているドライバーも歩合制であることが多く、自分の働き方によって給料が決まることも珍しくありません。休憩時間も比較的自由に決めることができるため、マイペースなことも多い楽観的な人も不満無く働けます。

パソナキャリア

3.楽観的な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

楽観的な人はコミュニケーション能力が高く社交的であり、交友関係も広いので、遊びや飲み会に誘われるケースも多いでしょう。そのため、プライベートと仕事を両立できるよう、ワークライフバランスを重視して仕事や会社を選ぶことが大切です。

ワークライフバランスを実現させるためには、下記の条件をチェックしましょう。

ワークライフバランス実現のための必須条件 

・残業が少ない

・年間休日が120日前後である

・有給休暇が取得しやすい

 

また、必須ではありませんが、下記の条件を満たす会社を選ぶと、ワークライフバランスを取れる可能性をさらに高められます。

ワークライフバランス実現のための任意条件   

・短時間勤務制度

・フレックスタイム制度

・充実した福利厚生

 

4.まとめ

楽観的な人には「営業」「研究職」「看護師」「救急救命士」「システムエンジニア」「弁護士」「タクシードライバー」といった職業が向いています。また、ストレス無く働くためにも、ワークライフバランスを実現できる仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア