あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

アウトドア派に向いてる職業9選!特徴を活かせる仕事も紹介

 

アウトドア派の人は、自然をこよなく愛しているため、デスクワーク中心の仕事をするとストレスが溜まることも少なくありません。しかし、生きる上で仕事は欠かせず、職業選択に悩んでいるアウトドア派好きも多い傾向です。

そこでこの記事では、アウトドア派の人の特徴をもとにおすすめの職業を紹介します。アウトドア派の人が仕事を選ぶ上で欠かせないポイントも紹介するため、就職や転職を考えているアウトドア派の人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.アウトドアってそもそも何?

アウトドアとは、屋外や野外で行われる活動全般のことです。アウトドア活動の例は、下記の通りです。

アウトドア活動の例 ・サイクリング
・キャンプ
・登山
・サーフィン
・釣り

 

「アウトドア派の人」とは、屋外の活動を好む人を言います。広大な自然に囲まれて活動することが好きで、休日も活発的に外出して行動します。

2.アウトドア派の人の特徴

アウトドア好きの人は、持ち前の明るさとポジティブさで、周りに自然と人が集まってくることも多いです。アウトドア派の人の周りはいつも笑顔であふれていることも珍しくありません。

以下では、アウトドア派の人に共通する特徴を解説します。

2-1.アウトドア派の人の特徴1:運動神経が抜群

学生のころ、リレーの選手に選ばれたり、スポーツ大会で表彰されたりしたことはありませんか?アウトドア派の人は小さいころから体を動かすことに慣れており、大人になってからも外で体を動かすことによって、ストレスを発散しています。

どんな運動でもそつなくこなすため、アウトドアでの活動も周囲の人に頼られるケースも少なくありません。

2-2.アウトドア派の人の特徴2:天気予報を常に見ている

アウトドアを楽しむには、天気との兼ね合いが大切です。そのため、アウトドア派の人は、屋外活動を充実させるために、天気予報をチェックすることを欠かしません。

気象について関心を持った結果、天気の読みができるようになっているパターンもあります。

2-3.アウトドア派の人の特徴3:ポジティブ

屋外に出ることで積極的に汗を掻き、体を動かして上手にストレスを解消しているため、物事を前向きに考えられるのも、アウトドア派の人の特徴です。ポジティブシンキングのアウトドア派の人は、新しい人間関係を構築したり、初めてのことにチャレンジしたりするのにも抵抗がありません。

また、荒々しい自然を目の前にして壁にぶつかっても、持ち前の前向きさとひたむきさで、工夫して乗り越えます。

2-4.アウトドア派の人の特徴4:じっとしていられない

アウトドア派の人は、家にいたりデスクワークをしていたりすると、閉塞感を感じてストレスが溜まってしまい、じっとしていられません。少しでも時間があれば積極的に体を動かし、心身の健康に役立てたいという思いがあります。

家にいたとしても散歩や家事でリフレッシュをします。また、デスクワーク中心の仕事に就いていたとしても、隙間時間があればストレッチや体操などを行って心身をスッキリとさせています。

2-5.アウトドア派の人の特徴5:コミュニケーション能力が高い

アウトドア派の人はアクティブで活動範囲が広いため、さまざまな人と交流する機会があります。屋外で覚えた知識が話のネタとなることもあり、コミュニケーションの高さから初対面の人ともすぐに打ち解けることが可能です。

顔の広さを活かしてさらに交友関係を広げることもあり、さまざまな情報や知識を会得できます。

2-6.アウトドア派の人の特徴6:好奇心旺盛

好奇心旺盛のため、常に新鮮な気持ちを持って楽しめるところもアウトドア派の人の特徴です。目新しいものや場所に興味を抱き、能動的に行動を起こします。

何事にも臆さずチャレンジできる精神を持っているため、仕事・プライベート問わず重宝されることも多いでしょう。

3.アウトドア派の人に向いてる職業9選

アウトドア派の人には、ポジティブな特徴が複数見られます。特徴を活かすことで、職場で役に立っているアウトドア派の人は珍しくありません。自分に合った仕事を見つけ、プライベートだけではなく仕事も楽しみましょう。

以下では、アウトドア派の人の特徴をもとに、向いている職業を9つ解説します。

3-1.アウトドア派の人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。アウトドア派の人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

好奇心旺盛だから

アウトドア派の人は好奇心旺盛で、新しい環境にも臨機応変に対応できる力を持っています。好奇心に満ちあふれている人は問題解決能力も高い傾向にあり、営業にとって欠かせない下記のような課題を分析し、解析する力があります。

好奇心旺盛な人が解決できる課題の例 ・効率の良い営業ルート
・今月の目標を達成するために行うべきこと
・顧客に高い満足度を持ってもらう方法

運動神経が抜群だから

営業は、一日外回りをして動き続けることも珍しくありません。体力勝負の仕事のため、体力がない人にとっては厳しい仕事とも言えます。その点、日ごろからアウトドア活動にいそしみ、運動神経が高いアウトドア派の人は、体力の高さを営業にも活かせます。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

3-2.アウトドア派の人の適職2:気象予報士

気象予報士とは、日々の天気や降水確率を予測する職業です。活躍の場は、テレビ局に所属しているお天気キャスターに限らず、民間の気象会社なども含まれます。アウトドア派の人が気象予報士に向いている理由は、以下の通りです。

天気予報を常に見ているから

アウトドア派の人は、野外で活動を行うため、常に天気予報を見ています。野外活動を楽しむため天気予報を見ることを続けていくと、天気に興味を持ったり、ちょっとした予測ができるようになったりすることもあります。

気象予報士は職業柄、天気の予測をすることが欠かせないため、アウトドア派の人が大いに活躍できます。

好奇心旺盛だから

国家資格を取得して気象予報士になった後も、新しい知識を学び続けることが重要です。新しい知識を会得するためには、知的好奇心が欠かせません。アウトドア派の人は、好奇心から、気象に関する知識を挫折せずに学び続けることができるでしょう。

3-3.アウトドア派の人の適職3:スポーツインストラクター

スポーツインストラクターとは、スポーツの技術や怪我の予防方法を指導する職業です。スポーツインストラクターは下記の通り、さまざまな場所で働いています。

スポーツインストラクターの勤務場所の例

・ジム

・フィットネス

・ダンス

・ボクシング

・スイミング

・ゴルフ

・ダイビング

 

アウトドア派の人がスポーツインストラクターに向いている理由は、以下の通りです。

運動神経が抜群だから

アウトドア派の人は日ごろから運動に励んでいます。野外活動を活発に行うことで、体力だけではなくスポーツに関する知識が身に付いていることもあるため、スポーツに携われるスポーツインストラクターという職業は、適職だと言えます。

好奇心旺盛だから

スポーツインストラクターに必須な資格はありませんが、高度な知識を身に付けるために民間資格の取得を勧められることがあります。好奇心旺盛なアウトドア派の人は、民間資格の勉強も興味を持って挑むことができるため、仕事仲間から重宝されることでしょう。

3-4.アウトドア派の人の適職4:ツアーガイド

ツアーガイドとは、ツアー参加者に現地の文化や歴史などの情報を伝え、案内する職業です。ツアー添乗員と混同されがちですが、ツアー添乗員とは違ってスケジュール管理は行いません。ツアーガイドの働き方は、下記の通り3種類に分けられます。

ツアーガイドの働き方

・海外ツアーで日本人旅行者に日本語で案内する

・国内ツアーで日本人旅行者に日本語で案内する

・国内ツアーで海外からの旅行者に外国語で案内する

 

アウトドア派の人がツアーガイドに向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

アウトドア派の人は交友関係が広く、国内外に友人がいるケースも珍しくありません。国内外に友人がいる理由は、新しい土地に行くときも臆さず、喜んで行動できるためです。

そのため、アウトドア派の人は、現地を謳歌してもらうことを仕事とするツアーガイドも楽しみながら従事できます。

じっとしていられないから

アウトドア派の人はじっとしていることが苦手で、家にとどまったりデスクワークを一日中行ったりすると、ストレスが溜まります。常に動いてツアー参加者を案内するツアーガイドは、アウトドア派の人がストレスを溜めずに働ける職業です。

MIIDAS

3-5.アウトドア派の人の適職5:体育・スポーツ教師

体育・スポーツ教師とは、生徒にスポーツ指導を行い、運動の楽しさや健康な体の作り方などを教える職業です。学校だけではなく、家庭教師としての募集も行っています。アウトドア派の人が体育・スポーツ教師に向いている理由は、以下の通りです。

運動神経が抜群だから

アウトドア派の人は、日々の運動を通じて、体を動かすことの楽しさとメリットを自然に学んでいます。そのため、運動と密接にかかわりがあり、運動の楽しさとメリットを教えることが仕事の体育・スポーツ教師に向いています。

コミュニケーション能力が高いから

体育・スポーツ教師は、先生になって生徒に教えることが仕事のため、コミュニケーション能力が必須です。さらに、生徒だけではなく、学校の教師として担任や部活の顧問になった場合は、保護者ともコミュニケーションを取る必要があります。また、家庭教師となった場合は、保護者とも意思疎通を図らなければなりません。

日々のアウトドア活動でコミュニケーション能力を培っているアウトドア派の人は、体育・スポーツ教師が適職です。

3-6.アウトドア派の人の適職6:企画

企画とは、課題を解決するために新しいアイデアを立案して実行する職業です。企画の代表例は、下記の通りです。

企画職の代表例

・商品企画

・営業企画

・宣伝・広告企画

 

アウトドア派の人が企画に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

企画は、顧客や消費者のニーズに合わせて仕事を進めなければならないため、コミュニケーション能力が欠かせません。会社の花形とも言える企画職では、アウトドア派の人の長所であるコミュニケーション能力の高さを活かせます。

好奇心旺盛だから

アイデアを練るためには、商品に関する情報やマーケティングだけではなく、業種や流行など、幅広い知識を持っていなければなりません。さまざまなことに興味を持ち、アイデアを出せるアウトドア派の人にとって、企画職は知的好奇心を満たせる職業だと言えます。

3-7.アウトドア派の人の適職7:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。アウトドア派の人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

商品開発では実用化できるものを作り出さなければならないため、上司や顧客からのダメ出しが付きものです。時間と手間をかけて開発した商品を一蹴されることも珍しくありません。その度にネガティブになっては埒が明かず、まともに仕事をすることもできません。

アウトドア派の人は、屋外で汗を掻いて上手にストレス解消を行っているため、ポジティブシンキングでいることが多い傾向です。上司や顧客からのキツいダメ出しも素直に受け入れて成功へのバネにできるポジティブさを持っているため、商品開発職でも重宝されるでしょう。

じっとしていられないから

商品開発を行うためには、実用化に失敗した商品を分析することが欠かせません。イメージやアイデアを実現させるために上司や同僚、他部署や顧客などに情報を聞かなければならないため、行動力のある人が向いている職業です。

アウトドア派の人はじっとしていられない性格で、嫌がらずに動き回れるため、商品開発はうってつけの仕事です。

3-8.アウトドア派の人の適職8:経営者

経営者とは、企業に属さず、重大な責任を持ってビジネスを発展させる人物です。アウトドア派の人が経営者に向いている理由は、以下の通りです。

じっとしていられないから

事業を軌道に乗せるためには、高い行動力が必須です。アウトドア派の人は、持ち前のポジティブさとフットワークの軽さで何事も物怖じせずにチャレンジすることができるため、経営者になれば事業を発展させることができるでしょう。

コミュニケーション能力が高いから

いくら経営者と言っても、仕事は一人では行えません。人付き合いと人脈の形成が得意なアウトドア派の人は、横や縦の繋がりも作りやすい傾向にあります。困ったときには助け合うことができるため、多くの人から慕われる経営者になれます。

3-9.アウトドア派の人の適職9:ライター

ライターとは、雑誌やWebサイトなどでさまざまなジャンルの文章を書く職業です。自由な内容を書くことができるため、ライター自身の個性を求められる仕事でもあります。アウトドア派の人がライターに向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーション能力が高いから

ライターは、執筆した記事で読者のニーズを満たさなければなりません。アウトドア派の人はコミュニケーション能力の高さを活かしてさまざまな人と交流を図っているため、他人の立場になって考えることに長けています。

そのため、読者目線になってニーズを満たせる記事を書くことができます。

好奇心旺盛だから

ライターは旅行やグルメなど、特定のジャンルの文章を書くことが多い傾向です。しかし、全く知識のない出来事について記事を作成するケースもあります。知見のないジャンルでも臆さずにリサーチや取材を行うためには、アウトドア派の人に見られるような好奇心旺盛な性格が必須条件です。

パソナキャリア

4.アウトドア派の人におすすめの仕事・会社の選び方

アウトドア派の人特有の性格は、さまざまな仕事で生かすことができます。しかし、向いている仕事を考えるだけではなく、アウトドア派の人が無理なく働ける方法を模索することも重要です。安心して働ける環境を見つけて、充実した生活を送りましょう。

以下では、アウトドア派の人の仕事・会社の選び方を解説します。

興味が持てる仕事を選ぶ

やりたくない仕事ではなく、興味を持って取り組める仕事であるかも、仕事を選ぶときの判断基準です。アウトドア派の人が好奇心旺盛な性格をしているとは言っても、興味を持てないジャンルの職業は存在します。心身を病まないためにも、気になっている職業が心から興味を持てるものなのかを、立ち止まって考えてみましょう。

ワークライフバランスが取れる会社を選ぶ

アウトドア派の人は、家でじっとしていたり、デスクワークを行ったりすると、ストレスが溜まってしまいます。家や会社で溜まったストレスを解消するために、休日はアウトドアで活動をしています。そのため、ワークライフバランスが取れる会社を選ぶことが第一です。

ワークライフバランスを実現させるためには、下記の条件をチェックすることが大切です。

【必須】ワークライフバランスを実現するために確認するべきこと

・残業が少ない

・年間休日が120日前後である

・有給休暇が取得しやすい

 

さらに、必須ではありませんが、下記の条件を満たす会社を選ぶことで、ワークライフバランスを取れる可能性を高められます。

【任意】ワークライフバランスを実現するために確認するべきこと

・短時間勤務制度

・フレックスタイム制度

・充実した福利厚生

 

休日や仕事終わりの時間を充実したものにするためには、アウトドア活動を行ったり、友人とかかわったりすることは欠かせません。アウトドア派の人が会社を選ぶときは、ワークライフバランスが取れる企業なのかを見極めることが重要です。

5.まとめ

「営業」「気象予報士」「スポーツインストラクター」「ツアーガイド」「体育・スポーツ教師」「企画」「商品開発」「経営者」「ライター」といった職業がおすすめです。アウトドア派の人が会社や仕事を選ぶときは、興味が持てるか、ワークライフバランスが取れるかで判断しましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

 

 

 

 

パソナキャリア