あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

寡黙な人に向いてる仕事は?無口な人にも適職はある!

喋るのが苦手だったり、口数が少なかったりするなど、寡黙な人は一定数います。寡黙な人の特徴や性格にはデメリットが多いと思われがちですが、実は、仕事をする上でメリットとなるものも複数あります。

そこでこの記事では、寡黙な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、寡黙な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.寡黙な人の特徴|性格や心理も

寡黙とは、言葉数が少なく、物静かなことを言います。寡黙な人は必要なこと以外は喋らないので話しづらいと思われる場合もありますが、口が堅く真面目で誠実といったイメージを持たれることが多いです。

以下では、寡黙な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.寡黙な人の特徴1:常に冷静

寡黙な人は、ピンチのときや予想外の事態が起こったときでも、常に冷静に対処することが可能です。その場の状況を的確に判断できるので、いざというときに頼られるケースも珍しくありません。

1-2.寡黙な人の特徴2:観察力がある

寡黙な人は周囲をよく見たあとに発言する内容やタイミングをうかがうので、観察力が高く、物事を客観的・多角的にとらえられます。小さな変化にも気づきやすいので、ミスの少ない仕事を実現させられるでしょう。

1-3.寡黙な人の特徴3:コミュニケーションが苦手

コミュニケーションや会話が苦手で、できればほかの人と話したくないと考えている点も、寡黙な人の特徴です。心を開くことも少ないので、自ら積極的に話しかけることはほぼありません。

1-4.寡黙な人の特徴4:単独行動が好き

寡黙な人は、大勢の人と行動するよりも、自分のペースに合わせながら1人でいるほうが好きです。1人でも楽しめる趣味を持っていたり、家でリラックスする時間を大切にしていたりする場合も珍しくありません。

2.寡黙な人に向いてる仕事

寡黙な人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてみてください。

以下では、寡黙な人におすすめの職業を解説します。

2-1.寡黙な人の適職1:校正・校閲

校正・校閲は、コンテンツに間違いがないか確認し、間違いやミスがあれば修正する職業です。校正と校閲には、下記のような違いがあります。

校正と校閲の違い

・校正:誤字脱字や誤植、色彩の修正

・校閲:校正の業務に加え、事実関係や不適切表現の修正と、内容に矛盾がないかの確認

 

寡黙な人が校正・校閲に向いてる理由は、以下の通りです。

観察力があるから

校閲・校正は間違いを見つける仕事なので、観察力が高い人が向いています。一字一句をしっかり確認し、違和感に気づけることができれば、お客さんに絶大な信頼を得られる校正者・校閲者になれるでしょう。

寡黙な人は観察力があるので、言葉の知識さえあれば校正・校閲の仕事で活躍できる可能性が高いです。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

校正・校閲は、文字と向き合うことが多い職業です。あまりコミュニケーションを取ることなく働けるので、会話や人付き合いが苦手な人も働きやすいでしょう。

また、在宅での仕事やフリーランスなどの案件も豊富にあるので、コミュニケーションが苦手なことも多い寡黙な人もストレスを溜めずに働けます。

2-2.寡黙な人の適職2:施設警備員

施設警備員とは、ビルや商業施設などで、事故・事件を防ぐために警備を行う職業です。寡黙な人が施設警備員に向いている理由は、以下の通りです。

常に冷静だから

ビルや商業施設で事件・事故が起これば、多くの人々が危険にさらされます。危険から守るためには、施設警備員が不審物や不審者などに目を光らせて、冷静に対応することが大切です。

寡黙な人は想定外の事態が起こっても冷静に対処できるので、命や財産をしっかり守れる施設警備員になれるでしょう。

単独行動が好きな人も働きやすいから

施設警備員は、1人で仕事を行うケースも珍しくありません。 自分のペースに合わせて仕事を行ったり、過剰な指図をされずに働けたりするため、1人で仕事を行いたい人にとって適職です。

1人行動を好む寡黙な人は、施設警備員のように単独でできる仕事を選ぶとストレスを溜めずに続けられます。

2-3.寡黙な人の適職3:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのビジュアルデザインを考え、制作する職業です。寡黙な人がWebデザイナーに向いている理由は、以下の通りです。

観察力があるから

Webデザイナーが技術を上げるには、自分で作成したデザインを客観視することが大切です。自分好みのデザインであっても、お客さんやWebサイトを見に来る人からすればイマイチであるパターンはよくあります。主観的に見るのではなく客観的に見ることで、よりよいデザインを作れる人材になれるでしょう。

寡黙な人は観察力があるので、客観視することにも長けています。寡黙な人は多角的な視点から物事を見られるので、お客さんが納得するデザインを作れるWebデザイナーになれます。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

インターネットが普及している今、世の中にはたくさんのWebサイトがあふれています。

その数だけ需要があるWebデザイナーは、正社員はもちろん派遣やクラウドソーシング、フリーランスなどと、複数の働き方ができる点も特徴的です。

無愛想な人はコミュニケーションが苦手なので、できれば仕事上の付き合いも避けたいと考えているでしょう。Webデザイナーは働き方によっては最低限のコミュニケーションで仕事を行えるので、寡黙な人も働きやすい職業です。

【未経験OKのWebデザイナー案件多数!】おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-4.寡黙な人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。寡黙な人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

常に冷静だから

プログラマーとして業務に携わっていると「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「実装方法がどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、予想外の出来事が起こっても冷静に対処できる能力や、最悪の場合に備えて作業を早めに終わらせる能力が必要です。

寡黙な人は、トラブルが起こっても冷静に対処できます。また、最悪の事態を常に想定して行動ができ、作業を早めに終わらせることも可能なので、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるプログラマーになれるでしょう。

単独行動が好きな人も働きやすいから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあれば独立してマイペースに仕事を行える職業でもあり、単独行動が好きなことも多い寡黙な人に向いている職業です。

2-5.寡黙な人の適職5:工場のライン作業員

工場のライン作業員とは、製品を大量生産するために、ベルトコンベアで流れる製品を扱う職業です。寡黙な人が工場のライン作業員に向いている理由は、以下の通りです。

常に冷静だから

工場のライン作業員は手作業で仕事を行うので、ミスをしてしまうこともあります。しかし、ミスを連発していては、職場やクライアントに大きな迷惑がかかってしまうでしょう。また、ミスをした製品を作り直さなければならず、余計な手間がかかるケースも珍しくありません。

寡黙な人は冷静かつ慎重に行動でき、几帳面に作業を行えるので、ミスの少ないライン作業員になれます。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

工場のライン作業は、黙々と作業を進めることが求められます。作業中にほかの人と話すこともないので、コミュニケーションが苦手な人にとっては適職でしょう。

寡黙な人はコミュニケーションや会話を好まないものの、1人でコツコツと真面目に仕事ができるので、質の高い製品を着実に作れるライン作業員として尊敬されます。

工場求人ナビ

2-6.寡黙な人の適職6:客室清掃

客室清掃(ホテル清掃)とは、下記のような業務を行って、快適に過ごせるホテルを作る職業です。

客室の清掃 客室のゴミ回収や水回りの拭き掃除、掃除機掛けをする
リネン類の交換 シーツやタオルを交換する
ベッドメイキング シーツや布団をシワひとつないように伸ばしてセットする
アメニティの補充 シャンプーや歯ブラシ、コップなどを補充・交換する

寡黙な人が客室清掃に向いている理由は、以下の通りです。

観察力があるから

客室清掃は、細かいゴミや汚れに気づける人が向いています。寡黙な人のように観察力が高く、些細な部分にも気を配れる人は、客室清掃員として活躍できるでしょう。

また、客室清掃にはさまざまな仕事があります。効率的に行って早く作業を行うには、よりよい方法を考えられる観察眼が必要不可欠です。そのため、優れた観察眼を持っている寡黙な人にとって適職です。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

客室清掃は1人で黙々と行うので、会話や人付き合いが苦手な人もストレスを感じずに働けます。また、監視の目もなく、マイペースに行うことができる仕事なので、コミュニケーションが苦手なことも多い寡黙な人も働きやすいでしょう。

2-7.寡黙な人の適職7:トラック運転手

トラック運転手(トラックドライバー)とは、運送会社に勤務して、人々の生活や企業の運営に必要な物資を届ける職業です。寡黙な人がトラック運転手に向いている理由は、以下の通りです。

常に冷静だから

トラック運転手は、市内・県内を飛び回る短距離ドライバー・中距離ドライバーから、全国各地を駆け巡る長距離ドライバーまでいます。短距離・中距離でも集中して運転を行わなければなりませんが、長距離は特に冷静な運転を行うことを求められます。

寡黙な人が持つ冷静な性格を生かすには、トラック運転手が最適です。冷静さを失わずに運転を行うことで、重大事故を防いで安全運転で配達を行えるトラック運転手になれるでしょう。

単独行動が好きな人も働きやすいから

勤務時間中に人とかかわる時間が圧倒的に少ない職業の1つがトラック運転手です。人付き合いが苦手な人や人嫌いの場合でも働きやすく、ほかの人と密接にかかわることなく仕事を行えます。

また、休憩や飲食を自由に行うことも可能です。長距離トラック運転手であれば、行く先々の料理やお土産を1人で見る時間がある場合も多く、空いた時間を有効に使えます。

寡黙な人は単独行動を好みます。トラック運転手は、勤務時間中も1人でマイペースに過ごせるため、寡黙な人にとってストレスを感じにくい職業です。

MIIDAS

3.寡黙な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

寡黙な人は自分のペースを大切にしている場合も多い傾向です。そのため、下記のような自由度が高い仕事や会社を選ぶと、ストレスを感じずに働けるでしょう。

働く場所が自由 会社だけにとどまらず、家や外でも働ける仕事や会社です。
会社に属さずフリーランスになったり、独立したりすることができる職業もおすすめです。
働く時間が自由 裁量労働制やフレックスタイム制を取っており、働く時間帯を選べます。
また、自営業や自由業でも働く時間を自由に決められるでしょう。
休憩を自由に取れる仕事や会社も向いています。
裁量権が大きい 上司からの指示を受けず、自分の意思で行動して自由に働けます。
ルールに縛られないので、マイペースに働くことが可能です。

 

ご紹介した7つの職業はどれも自由度が高いので、ぜひ仕事選びの参考にしてみてください。

4.まとめ

寡黙な人には「校正・校閲」「施設警備員」「Webデザイナー」「プログラマー」「工場のライン作業員」「客室清掃」「トラック運転手」といった職業が向いています。また、ストレスを溜めずに働くためにも、自由度が高い仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア