あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

コミュ障の人におすすめの職業とは?かかわりが少ない仕事も紹介

ほかの人と上手なコミュニケ-ションを取れなかったり、相手の立場になって考えたりすることができず、悩んでいる人がいます。さらに「せっかくならコミュ障の人に向いている職業に就きたい」と考えていることも多いでしょう。

そこでこの記事では、コミュ障の人におすすめの職業について紹介します。コミュ障の人が会社・仕事選びで重視するべき点についても紹介するため、自分に合った職業を探しているコミュ障の人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1.コミュ障の人ってどんな人のことを言うの?

コミュ障の人(コミュニケ-ション障害)とは、掲示板やSNSで使われるネットスラングであり、ほかの人とかかわることが苦手な人のことを指します。ネットスラングとして使用される「コミュ障の人」は軽い意味で使用されることが多く、「コミュ症」とも呼ばれます。

コミュ障の人には、下記の通り2種類のタイプが存在します。

アッパー系・ダウナー系の特徴

■ダウナー系コミュ障の人

ダウナー系コミュ障の人とは、人とかかわりを持つことに消極的なコミュ障の人のことです。すぐに緊張してしまい、自己主張を行うことを苦手とします。

ダウナー系コミュ障の人は、自分がコミュ障の人であることを自覚しているため、ほかの人とコミュニケ-ションを取ることに苦手意識があります。

 

■アッパー系コミュ障の人

アッパー系コミュ障の人とは、自己主張が強いコミュ障の人のことです。

アッパー系コミュ障の人はコミュニケ-ションを取ることが苦手だとは思っておらず、積極的に人と話すといった特徴があります。しかし、空気を読んだり、気遣ったりすることができず、人間関係を無意識に悪くさせることも珍しくありません。

 

※この記事で使用する「コミュ障の人」は、医学的に診断されるものではなくネットスラングのような軽い意味合いです。さらに、コミュ障の人の自覚がある「ダウナー系コミュ障の人」の意味で使用します。

2,コミュ障の人の特徴

コミュ障の人には、デメリットとなりがちな性格・心理などの特徴だけではなく、メリットとなる特徴も複数存在します。コミュ障の人の特徴を改めて認識し、正確な自己分析を行いましょう。

以下では、コミュ障の人の特徴を解説します。

2-1.コミュ障の人の特徴1:空気が読める

コミュ障の人は、空気を読みすぎて空回りをしてしまいます。「この発言をしたら相手が傷つくかもしれない」「今話しかけたら迷惑がられるかもしれない」などと考えすぎるあまり、コミュニケ-ションを取る機会を失いがちです。

空回りをしすぎて、「コミュ障の人=空気が読めない」といった不本意なイメージを抱かれることも珍しくありません。

2-2.コミュ障の人の特徴2:会話ができない

コミュ障の人は、会話のキャッチボールが上手に行えません。質問に短い返事で答えたり、雑談や世間話の際にしゃべれなくなったりすることも多い傾向です。

さらに、緊張しがちな面もあり、会話中に挙動不審になるケースもあります。

2-3.コミュ障の人の特徴3:ネガティブ

マイナス思考に陥りやすい点もコミュ障の人の特徴です。悪いことばかりを想像してしまい、否定的になってしまいます。

ネガティブなあまり、「あの発言で嫌われたかもしれない」「次からはこうやって言おう」などと、寝る前に1人反省会をしているコミュ障の人も多いでしょう。

2-4.コミュ障の人の特徴4:集中力が高い

コミュ障の人は会話には集中できませんが、ほかのことについては高い集中力を発揮します。

細かい作業でも高いパフォーマンスを維持でき、趣味や仕事で一目置かれているコミュ障の人も少なくありません。

2-5.コミュ障の人の特徴5:集団が苦手

コミュ障の人は複数人で行動するよりも1人で行動することが好きで、集団で行動することを苦手とします。ほかの人とのコミュニケーションを頑張りすぎるあまり気疲れしてしまうため、単独行動をするほうが気楽と考えています。

集団で行動せざるを得ないときは、空気になってひっそりと過ごすことが多い傾向です。

2-6.コミュ障の人の特徴6:SNSでは発言できる

現実世界ではうまくしゃべれないコミュ障の人は、SNSの中ではよくしゃべります。SNSだとおしゃべりになる理由は、SNS内では好きなことを自由に表現できるためです。

文章を生み出すことが得意で、難しい表現を好むコミュ障も珍しくありません。

2-7.コミュ障の人の特徴7:インドア派

ゆっくりリラックスできる自宅では、ほかの人と会ったり、無理にコミュニケーションを摂ったりする必要がありません。コミュ障の人もインドア派であることが多く、好きなことを存分に家で楽しみます。

アニメ鑑賞やゲーム、料理や掃除など、家の中で行う趣味を持っているコミュ障も少なくないでしょう。

3.コミュ障の人に向いている仕事7選

「コミュ障の人には天職などない」と思われがちですが、コミュ障の人に向いている仕事は複数あります。コミュ障の人の強みを活かした就職・転職をし、活躍できる環境で働きましょう。

以下では、コミュ障の人に向いている仕事について、7つ解説します。

3-1.コミュ障の人の適職1:SNSマーケター

SNSマーケターとは、SNSを通じて企業やビジネスのマーケティングを行う職業です。しつこい人がSNSマーケターに向いている理由は、以下の通りです。

空気が読めるから

コミュ障の人は空気が読めます。さらに、空回りしやすい傾向ですが、気配りや気遣いをすることも可能です。

SNSマーケターは、対面ではなくSNSを通じてマーケティングを行うため、コミュ障の人でも慌てず文章を考えられます。空気が読めることから、機転をきかせてよりよい広告にしたり、顧客の心に届きやすい言葉やSNSの運用方法を考えることができたりするでしょう。

SNSでは発言できるから

コミュ障の人は対面ではコミュニケーションを取ることが難しいですが、SNSだと自由に発言できるといった特徴があります。

SNSマーケターはSNSを使って業務を行うため、コミュ障の人でも働きやすい職業です。

3-2.コミュ障の人の適職2:溶接工

溶接工とは、高熱を扱って機械部品の製造や加工を行う職業です。コミュ障の人が溶接工に向いている理由は、以下の通りです。

ネガティブな性格がメリットとなるから

溶接作業は高熱を扱うため、火傷のリスクを伴います。そのため、溶接工には安全に作業を行える人が向いています。

コミュ障の人が持つ特徴の1つである「ネガティブな性格」には、慎重で安全に行動できるといった長所があります。コミュ障の人が溶接工になることで、自分だけではなく周囲の安全も確保しながら働くことができるでしょう。

集中力が高いから

溶接工は、安全に作業をするだけではなく作業工程に遅れを生じさせないためにも、高い集中力を必要とします。

コミュ障の人が持つ高い集中力は、溶接作業においても活かすことが可能です。

3-3.コミュ障の人の適職3:新聞配達員のアルバイト

新聞配達員のアルバイトは、新聞購読契約をしている家庭に新聞を配達する職業で、新聞配達以外にも下記のような仕事を行います。

新聞配達員のアルバイトの業務内容例 

・荷下ろし:印刷所から配達された新聞をトラックから下ろす

・チラシの折り込み:チラシを新聞紙の中に差し込む

 

コミュ障の人が新聞配達員のアルバイトに向いている理由は、以下の通りです。

会話ができなくても働きやすいから

正社員として働く新聞配達員が担当する仕事には、購読者の新規開拓をしたり、集金を行ったりするなど、コミュニケーションを取らなければならない業務があります。

一方で、アルバイトは購読者とコミュニケーションを取ることなく黙々と配達やチラシの折り込み作業を行えます。

コミュ障の人は会話ができないという特徴がありますが、新聞配達員のアルバイトであれば会話をせずに働けるためおすすめです。

集団が苦手でも働きやすいから

トラックからの荷下ろし作業はほかの新聞配達員アルバイトと行う必要がありますが、チラシの折り込みや配達はチーム作業をすることなく自分のペースで働けます。

コミュ障の人の中には、集団行動が苦手な人が多い傾向です。新聞配達員のアルバイトであれば単独で仕事を行う時間が長いため、気疲れすることなく勤務できます。

3-4.コミュ障の人の適職4:国税調査官

国税調査官とは、税金が正しく申告・納付されているかチェックを行う職業です。コミュ障の人が国税調査官に向いている理由は、以下の通りです。

ネガティブな性格がメリットとなるから

国税調査官は、税金に関する不正を防止するためにも、納税者が提出する帳簿と申告書類を性格に照らし合わなければなりません。

コミュ障の人が持つネガティブな性格には、何ごとにも慎重であるといったメリットも併せ持ちます。何ごとにも慎重なコミュ障の人が国税調査官になることで、納税の不正を防止し、すべての納税者に平等を与えられることができるでしょう。

集中力が高いから

確定申告が行われる2~3月の時期は、国税調査官も繁忙期を迎えます。繁忙期にも納税に関する書類をしっかりチェックしなければならないため、高い集中力が求められます。

集中力が高い人が老いコミュ障の人は細かい作業も集中して行えるため、国税調査官になることで、集中力を切らさずに正確な仕事を行うことが可能です。

3-5.コミュ障の人の適職5:芸術家

芸術家とは創造活動をする職業で、ジャンルは下記の通り多岐にわたります。

芸術家の活動内容例 

・美術系:絵画・彫刻

・音楽系:作詞作曲・演奏・歌唱

・身体表現系:舞踊:演劇

・工芸系:陶芸

 

コミュ障の人が芸術家に向いている理由は、以下の通りです。

会話が苦手でも働きやすいから

芸術家は、1人で創作活動を行ってほかの人と会話をせずに仕事ができる場合も珍しくありません。

有名な芸術家の中にはコミュ障であったと思われる人も多く、会話が苦手なコミュ障の人が続けやすい職業とも言えるでしょう。

インドア派でも働きやすいから

芸術性の高い仕事は家の中で完結できます。芸術家はまさに芸術活動を仕事にする職業のため、インドア派のコミュ障の人も働きやすい傾向にあります。

また、自宅で完結できることから誰にも邪魔をされずに創作活動ができ、ほかの人があっと驚くような芸術を生み出すコミュ障の人も少なくありません。

3-6.コミュ障の人の適職6:システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、システムやソフトウェア開発を行う職業です。

プログラマーが中心になって行う下流工程とは違い、システムエンジニアでは上流工程を担っています。システム・ソフトウェア開発における上流工程・下流工程とは、下記のような作業を言います。

上流工程・下流工程の業務内容例 

■上流工程(システムエンジニアが中心になって行う)

・企画

・顧客へのヒアリング

・設計書・仕様書作成

 

■下流工程(プログラマーが中心になって行う)

・プログラミング

・テスト

 

コミュ障の人がシステムエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

空気が読めるから

システムエンジニアは、顧客の要望や課題に沿ってシステムを企画・設計を行います。顧客の中には、要望を上手に言語化できない人も多いため、システムエンジニアには要望や解決するべき課題を汲み取る力が必要です。

コミュ障の人は空気が読め、顧客が本当に欲しがっているシステムの内容を汲み取ることができ、顧客に感謝されるシステムエンジニアになれるでしょう。

会話が苦手でも働きやすいから

システムエンジニアは、設計するシステムを企画するために顧客と会話やコミュニケーションを取る必要があると考えている人も多いかもしれません。

確かに、システムエンジニアは顧客とコミュニケーションを取る必要があります。しかし、顧客が話してくれる悩みや課題を聞くことが最優先のため、主張や会話が苦手なコミュ障の人でも働きやすい傾向です。

3-7.コミュ障の人の適職7:Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く職業です。コミュ障の人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

SNSでは発言できるから

Webライターは、正確な情報を記載するだけではなく、ほかのWebライターとの差別化を行うためにも個性を活かしたテーマや文章を作成することが求められます。

コミュ障の人は対面での会話ができなくとも、SNSに限らず画面上での発言は得意な傾向です。コミュ障の人がWebライターの仕事を行うと、独特な感性と華麗な言葉選びを活かした人気ライターになれるでしょう。

インドア派でも働きやすいから

Webライターはどこでも手軽に行える仕事のため、在宅勤務が可能な会社があります。さらに、副業やフリーランスといった働き方では、一切外に出ず、すべて自宅で仕事を完結させられることもできます。

コミュ障の人はインドア派で、できるだけ外に出ず過ごしたいと考えるケースも多いでしょう。Webライターは誰でも始めやすい職業でもあり、自宅で手軽に行えるため、外に出たくないコミュ障の人にもおすすめです。

4.コミュ障の人が仕事・会社選びで重視するべきこと

コミュ障の人がストレスなく働くためには、「人とのかかわりが少ないか」といった点を重視することが大切です。お客さんや会社内部の人とのかかわりが少ないか、もしくは文章を通してかかることが多いかに注目すると、苦手なコミュニケ-ションを取らずに働けます。

また、システムエンジニアのようにお客さんと対面でかかわらなければならない仕事であっても、受け身の姿勢を取ることが多い仕事であれば、ストレスフリーで働ける傾向です。

5.まとめ

コミュ障の人には「SNSマーケター」「溶接工」新聞配達員のアルバイト」「国税調査官」「芸術家」「システムエンジニア」「Webライター」といった職業がおすすめです。精神的な負担が少ない環境で働くためにも、お客さんや会社内部の人とのかかわりが少ない仕事・会社を選びましょう。

「こんな仕事をやってみたい」「自分の性格に合う職業を見つけたい」「仕事もプライベートも充実させたい」「たくさん稼ぎたい」「人の役に立ちたい」など、実現したい将来はありますか?転職を成功させて夢を叶えるためにも、ぜひ転職エージェントや転職サービスに登録して求人をチェックしてください。

転職エージェントや転職サービスは複数登録すると下記のメリットがあります。

複数の転職サービスを利用するメリット  ・多くの求人情報をチェックして選択肢を広げられる
・自分に適した転職サービスを選べる
・1つの転職サービスだけでは受けきれないサービスをカバーできる
・違う視点からのアドバイスを受けられる

 

数ある転職エージェント・転職サイトの中から厳選した3つの転職サービスは下記の通りです。人気の求人は早い者勝ちなので、ぜひ3つとも登録してみてください。

【1位】マイナビエージェント

マイナビエージェントには下記の特徴があります。

マイナビエージェントの特徴・求人数が多い
・専門性が高い
・多くの業界と深いつながりがある
・40代以降の求人もある
・転職ノウハウを紹介してもらえる
・企業との給与交渉を行ってもらえる
 
マイナビエージェントは転職エージェントです。幅広い職種に対応しているだけではなく、20代・30代の求人はもちろんのこと40代以降の求人もあり幅広い年代に対応しているので、どのような人でも利用しやすいという特徴があります。
完全無料で利用できるにもかかわらずサポートも手厚いので、強くおすすめできる転職エージェントです。
 


【2位】パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアには下記の特徴があります。

パソナキャリアの特徴・求人やアドバイザーの質が高い
・求人の半数が年収800万円以上のハイクラス求人
・年収交渉に強い
・女性への転職サポートも充実している
・地方の企業の情報も入手しやすい
パソナキャリアは転職エージェントです。パソナキャリアで転職した後の年収アップ率は約67.1%です。応募前には企業の職場の人間関係や雰囲気を教えてもらえたり、面接や書類作成の手厚い指導を受けられたりするので、転職する上での不安も払拭できます。
女性の転職に関する知識が豊富な女性アドバイザーもおり、産休や育休が取りやすい職場や、女性が管理職になったケースがある職場なども教えてもらえます。完全無料なのでぜひ登録してみてください。

 


【3位】転職会議

転職会議には下記の特徴があります。

転職会議の特徴・企業の口コミの数が国内最大級
・リアルな口コミを知れる
・求人数が多い
・年収の推移を見られる

転職会議は転職サイトです。転職会議に投稿された口コミ件数は300万件以上にのぼります。年収や残業時間、社風、退職理由などの企業のリアルな口コミを見ることができるので、書類選考や面接の対策も練られるでしょう。

複数の大手転職サイトの求人情報を取り扱っているため、求人数も国内最大級です。さらに、転職会議のサービスの1つである「年収まとめ」では、年齢や勤続年数に応じた年収の推移を見られます。

 

パソナキャリア