あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

頑固な性格の人の適職って?頑固者にも向いてる仕事は複数ある!

自分の非を認められなかったり、どのような場面でも意見を通さなければ気が済まなかったりする頑固な性格の人は一定数います。頑固な人の特徴や性格にはデメリットが多いと思われる場合もありますが、実は、頑固な人には仕事をする上でメリットとなるものも複数あります。

そこでこの記事では、頑固な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、頑固な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.頑固な人の特徴とは|性格や心理も

頑固とは、考えや意見を頑なに主張する様子を意味します。頑固な人は一度決めたことをやり抜き、クオリティの高いものを作れるという長所があります。

以下では、頑固な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.頑固な人の特徴1:流されない

頑固な人は、人の意見や自分の感情に流されることはありません。意見を押し通せるので、リーダー役としても最適です。

1-2.頑固な人の特徴2:こだわりが強い

頑固な人はこだわり深く、納得するまで妥協をせずに徹底的にやり遂げます。特に、興味があることや好きなことについては高い集中力を発揮し、寝食を忘れて熱中するケースも珍しくありません。

1-3.頑固な人の特徴3:感情表現が苦手

喜怒哀楽を表すのが苦手で、無口・無表情でいることが多いところも、頑固な人の特徴です。表情が固いため、「何を考えているのか分からない」「怖い」と思われることもあるでしょう。

1-4.頑固な人の特徴4:負けず嫌い

頑固な人にはプライドが高い一面もあり、勝ち負けにこだわります。「自分の意見や考えが一番正しい」「強くいたい」と考えており、負けを認めようとはしません。

1-5.頑固な人の特徴5:マイペース

頑固な人は、ほかの人にペースを乱されることが苦手です。自分の思い通りに事を進めたいとも思っているので、協調性がないと思われることもあるものの、常に冷静に対処できるので頼りがいのある人物です。

2.頑固な人に向いてる仕事

頑固な人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、頑固な人におすすめの職業を解説します。

2-1.頑固な人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。頑固な人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

負けず嫌いな性格が強みになるから

営業は、同業他社だけではなく、同社の営業職もライバルです。売上や成績の順位表が会社に貼り出されることも多く、競争社会と言っても過言ではありません。

また、売上や成績に応じて基本給与とは別に歩合やインセンティブがもらえることも多く、モチベーションを上げながら働けます。

頑固な人は負けず嫌いで、ほかの人や過去の自分に勝とうと努力できるため、トップセールスマンとして活躍できる可能性を秘めています。

マイペースな性格の人も働きやすいから

営業は、自分のペース配分で仕事ができるだけではなく、予定や営業方法も自分で決めることができる場合も珍しくありません。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

そのため、営業は、頑固な人のようなマイペースな性格の人にも働きやすい仕事です。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.頑固な人の適職2:コンサルタント

コンサルタントとは、お客さんからの相談を受けて、課題と解決策を提案する職業です。頑固な人がコンサルタントに向いている理由は、以下の通りです。

流されないから

コンサルタントが仕事を進めるにあたり、意見がぶつかることは避けられません。しかし、意見が対立したとしても、自分の考えが本当に必要なことであれば、考えを主張したほうがよいでしょう。また、対立時に芯がぶれる人は、お客さんから「頼りない」と思われる場合もあります。

頑固な人はほかの人の意見に流されず、自分の考えを主張できるので、お客さんと良好な信頼関係を築けるコンサルタントになれるかもしれません。

負けず嫌いな性格が強みになるから

コンサルタントは、年収や評価を実力主義・成果主義によって決められます。能力やスキル、会社にもたらした利益などによって年収や評価が決まり、モチベーションを上げながら働くことが可能です。

頑固な人は負けず嫌いなので、実力主義や成果主義の職業を選ぶと、特徴や性格を発揮できます。そのため、スキルや能力をしっかりと身につけ、どの分野でも活躍できるコンサルタントになれるでしょう。

2-3.頑固な人の適職3:Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く職業です。頑固な人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

こだわりが強いから

Webライターは世界中の人に記事を発信するので、一言一句までこだわって記事を作成しなければなりません。頑固な人はこだわりが強いので、プロ意識を持って仕事ができるでしょう。

また、Webライターは、正社員として働くだけではなく、独立したり、フリーランスとして働いたりすることも可能です。1人でネタを決めることもでき、頑固な人ならではのこだわった記事を作れます。

マイペースな性格の人も働きやすいから

Webライターは、フリーランスとして1人で働くこともできます。フリーランスWebライターになると、受注する記事数や収入、休憩時間や休日なども自分で好きに決めることが可能です。

頑固な人は、自分のペースを保ちたいと考えていることも多いので、マイペースに働けるWebライターとの相性がよいでしょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-4.頑固な人の適職4:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。頑固な人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

流されないから

研究職では、事実と結果を重視する人が求められます。世間の意見や一般常識に流されずに研究を続けると、成功につながりやすくなるでしょう。

頑固な人は流されません。そのため、ほかの人の意見や感情に惑わされることなく、計画や問題点を自分自身で考えながら確実な研究ができる人材になれるかもしれません。

感情表現が苦手な性格がメリットになるから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずに感情的になってしまう人もいます。さらに、感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

頑固な人は感情に揺さぶられないため、成果が出なくても諦めずに研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

MIIDAS

2-5.頑固な人の適職5:芸術家

芸術家とは創造活動をする職業で、ジャンルは下記の通り多岐にわたります。

ジャンル
美術系 絵画・彫刻
音楽系 作詞作曲・演奏・歌唱
身体表現系 舞踏・演劇
工芸系 陶芸

頑固な人が芸術家に向いている理由は、以下の通りです。

流されないから

ほかの人の意見や感情に流されず、自由で常識にとらわれない独自の世界観を持っていれば、ほかの芸術家と差別化ができるでしょう。

頑固な人は流されないため、クリエイティブな活動にも向いています。未経験でも、挑戦してみれば世間に強い影響を与えられるような芸術家になれるかもしれません。

こだわりが強いから

こだわり深い人は、直感的・感覚的に行動する場合も珍しくありません。また、些細なところにもこだわれるので、クオリティの高いものを作り上げられます。

頑固な人はこだわりが強いので、完成度の高い作品を作り、人気の芸術家になれるでしょう。

2-6.頑固な人の適職6:工場のライン作業

ライン作業とは、ベルトコンベアーに流れてくる部品を組み立てて製品を作る仕事で、「部品の組み立て」「食品の製造・梱包」「化粧品の容器詰め・ラベル貼り」などの作業を行う職業です。頑固な人がライン作業に向いている理由は、下記の通りです。

感情表現が苦手な人も働きやすいから

ライン作業では、チーム内で生産目標を立てていることもありますが、ライン作業自体は1人で行います。

人とかかわることなく黙々と働けるため、感情表現が苦手で、怖い雰囲気を身にまとっていると思われがちな頑固な人も働きやすい環境です。

マイペースな性格がメリットになるから

工場のライン作業は、黙々と作業を進めることが求められます。マイペースな人は自分のペースで仕事を進め、コツコツと頑張れるといった特徴を持っています。

頑固な人はマイペースで、工場のライン作業を着々と行うことができるため、製品を着実に作ることが可能です。

工場求人ナビ

3.頑固な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

頑固な性格の人は、否定的な意見を言われると、自分自身が否定されたような気持ちになるため、精神的に弱いことも多い傾向です。そのため、下記のようにストレスが溜まりにくい仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

ストレスが溜まりにくい仕事や会社の特徴  

・人間関係が良好

・残業が少ない

・プレッシャーが少ない

・精神的・肉体的な疲労が少ない

 

また、頑固な人には、コミュニケーションが苦手で、マイペースに行動したいと考えている面もあるため、下記のように自由度の高い仕事・会社を選ぶことも良いでしょう。

自由な仕事や会社の特徴

働く場所が自由 会社だけにとどまらず、家や外でも働ける仕事や会社です。
会社に属さずフリーランスになったり、独立したりすることができる職業もおすすめです。
働く時間が自由 裁量労働制やフレックスタイム制を取っており、働く時間帯を選べます。
また、自営業や自由業でも働く時間を自由に決められるでしょう。
休憩を自由に取れる仕事や会社も向いています。
裁量権が大きい 上司からの指示を受けず、自分の意思で行動して自由に働けます。
ルールに縛られないので、マイペースに働くことが可能です。

4.まとめ

頑固な人には「営業」「コンサルタント」「Webライター」「研究職」「芸術家」「工場のライン作業」といった職業が向いています。また、長く働ける職場を見つけるためにも、ストレスが溜まりにくい仕事や会社、自由度の高い仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア