あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

器の大きい人に向いてる仕事は複数アリ!人生を彩る適職を紹介

小さいことを気にしないため、「器が大きいね」と言われた経験のある人は一定数います。実は、器が大きい人には、仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、器が大きい人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、器が大きい人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.器の大きい人の特徴とは|性格や心理も

「器が大きい」とは、度量が広く、些細なことを気にしないことを意味します。器が大きい人はいつも笑顔で、社交性も高いので、周囲からの評判も得られやすいです。

以下では、器が大きい人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.器の大きい人の特徴1:責任感が強い

器が大きい人は、自分の言動に責任を持っています。もし問題が起きても、最後まで背菌を持って取り組むので、誰かに迷惑をかけることも滅多にありません。

1-2.器の大きい人の特徴2:気持ちに余裕がある

器が大きい人は、何に対しても余裕があるので、ほかの人がミスをしたとしても慌てたり怒ったりすることはありません。いつもどっしりと構えているので、ほかの人にも優しく接することが可能です。

1-3.器の大きい人の特徴3:観察力がある

物事を客観的に見ることができ、観察力にも優れているところも、器が大きい人の特徴です。全体像をとらえながら判断できるので、細かいことが気にならなかったり、問題に早く気づけたりするメリットもあります。

1-4.器の大きい人の特徴4:常に冷静

器が大きい人は自分の感情や人の意見に流されないので、常に冷静に対処ができます。イレギュラーな事態が起こったとしてもうろたえないので、ほかの人から頼りにされていることも多いでしょう。

1-5.器の大きい人の特徴5:前向きでポジティブ

器が大きい人はいつもプラス志向なので、物事を好転させられます。また、ミスや失敗をしても落ち込まず、すぐに気持ちを切り替えられるので、ほかの人よりも成長しやすいです。

2.器の大きい人に向いてる仕事

器が大きい人は、働く上で強みとなる特徴や性格が多数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、器が大きい人におすすめの職業を解説します。

2-1.器の大きい人の適職1:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。器が大きい人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

責任感が強いから

商品開発職は、売れる商品を作るという使命感や、安心・安全な商品を作るという責任感のもとで仕事が行われます。

また、実際に商品を世に出せるようになるまでは多大な時間を要するので、強い責任感を持って粘り強く仕事を行える人が適性です。

器が大きい人は責任感が強いので、1つでも多くの商品を世に出し、世の中によい影響を与えられる商品開発職になれるでしょう。

前向きでポジティブだから

商品開発職では、自分がよいと思ったアイデアをダメ出しされる場合も多くあります。そのため、ダメ出しをされる度に落ち込み、アイデアを出すことが怖くなってしまう人にとっては、商品開発職は辛いと思うかもしれません。

一方、器が大きい人はポジティブで気持ちの切り替えが早く、ダメ出しをされてもめげずにアイデアを出し続けられるので、よりよい商品を生み出しやすいでしょう。

MIIDAS

2-2.器の大きい人の適職2:保育士

保育士とは、0歳から6歳までの乳幼児を預かり、心身を発達させるために、保護者に代わって子育てや教育を行う職業です。器が大きい人が保育士に向いている理由は、以下の通りです。

責任感が強いから

保育士は、預かる子どもの安全や健康を守ることが必要不可欠です。子どもの体調が悪くなったり、ケガをしたりしたときに、迅速で適切な対処をできるような人が向いているでしょう。

器が大きい人は強い責任感のもとで仕事を行えるので、子どもたちをしっかりと守りながら、保護者に信頼される保育士になれます。

常に冷静だから

保育士は、子どもたちの命を預かる職業です。そのため、何事にも細心の注意を払いながら冷静に仕事ができる人が向いています。

嘘がつけない人は常に冷静に保育を行えるので、安全な環境を作り、子どもたちの家族やほかの保育士に感謝される保育士になれるでしょう。

2-3.器の大きい人の適職3:品質管理

品質管理とは、消費者に安心安全な商品やサービスを提供するために、品質を検査・管理する職業です。器が大きい人に品質管理職が向いている理由は、以下の通りです。

責任感が強いから

製品やサービスの品質がよくなければ、消費者の信用失墜につながるだけではなく、健康を害する事態になることがあります。クオリティの高い製品やサービスを提供するには、強い責任感のもとで徹底的に検査をすることが必要です。

器が大きい人は責任を持って発言をしたり行動をしたりできるので、品質管理職になると、消費者が満足するような品質を提供できる人材になれるでしょう。

観察力があるから

品質管理を行う上での必須スキルが観察力です。些細な事象が大きな品質低下につながることもあり、細かいところまで原因究明を行わなければなりません。

器が大きい人は観察力があり、細かい事象でも見落とさない仕事ができる品質管理職として活躍できます。

ハタラクティブ

2-4.器の大きい人の適職4:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。器が大きい人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

観察力があるから

研究では、大量のデータの中から気になる点を見つけ出さなければなりません。優れた観察眼を持っていればさまざまな視点であらゆる事象を見られるため、未知の物事を見つけやすい傾向です。

器が大きい人が優れた観察眼を生かして研究職になると、新しい発見で世の中をよりよいものにできる人物になれるでしょう。

前向きでポジティブだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

器が大きい人はポジティブなので、成果が出なくても積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

2-5.器の大きい人の適職5:介護士

介護士とは、高齢者や障害者などの介護を必要とする人に従事して、身の回りのお世話をする職業です。器が大きい人が介護士に向いている理由は、以下の通りです。

気持ちに余裕があるから

介護士は、介護施設で起こった予想外のできごとを対処しなければなりません。そのため、万が一のことが起こってもうろたえず、冷静に対処できる人が向いています。

器が大きい人は気持ちに余裕があり、問題の解決策を柔軟に考えられるので、利用者やほかの介護士に信頼される介護士になれるでしょう。

常に冷静だから

介護施設では、予想外のできごとやトラブルが起きることもあります。普段から冷静沈着な対応を取れる人は万が一の事態が起こっても落ち着いて対処できるため、介護士に向いています。

器が大きい人は常に冷静な対応ができるので、ほかの介護士だけではなく、利用者や家族からも重宝される介護士になれるでしょう。

かいご畑

2-6.器の大きい人の適職6:看護師

看護師とは、医師の補助や健康上の問題がある人のケアを通して、人々の健康を守る職業です。器が大きい人が看護師に向いている理由は、以下の通りです。

気持ちに余裕があるから

患者さんへの正確な対応や医療ミスの防止が欠かせない看護師は、何が起きてもすぐ対応し、冷静に解決できる力を身に付けなければなりません。

器が大きい人は気持ちに余裕があるため、冷静な対応ができるだけではなく、問題の対処法や予防策を考えることも可能です。そのため、器が大きい人が看護師になると、看護師の同僚や先輩だけではなく、医師や患者からの評判も得られる人物になれるでしょう。

前向きでポジティブだから

看護師は患者の健康や命を守れる職業であり、多くのやりがいや魅力を感じる仕事でもありますが、ストレスが溜まることもないとは言えません。夜勤で体力を消耗したり、患者を助けられなかったり、人間関係が良好でなかったりする病院もあります。そのため、ストレス耐性がない人にとっては、看護師の仕事は辛いと思うかもしれません。

一方で、器が大きい人はポジティブなので、ストレスを抱え込まずに仕事ができます。逆境にも強く、多くの患者をサポートできる看護師になれるでしょう。

2-7.器の大きい人の適職7:システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、システムやソフトウェア開発を行う職業です。プログラミングやテストなどの下流工程を行うプログラマーとは違い、企画や顧客へのヒアリング、設計書・仕様書の作成などの上流工程を担当します。器が大きい人がシステムエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

常に冷静だから

システムエンジニアとして業務に携わっていると「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「実装方法がどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、予想外の出来事が起こっても冷静に対処できる能力や、最悪の場合に備えて作業を早めに終わらせる能力が必要です。

器が大きい人は、トラブルが起こっても冷静に対処できます。また、最悪の事態を常に想定して行動ができ、作業を早めに終わらせることも可能なので、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるシステムエンジニアになれるでしょう。

観察力があるから

システムエンジニアとして業務に携わっていると「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「実装方法がどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。そのため、トラブルが起こった際にもパニックにならず、物事を客観的に見ながら解決方法を探れる人が向いています。

器が大きい人は多角的な視点を持っているので、問題も早期に発見・解決でき、感謝されるシステムエンジニアになれます。

3.器の大きい人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

器が大きい人は性格面で優秀であり、どの職業を選んでも活躍することが可能です。そのため、「会社に貢献できるか」ではなく、「やりがいを感じるか」といった視点で仕事を選びましょう。やりがいを感じられる仕事や会社の特徴は、下記の通りです。

やりがいを感じられる仕事・会社の特徴 

■周囲から評価される機会が多い

・社会に貢献できる

・感謝されることが多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

 

■将来性がある

・職業の将来性がある

・自分も成長できる

 

器が大きい人がストレスなく楽しんで仕事を行うためにも、やりがいを重視した職業・会社選びを行いましょう。

4.まとめ

器が大きい人には「商品開発」「保育士」「品質管理」「研究職」「介護士」「看護師」「システムエンジニア」といった職業が向いています。また、ストレスを溜めない環境で働くためにも、やりがいを重視して仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア