あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

打たれ強い人・へこたれない人に向いてる仕事やおすすめの職業

逆境に強く、失敗やミスをしてもへこたれず、打たれ強い人がいます。打たれ強い人の特徴や性格はよいものが多いですが、働く上でも役立つものも同じく多いです。

そこでこの記事では、打たれ強い人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を紹介します。打たれ強い人が仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、打たれ強い人の特徴に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください!

 

 

1.打たれ強い人の特徴|性格や心理も

打たれ強いとは、逆境に負けない強さを持った人を言います。挫折をせずに頑張ることができるので、ほかの人よりも早く成長することが可能です。

以下では、打たれ強い人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.打たれ強い人の特徴1:ポジティブ

打たれ強い人は前向きで、自分に自信を持っています。壁に当たっても「何とかなるだろう」と考え、立ち向かうために行動できるので、周りにもよい影響を多く与えています。

気持ちの切り替えも上手で、嫌なことがあっても、すぐにポジティブな気分に変換できます。

1-2.打たれ強い人の特徴2:流されない

打たれ強いは周囲や世間の意見に流されず、自分の意見をしっかり持つことが可能です。さらに、意見を主張することもできるので、自分の望みを叶えられたり、ストレスが少ない環境を作れたりします。

1-3.打たれ強い人の特徴3:チャレンジ精神旺盛

打たれ強い人は、失敗しそうなことでも積極的に挑戦します。新しいことにたくさんチャレンジするので、経験も豊富です。

たとえ失敗しても次につなげることができるので、ほかの人から損壊されることも多いでしょう。

1-4.打たれ強い人の特徴4:諦めない

一度決めた目標は達成するまで決して諦めないところも、打たれ強い人の特徴です。最後まで責任を持ってやり遂げることができるので、ビジネスで大事なプロジェクトを任されることも珍しくありません。

1-5.打たれ強い人の特徴5:決断力がある

打たれ強い人は、今まで培ってきた自信や経験があるので、すぐに決断できる力を持っています、大きなできごとも迷わず決断できるので、周囲の人から頼りにされることも多いでしょう。

2.打たれ強い人に向いてる仕事

打たれ強い人の特徴や性格には、働く上でメリットや強みとなるものが複数あります。打たれ強い人の特性を生かし、適職・天職を選びましょう。

以下では、打たれ強い人におすすめの職業を解説します。

2-1.打たれ強い人の適職1:営業

営業とは、会社の利益を上げながら、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行う職業です。打たれ強い人が営業に向いている理由は、以下の通りです。

チャレンジ精神旺盛だから

打たれ強い人は好奇心旺盛で、新しい環境にも臨機応変に対応できる力を持っています。好奇心に満ちあふれている人は問題解決能力も高い傾向にあるため、営業にとって欠かせない下記のような課題を分析できます。

営業職の課題例

・効率の良い営業ルート

・今月の目標を達成するために行うべきこと

・顧客により高い満足度を持ってもらう方法

 

チャレンジ精神旺盛な打たれ強い人が課題を分析したり、解決したりするために尽力できると、トップセールスマンとして活躍できる人材になれるでしょう。

諦めないから

営業をしても制約が取れなかったり、営業先で邪険に扱われたりすることもあります。そのため、嫌な態度を取られた際にすぐ諦めてしまう人は、営業職では活躍できないかもしれません。

一方で、打たれ強い人は諦めないので、逆境をチャンスに変える力があります。さらに、忍耐強く行動でき、常に成長し続けるセールスマンになることが期待できます。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.打たれ強い人の適職2:救急救命士

救急救命士とは、傷病者が病院に搬送されるまで救急救命処置を行う職業です。打たれ強い人が救急救命士に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

救急救命士は、24時間勤務であるため不規則な生活になりやすい職業です。途中で食事や仮眠休憩が6~8時間あるとは言え、状況や現場によっては寝る時間を取れないこともあります。さらに、最大限の救急救命処置を行っても傷病者を助けられないこともあります。

打たれ強い人はポジティブであり、不規則な生活であってもモチベーションが下がらず、仮に傷病者の命を助けられなくても失敗を次につなげることができるため、救急救命士として活躍できる適性があります。

諦めないから

救急救命士は、医療機関に搬送するまでに正確な医療処置を施さなければなりません。救急救命士の手によって救える命もあり、最後まで諦めずに仕事を行うことが求められます。

打たれ強い人は、最後まで責任感を持って、諦めずに仕事を行えます。そのため、患者の命を救うために最善を尽くし、患者や家族から感謝をされる救急救命士になれるでしょう。

2-3.打たれ強い人の適職3:システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、システムやソフトウェア開発を行う職業です。プログラマーが中心になって行う下流工程とは違い、システムエンジニアでは上流工程を担っています。システム・ソフトウェア開発における上流工程・下流工程とは、下記のような作業を言います。


■上流工程(システムエンジニアが中心になって行う)

・企画

・顧客へのヒアリング

・設計書・仕様書作成

 

■下流工程(プログラミングが中心になって行う)

・プログラミング

・テスト

 

打たれ強い人がシステムエンジニアに向いている理由は、以下の通りです。

チャレンジ精神旺盛だから

システムエンジニアは日々進化し続けるIT社会に対応するためにも、常に技術や知識を磨くことが大切です。そのため、休日や仕事終わりにも進んで勉強を行える人は優秀なシステムエンジニアになれるでしょう。

打たれ強い人はチャレンジ精神や好奇心が旺盛で、常に新しいことに挑戦したいと考えています。システムエンジニアは、成長し続けるIT社会を支える職業であり、さまざまなことに挑戦できるので、打たれ強い人にもぴったりです。

諦めないから

システムエンジニアとして業務に携わっていると「システムが予定通りに動かない」「原因不明のエラーが出る」「実装方法がどこにも掲載されていない」といった予想外の事態がよく起こります。しかし、想定外のことが起こっても、納期は着々と迫ってきます。

打たれ強い人は諦めずに仕事ができるので、想定していない事態が起こっても最後まで諦めずにシステムを作ることができ、顧客やチーム内の同僚・上司に感謝されるシステムエンジニアになれるでしょう。

MIIDAS

2-4.打たれ強い人の適職4:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。打たれ強い人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

商品開発職では、自分がよいと思ったアイデアをダメ出しされる場合も多くあります。そのため、ダメ出しをされる度に落ち込み、アイデアを出すことが怖くなってしまう人にとっては、商品開発職は辛いと思うかもしれません。

一方、打たれ強い人はポジティブで気持ちの切り替えが早く、ダメ出しをされてもめげずにアイデアを出し続けられるので、よりよい商品を生み出しやすいでしょう。

決断力があるから

優れた商品を多く開発するには、スピーディに決断する力も必要です。意思を突き通すだけではなく、何度も実用化に失敗してしまう商品を潔く諦めることも、ときには必要なのです。

打たれ強い人は決断力があり、正しく優れた判断ができるので、生み出した商品を世に出すために尽力することが可能です。

2-5.打たれ強い人の適職5:裁判官

裁判官とは、中立性を保ちながら、被害者と加害者の両者の主張を聞き、正しい判決をする職業です。打たれ強い人が裁判官に向いている理由は、以下の通りです。

流されないから

裁判の当事者が感情を込めて発言することはあっても、判断を行う裁判官が感情に流されることで、間違った判決を下す可能性があります。そのため、裁判官には、世の中の意見や自分・裁判当事者の感情に流されず、公正な意見をしっかりと持って的確な判断を行うことが求められています。

打たれ強い人は人々の意見に流されることがなく、中立な立場を維持できるため、裁判官になると的確な判断を行うことが可能です。

決断力があるから

裁判官は、中立な立場で決断をしなければなりません。また、物事の本質を理解した上で正しい判決を下すことが求められます。

打たれ強い人は、今までの経験から正しく、そして素早く決断する力を養っています。そのため、裁判官になれば、両当事者にとって最善な判決が下せるでしょう。

2-6.打たれ強い人の適職6:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。打たれ強い人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

打たれ強い人はポジティブなので、成果が出なくても、積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

流されないから

研究職では、事実と結果を重視する人が求められます。世間の意見や一般常識に流されずに研究を続けると、研究が成功につながりやすくなるでしょう。

打たれ強い人は流されません。そのため、ほかの人の意見や感情に惑わされることなく、計画や問題点を自分自身で考えながら確実な研究ができる人材になれるでしょう。

パソナキャリア

3.打たれ強い人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

打たれ強い人は性格面で優秀なので、どの職業を選んでも活躍することが可能です。そのため、「会社に貢献できるか」ではなく、「やりがいを感じるか」といった視点で仕事を選びましょう。やりがいを感じられる職業や会社の特徴は、下記の通りです。

やりがいを感じられる仕事や会社の特徴

■周囲から評価される機会が多い

・社会に貢献できる

・感謝されることが多い

・頑張りが給料やボーナスに反映される

 

■将来性がある

・職業の将来性がある

・自分も成長できる

 

打たれ強い人がストレスなく楽しんで仕事を行うためにも、やりがいを重視した職業・会社選びを行いましょう。

4.まとめ

打たれ強い人には「営業」「救急救命士」「システムエンジニア」「商品開発」「裁判官」「研究職」といった職業が向いています。打たれ強い人がストレスなく働くためにも、やりがいを重視して仕事や会社を選びましょう。

自分に合った仕事・会社を探している人は、、【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア