あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

無愛想な人におすすめの仕事とは?単独でできる職業が最適!

素っ気ない態度を取ってしまったり、コミュニケーションが苦手だったりして、「自分は無愛想なのかもしれない」と思った経験のある人は珍しくありません。無愛想な人の特徴や性格にはデメリットしかないと思われがちですが、実は、メリットとなる特徴や性格も複数あります。

そこでこの記事では、無愛想な人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、無愛想な人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

 

1.無愛想な人の特徴とは|性格や心理も

無愛想とは、愛想がなく、冷たい態度や素っ気ない言動を取ってしまうことを意味します。感情を表に出さないため相手に誤解されてしまう可能性があるものの、冷静な印象があり頼りにされるケースも少なくありません。

以下では、不愛想な人の特徴や性格、心理を解説します。

1-1.無愛想な人の特徴1:コミュニケーションが苦手

無愛想な人は話すネタや反応の仕方が分からないと考えており、会話に苦手意識があります。また、コミュニケ-ションを行う際に緊張してしまって素っ気ない言動を取ってしまい、無愛想な人だと思われることも多いでしょう。

1-2.無愛想な人の特徴2:単独行動を好む

無愛想な人は、ほかの人から干渉されずに自由気ままに行動したいと考えていることも珍しくありません。また、ほかの人とコミュニケーションを取る際にはどうしても緊張してしまうので、1人で行動したほうがよいとも思っています。

1-3.無愛想な人の特徴3:目を合わせられない

相手と目を合わせられず、きょろきょろと視線が泳いだりよそよそしい雰囲気を出してしまったりする点も無愛想な人の特徴です。「人とかかわりたくない・話したくない」「ほかの人から嫌われたくない」という思いから、目をそらしてしまいます。

1-4.無愛想な人の特徴4:積極性がなく常に受け身

無愛想な人は、積極的にコミュニケ-ションを取ったり、新しいことにチャレンジしたりすることが苦手です。今日着ていく服や夜ご飯のメニューなど、些細なことでも相手に任せる場合もあります。

2.無愛想な人に向いてる仕事

無愛想な人の特徴や性格には、適職・転職選びの参考になるものが複数あります。背伸びをせずに気軽に働ける仕事を探し、ストレスの少ない働き方をしましょう。

以下では、無愛想な人におすすめの職業を解説します。

2-1.無愛想な人の適職1:カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、お客さんからの問い合わせに対応してサポートを行う職業です。コールセンターは、カスタマーサポートのように既存顧客の対応も、新規顧客の開拓も行いますが、カスタマーサポートは既存顧客の対応のみを行います。

無愛想な人がカスタマーサポートに向いている理由は、以下の通りです。

目を合わせられない人も働きやすいから

カスタマーサポートがお客さんの対応をする際には、下記のような手段で行います。

カスタマーサポートのチャネルの例 

・電話

・メール

・チャット

・Webサイトのコミュニティ

 

実際に人と向き合わなくても仕事ができることがほとんどなので、無愛想な人もストレスなく働ける職業です。

ただし、対面でカスタマーサポート業務を行う会社も一部ではありますが存在します。対面仕事を行う場合でも、マニュアル通りに返答すればよいので、人見知りの無愛想な人も働きやすいでしょう。

積極性がなく常に受け身の人も働きやすいから

カスタマーサポートは丁寧なマニュアルが用意されています。また、マニュアル厳守で仕事を行うことが求められるので、積極性がなくても働きやすい職業です。

無愛想な人は受け身になりがちです。カスタマーサポートはマニュアルがあり、受け身のままで仕事を行えるので、無愛想な人もストレスなく働けるでしょう。

2-2.無愛想な人の適職2:工場のライン作業員

工場のライン作業員とは、製品を大量生産するために、ベルトコンベアで流れる製品を扱う職業です。無愛想な人が工場のライン作業員に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

工場のライン作業は、黙々と作業を進めることが求められます。作業中にほかの人と話すこともないので、コミュニケーションが苦手な人にとっては適職でしょう。

無愛想な人はコミュニケーションや会話を好まないものの、1人でコツコツと真面目に仕事ができるので、質の高い製品を着実に作れるライン作業員として尊敬されます。

積極性がなく常に受け身の人も働きやすいから

ライン作業はマニュアルが徹底されており、作業工程を覚えさえすれば1人で黙々と作業を行えます。また、工場のライン作業員には受け身な人も多いので、無愛想な人のように積極性がない人もすぐに溶け込めます。

工場求人ナビ

2-3.無愛想な人の適職3:Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く職業です。無愛想な人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好む人も働きやすいから

Webライターは、フリーランスとして1人で働くこともできます。また、フリーランスWebライターになると、受注する記事数や収入、休憩時間や休日なども自分で好きに決めることが可能です。

無愛想な人は、1人で仕事や行動をしたいと考えていることも多いので、マイペースに働けるWebライターとの相性がよいでしょう。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

Webライターはどこでも手軽に行える仕事のため、在宅勤務が可能な会社があります。さらに、副業やフリーランスといった働き方では、一切外に出ず、すべて自宅で仕事を完結させられることもできます。

無愛想な人はコミュニケーションが苦手なので、仕事上の付き合いもできれば避けたいと考えているでしょう。Webライターは働き方によっては最低限のコミュニケーションで仕事を行えるので、無愛想な人も働きやすい職業です。

【ライティング案件多数】おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-4.無愛想な人の適職4:トラック運転手

トラック運転手(トラックドライバー)とは、運送会社に勤務して、人々の生活や企業の運営に必要な物資を届ける職業です。無愛想な人がトラック運転手に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

勤務時間中に人とかかわる時間が圧倒的に少ない職業の1つがトラック運転手です。人付き合いが苦手な人や人嫌いの場合でも働きやすく、ほかの人と密接にかかわることなく仕事を行えます。

無愛想な人はコミュニケ-ションが苦手であり、人とのかかわりを持つことを好まないケースも珍しくありません。そのため、ストレスの少ない職場環境であるトラック運転手がおすすめです。

単独行動を好む人も働きやすいから

トラック運転手は、仕事だけではなく、休憩や飲食を自分のペースで楽しむことも可能です。長距離トラック運転手であれば、行く先々の料理やお土産を見る時間がある場合も多く、空いた時間を有効に使えます。

無愛想な人は単独行動を好みます。トラック運転手は勤務中も休憩中も1人でマイペースに過ごせるため、無愛想な人にとってストレスを感じにくい職業です。

2-5.無愛想な人の適職5:施設警備員

施設警備員とは、ビルや商業施設などで、事故・事件を防ぐために警備を行う職業です。無愛想な人が施設警備員に向いている理由は、以下の通りです。

コミュニケーションが苦手な人も働きやすいから

施設警備員は、ほかの人と会話をすることなく業務を行えます。そのため、大勢より1人で行動することを好む無愛想な人にもおすすめの職業です。

単独行動を好む人も働きやすいから

施設警備員は、1人で仕事を行うケースも珍しくありません。 自分のペースに合わせて仕事を行ったり、過剰な指図をされずに働けたりするため、1人で仕事を行いたい人にとって適職です。

1人行動を好む無愛想な人は、施設警備員のように単独でできる仕事を選ぶとストレスを溜めずに続けられます。

MIIDAS

2-6.無愛想な人の適職6:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。無愛想な人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

単独行動を好む人も働きやすいから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあれば独立してマイペースに仕事を行える職業でもあり、単独行動が好きなことも多い無愛想な人に向いている職業です。

積極性がなく常に受け身な人も働きやすいから

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書や仕様書をもとにプログラミングを行います。お客さんのニーズや要望などを考えることなく、システムやアプリケーションを依頼通りに作成するだけでよいので、受け身な人も行いやすい仕事です。

無愛想な人は受け身なので、積極的に行動をすることはあまりないでしょう。プログラマーは受け身でもプログラミングスキルさえあれば仕事を行えるので、無愛想な人におすすめの職業です。

3.無愛想な人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

無愛想な人はコミュニケ-ションが苦手なので、ほかの人のペースに合わせることが疲れると感じるケースも多いでしょう。そのため、マイペースにできる仕事、つまり、下記のように自由度の高い仕事・会社を選ぶことがおすすめです。

そのため、下記のように、自由度の高い仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

自由な仕事や会社の特徴

働く場所が自由 会社だけにとどまらず、家や外でも働ける仕事や会社です。
会社に属さずフリーランスになったり、独立したりすることができる職業もおすすめです。
働く時間が自由 裁量労働制やフレックスタイム制を取っており、働く時間帯を選べます。
また、自営業や自由業でも働く時間を自由に決められるでしょう。
休憩を自由に取れる仕事や会社も向いています。
裁量権が大きい 上司からの指示を受けず、自分の意思で行動して自由に働けます。
ルールに縛られないので、マイペースに働くことが可能です。

4.まとめ

無愛想な人には「カスタマーサポート」「ライン作業員」「Webライター」「トラック運転手」「施設警備員」「プログラマー」といった職業が向いています。また、ストレスのない環境で働くためにも、自由度の高い仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア