あおいろ転職

性格×職業で自分に向いている仕事を見つけよう!

気まぐれな人にも向いてる仕事はある!性格に合わせた適職を紹介

コロコロ気分が変わり、自分の思うように行動するので、「自分は気まぐれな性格をしている」と思ったことはありますか?実は、気まぐれな人には仕事をする上でメリットとなる特徴や性格が複数あります。

そこでこの記事では、気まぐれな人の特徴や性格、心理をもとに、向いている仕事を解説します。仕事や会社選びで重視するべき点も紹介するので、気まぐれな人の特徴や性格に当てはまった人は、ぜひ参考にしてください。

パソナキャリア

 

1.気まぐれな人の特徴とは|性格や心理も

そもそも「気まぐれ」とは、気が変わりやすく、そのときの気分や思いつきで好きなように行動することを意味します。気まぐれな人はどのような行動をするのか予測がつかないので、「一緒にいて飽きない」「刺激があって面白い」と思われることも珍しくありません。

以下では、気まぐれな人によく見受けられる特徴や性格、心理を解説します。

1-1.気まぐれな人の特徴1:マイペース

気まぐれな人は自分の気持ちや感情に素直です。また、周囲の目を気にしないので、自分のペースで好きに行動します。協調性がないと思われることもありますが、興味を持ったことは最後までやり遂げる長所もあります。

1-2.気まぐれな人の特徴2:単独行動が好き

ほかの人といると自分の行動に干渉されたり、行動を制限されたりするので、気まぐれな人は単独行動のほうが好きです。大勢でワイワイ過ごすよりも、自分の気持ちに従って好きなように行動するほうが楽しいとも思っています。

1-3.気まぐれな人の特徴3:ポジティブで前向き

些細なことを気にせず、常にプラス思考なところも気まぐれな人の特徴です。あまり深く考えないので、ミスや失敗をしてもいつまでもクヨクヨすることもありません。

1-4.気まぐれな人の特徴4:行動力がある

気まぐれな人は、思い立ったらすぐ行動したいと考えているので、何事にも臆さず行動することが可能です。また、好奇心旺盛な一面もあるので、知識や経験も豊富です。

1-5.気まぐれな人の特徴5:流されない

気まぐれな人は、ほかの人の意見や感情に流されません。自分の意見をハッキリと主張することもできるので、ストレスを溜めることも少ないでしょう。

2.気まぐれな人に向いてる仕事

気まぐれな人には、働く上で強みとなる特徴や性格が複数あります。自分に合った職業の情報を見て、適職や天職選びの参考にしてください。

以下では、気まぐれな人におすすめの職業を解説します。

2-1.気まぐれな人の適職1:営業

営業とは、顧客のニーズに応えるためにさまざまな提案を行い、会社の利益を上げる職業です。気まぐれな人が営業職に向いている理由は、以下の通りです。

単独行動が好きな人も働きやすいから

営業職は、自分のペース配分で仕事ができます。また、予定や営業方法も自らが決めることができる場合もあります。さらに、外回りを行う営業職は完全に1人になることも多く、同僚や上司に干渉されず働けます。

1人で行動することを好む気まぐれな人は、単独でも仕事ができる営業職を選ぶとストレスが少ないでしょう。

ポジティブで前向きだから

営業をしても制約が取れなかったり、営業先で邪険に扱われたりすることもあります。そのため、嫌な態度をとられた際に必要以上に気にしてしまう人は、営業職は辛いと思うかもしれません。

気まぐれな人はポジティブ思考で気持ちの切り替えも早く、失敗したとしてもいつまでも悩みません。「失敗は成功のもと」という言葉があるように逆境をチャンスに変え、トップセールスマンになることも期待できます。

厳選比較!営業職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

2-2.気まぐれな人の適職2:研究職

研究職とは、新しい製品やサービスに活かすために、未知の原理や技術を発見する職業です。気まぐれな人が研究職に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブで前向きだから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずにネガティブになってしまう人もいます。さらに、ネガティブな感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

気まぐれな人はポジティブなので、成果が出なくても積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

流されないから

研究職は、研究の成果が出たり成功したりするまで、多大な時間を要します。研究者の中には、成果が出る兆しが見えずに焦ってしまう人もいます。さらに、焦りの感情が邪魔になり研究が失敗してしまうケースもないとは言えません。

気まぐれな人は気持ちに余裕があるので、成果が出なくても積極的に研究を続けられます。その結果として努力が実を結ぶ日が近くなり、社会に貢献できる研究者となれるでしょう。

2-3.気まぐれな人の適職3:商品開発

商品開発とは、企画で生み出したイメージやアイデアを実用化して世に出せるように、商品として形にする職業です。気まぐれな人が商品開発に向いている理由は、以下の通りです。

ポジティブで前向きだから

商品開発職では、自分がよいと思ったアイデアをダメ出しされる場合も多くあります。そのため、ダメ出しをされる度に落ち込み、アイデアを出すことが怖くなってしまう人にとっては、商品開発職は辛いと思うかもしれません。

一方、気まぐれな人はポジティブで気持ちの切り替えが早く、ダメ出しをされてもめげずにアイデアを出し続けられるので、よりよい商品を生み出しやすいでしょう。

行動力があるから

商品開発を行うためには、実用化に失敗した商品を分析することが欠かせません。また、イメージやアイデアを実現させるために上司や同僚、ほかの部署や顧客などに情報を聞かなければならず、行動力が求められます。

気まぐれな人は積極的に行動し、努力することができるので、生み出した商品を世に出すために尽力できます。

MIIDAS

2-4.気まぐれな人の適職4:プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を活用して、システムやアプリケーションを作る職業です。気まぐれな人がプログラマーに向いている理由は、以下の通りです。

マイペースな性格の人も働きやすいから

プログラマーは、PCに向かって1人でコツコツとプログラミング作業を行うため、自分のペースで作業を行えます。プログラミングのスキルさえあれば独立してマイペースに仕事を行える職業でもあり、自分のペースで行動したいと考えている気まぐれな人に向いている仕事です。

行動力があるから

IT業界は日々進歩しています。成長し続けるIT業界の中でプログラマーとして仕事を行うには、熱心に勉強し、深く追求することが大切です。

気まぐれな人は、興味を持ったことに対しては積極的に行動し、スキルや知識を身につけます。そのため、気まぐれな人がIT知識に興味を持つことで、IT業界の最先端で活躍できるプログラマーになることも可能です。

2-5.気まぐれな人の適職5:Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く職業です。気まぐれな人がWebライターに向いている理由は、以下の通りです。

マイペースな性格の人も働きやすいから

Webライターは、フリーランスとして1人で働くこともできます。フリーランスWebライターになると、受注する記事数や収入、休憩時間や休日なども自分で好きに決めることが可能です。

気まぐれな人は自分のペースを保ちたいと考えていることも多いので、マイペースに働けるWebライターとの相性がよいでしょう。

行動力があるから

企業に属したり、フリーランスとして仕事を受注したりするWebライターは、旅行やグルメなど、特定のジャンルの文章を書くことも多い傾向です。しかし、全く知識のない出来事について記事を作成するケースもあります。知見のないジャンルでも臆さずにリサーチや取材を行うためには、気まぐれな人にが持っているような高い行動力が必須です。

気まぐれな人は、分からないジャンルでも、興味を持てば積極的にリサーチできるので、Webライターに向いています。

おすすめのクラウドソーシングサイト 

「ランサーズ」

案件数が業界最多で初心者でも仕事を受注しやすい

 クラウドソーシング「ランサーズ」 

 

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

利用手数料が業界最安値で報酬を上げやすい

クラウディア(クライアント募集)

 

2-6.気まぐれな人の適職6:芸術家

芸術家とは創造活動をする職業で、ジャンルは下記の通り多岐にわたります。

芸術家の活動内容例

ジャンル
美術系 絵画・彫刻
音楽系 作詞作曲・演奏・歌唱
身体表現系 舞踏・演劇
工芸系 陶芸

気まぐれな人が芸術家に向いている理由は、以下の通りです。

単独行動が好きな人も働きやすいから

芸術家は、1人で創作活動を行うため、ほかの人とコミュニケーションを取らずに仕事ができる場合も珍しくありません。そのため、大勢でいるよりも1人でいるほうが好きな気まぐれな人は、芸術家になるとストレスを溜めずに働けます。

流されないから

ほかの人の意見や感情に流されず、自由で常識にとらわれない独自の世界観を持っていれば、ほかの芸術家と差別化ができるでしょう。

気まぐれな人は流されないため、クリエイティブな活動にも向いています。そのため、未経験でも、挑戦してみれば世間に強い影響を与えられるような芸術家に慣れるかもしれません。

パソナキャリア

3.気まぐれな人が仕事・会社選びで重視するべきポイント

気まぐれな人は自分の気持ちに合わせて行動するので、協調性がないと思われる場合もあります。また、ほかの人のペースに合わせるのは疲れることも多いでしょう。そのため、下記のように、自由度の高い仕事や会社を選ぶことがおすすめです。

自由な仕事や会社の特徴

働く場所が自由 会社だけにとどまらず、家や外でも働ける仕事や会社です。
会社に属さずフリーランスになったり、独立したりすることができる職業もおすすめです。
働く時間が自由 裁量労働制やフレックスタイム制を取っており、働く時間帯を選べます。
また、自営業や自由業でも働く時間を自由に決められるでしょう。
休憩を自由に取れる仕事や会社も向いています。
裁量権が大きい 上司からの指示を受けず、自分の意思で行動して自由に働けます。
ルールに縛られないので、マイペースに働くことが可能です。

4.まとめ

気まぐれな人には「営業」「研究職」「商品開発」「プログラマー」「Webライター」「芸術家」といった職業が向いています。また、自由度の高い仕事や会社を選ぶと、ストレスを溜めずに働けるでしょう。

「フリーターやニートは就職に不利」と諦めていませんか?そんな方には、サポートが徹底している【ウズキャリ既卒】 の利用がおすすめです。

【ウズキャリ既卒】 では、ブラック企業を排除しながら、既卒やフリーター、ニートなどの29歳までの人に対して就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

パソナキャリア